한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

韓国

“第4会メルキゼデク文学賞施賞式”

  • |
  • 日付 | 2003年.7月.27日
神様の愛を感動にて伝える、文書宣教分野文才排出の揺籃‘第4会メルキゼデク文学賞施賞式’が去る7月27日日曜日午前11時、新しいエルサレム神殿の聖歌隊室で開催された。この日の行事は去る4月21日から5月20日まで一個月間随筆と小説等の散文ジャンルで作品を公募して選定された優秀作の一般部3篇、青年部4篇、学生部2篇に対する施賞式であった。

ⓒ 2003 WATV
1部記念礼拜で御母様は参加者のために“聖なる者の信仰を堅固ならしめて、天の御国に望みを抱くようにする役割を全く遂行するように与った御恵みと感動を表現できる能力と知恵を許し賜わること”を祈りにて祈って下さった。また“書を書く目的をひたすら靈の救いにおいて多くの靈を神様の御懐に導く作品書くこと”と“命を軽視する習わしが蔓延した世に美しい天の御国が存在するのを悟らせて世の灯の役割をする神様の子らになること”を頼まれました。

2部施賞式では受賞者たちに賞狀と副賞並び花束が授与された。受賞者は“神様が賜われた御力を失した兄弟姉妹を探して、靈の救いに使用し、神様の愛を世の万の国に証して神様に栄光を帰す正の文人に新たに生まれるために一重に尽くす”という覚悟を堅くした。

作品を審査した審査委員は“特に青年の作品中新鮮な構成とアイテムが見せしめる等年が重なるにつれ秀でた文才が登場している”と言いながら“神様に仕える者に使われる道具になるために欠けることのない実力なので将来が期待されます”言いながらこれからは文書宣教分野活動に対する期待を見せしめた。

キリストの愛と犠牲そして感動と悟りを文書にて表現する文書宣教の揺籃として早や今年は4年の歳月を迎える‘メルキゼデク文学賞’は、全世界の聖なる者の信仰をまっすぐに立せて神様に対する愛と恵みを悟らせる宣教媒介体に毎年1回施行される。
教会紹介映像
CLOSE