한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

韓国

“2003年 角笛祭の大聖会”

  • | 경기동부
  • 日付 | 2003年.9月.27日
高くて澄み切った青空が秋を知らせる時、神様が祝福賜わる秋の節句になりました。聖暦7月1日角笛祭の9月 27日、祭りにて契約を結んだシオンの家族は神様のもとに出で一心に聖なる礼拜をささげ、祭りの意義を記念した。

ⓒ 2003 WATV
角笛祭は約3500年前イスラエルの民が出エジプトして荒れ野の生活を始める頃の業から由来された。モ-セが神様に十戒を頂きにシナイ山に登っている間民は金の雄牛の偶像崇拜に陥って、40日目に十戒を頂いて降りて来たモ-セは多いに怒って十戒を刻み付けた石の板を民に投げつけ、砕いた。この事にて内乱が起こって三千人の者が殺された。

その後民は飾り物を取り除いて偶像崇拝した罪悪を悔い改めた故神様は再び憐れみを施し賜われモ-セが再び十戒を頂きにシナイ山に登るようになった。モ-セが二度目十戒を頂いて降りて来た日が聖暦7月10日でこの日が大贖罪日である。

大贖罪日を準備するために十日前に角笛を吹き鳴らして記念したのである。この日が7月1日で角笛祭である。新しい契約の祭りを守るシオンの聖なる者に角笛祭から大贖罪日までの十日間の祈りの週間は去る一年間神様の御前に犯した罪と不義を告白して悔い改めて天の神殿の材料である聖なる者自身を清め、仮
庵祭の聖霊降臨を待ちわびる意味がある。

角笛祭の午前と午後の礼拜を通じて御母様は天で罪を犯しこの地で罪を加えて暗黒をさ迷う子等のために茨の衣を着てこの地に来られてすべての苦難を堪えられて祭りを立てられることによって罪が赦された御父様の神様に深く感謝を献げました。そして祭りを通じて完全に罪の赦しを得て今は霊的鎌を振り廻して多くの麦を取り入れる勇気ある大胆な子等になるよう祈り求められて、愛にて一つになるシオンの家族になりますようる祈られました。

総会長金湊哲牧師はルカによる福音書15章の蕩子のたとえをあげて“心から悔い改めて父親の家に奴隷の一人として帰る心にて故郷の家に帰った蕩子のように、自ら罪人なるを認めて悔い改める悟りがあってこそ永えなる天国が我等の心に憩う”ことを強調した。また罪人になった子等が故郷に帰るようにすべての罪を代わりに担いなされて苦しまれた天の御父様御母様の愛を我等が世に広く宣べ伝えるようと頼みなされた。

ⓒ 2003 WATV
説教を通じてシオンの家族はキリストの犠牲と愛をもう一度心に留め、神様の御恵みに感謝を獻げた。大贖罪日祈りの週間を迎えて家族はイスラエルの民が偶像崇拜した罪を悔い改めて祈りをして十戒を頂いたのように、神様でないその如何なる有キ無形の偶像を崇拜したのではないか各自自身を振り返って切なる痛悔の祈りにて悔い改めにふさわしい実を結ぶよう切に求めました。
教会紹介映像
CLOSE