한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

韓国

光州新しい命愛の家族歩き大会

  • |
  • 日付 | 2003年.5月.25日
30余個の後援社、各政キ財界人士参加の成功的なる行事

‘光の村光州’で光のように明るく温かい愛の温情が立ち上った。心臓病の子たちと欠損家庭の子たちの愛の歩き大会行事が正にそれ。去る5月 25日(日)、神様の教会世界福音宣教協会(以下神様の教会)は‘光州新しい命愛の家族歩き大会’を開催して心臓病並び欠損家庭の子供8人に愛の誠金を伝達した。

ⓒ 2003 WATV
光州市北欧中外公園で開催した今度の行事は光州広域市と各種言論社を始め総30余の後援社が協力して、政ㆍ財界人士と神様の教会聖なる者8,000余の熱い呼応に盛況裏に行われました。

新千年民主党国会議員、議員と光州北欧区庁長を始め(株)宝海社長、韓国タバコ人蔘公社(KTNG)社長、市立美術館館長等現役国会議員と政ㆍ財界人士が大挙参加した今度の行事は我らの社会の代表的な福祉行事として劣らないほど各界各層の積極的な参与と高い関心の中に行われたという評であります。


‘8千人の人波は光州でも異例的なこと’にて、来賓も驚きを表した

ⓒ 2003 WATV
午後1時30分、全南警察庁の鼓笛隊が力強いファンファ-レで歩き大会行事の始めを知らせて来賓を先頭にした参加者8,000人余りは‘新しい命助ける’文句が書かれた空色のユニホ-ムを着て中外公園一帯2.5kmを行進した。各区間ごとに準備された特色あるイベントは参加者たちの興を高め家族 単位の愛をもっと敦篤にならしめて、この一帯を覆う8,000余りの空色行列にてこの日中外公園は5月の緑の森と調和して壮観を成したのであります。

主な来賓も異例的に歩き大会コ-スを皆完走する熱意を見せて拍手喝采を受けたのでした、新千年民主党議員は“実は参加する前はこれ程立派な行事だとは思わなかった”と言いながら“他の(国会)議員も一緒に参加するように来年も行事を必ず開催して下さい”と頼んで、一緒に参加した議員も“光州最大行事だったビエンナ-レの時もやっと1,000人が集まったのに。今日8,000人も参加したのは光州で類のにないことだ”と驚きを表した。一方全議員は“このように大勢の人波が公園の中にだけ泊まっているということは惜しいです?みんなの人たちが今日の行事の趣旨に参加する意味で町の市街行進するのがどうか”と即席提案をしたのでした。


8人の心臓病キ欠損家庭の子に誠金伝達並び各種の文化公演

ⓒ 2003 WATV
1部歩き行事と一緒に今日の行事のハイライトは直ちに受賞者たちを始め全参加者たちが愛の種が入っている4,000個の青い風船を空高く放す瞬間だった。青空に描きながら遠く飛んで行く青い風船を見て一声に歎声を上げたのでした。参加者たちはこれと一緒に5,000輪の愛の花をお互い様分け合いながら光州で始まった愛の光が 全人類に広く広がって行くように一緒に祈祷しました。

続いて2部の行事では誠金伝達式がありました。受賞者に直接愛の誠金を伝達したお母様は一緒に参席した参加者たちに“家庭と隣、社会に喜びと希望を伝える愛の伝令士になりますように”頼んで受賞者を激励しました。以後 ポップソングと歌曲、国楽 等様々な文化公演を準備した3部行事につながってこの日のすべての行事が幕を下ろした。

息子セユン(心臓病、5歳)と一緒に直接歩き大会行事に参加した受賞者様は“私がこのような愛を受ける資格があるか知れない”と言葉を引き継ぐことができないのに “今日は全く他の世を経験しました。私も神様の教会の家族になりたいんです”と言いながら目頭が熱くなりました。

行事を企劃ㆍ進行した神様の教会光州全南総聯合会代表牧師は“今朝までも雨が降る確率100%という気象予報のために関係者から行事が取り消しされたことではないかと問い合わせの電話が続け様にかかって来ましたが神様が助けて下さった”と言いながら大雨でも放棄してはならないことは正に新しい命生かしではないか"と反問しながら今度の行事の趣旨を強調しました。


“3%の塩が海水を浄化させ”各言論社ごとに詳しく報道

ⓒ 2003 WATV
一方、今度の行事を後援した光州MBCと光州KBS、光州日報を始め各種言論たちは早朝から行事場に出て熱い取材争いをした。30余リの日刊紙上でこの日の行事を1面トップ記事に紹介する一方、地域放送である光州KBCは翌日‘南の都の朝’という朝の放送プログラムで我らの社会の暖かい事例に詳しく報道した。後援社である(株)宝海も参加者に飲料水6,000カンを寄贈して行事場周邊で無料試飲会を実施する等後援社が今度の行事に見せる関心はよほど積極的であった。

‘苦しむ子供に希望と愛を伝えよう’というスロ-ガンの下に推進された光州新しい命の歩き大会。貧しい隣を助けて、家庭の睦まじきを敦篤ならしめる今度の行事の趣旨が最初の予想人員より二つの培以上超過した 8,000人という巨大な人波を凝集ならしめた。

行事に参席した神様の教会総会長金湊鉄牧師は光州KBCとのインタビュ-を通じて“広い海が数億の年間流れていながらも腐らないのはその海を浄化させる3%の塩のため”であると強調しながら“3%の塩が97%の海水を生かすようにきょうの行事の参加者たちが人類と隣に塩のような存在”であると言とった。彼らの希望のように‘光の村’光州で始まった神様の教会聖なる者たちの細々やかな愛の行進が全世界を照らす愛の大いなる輝きに広がって行くのを期待して見よう。
教会紹介映像
CLOSE