한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

韓国

「知識よりも愛を、瞬間よりも未来を」この時代が必要とする青年の精神

  • | 韓国
  • 日付 | 2013年.11月.10日
ⓒ 2013 WATV

修学能力試験が終わった高3の学生のための「2013予備青年会」がブンダン新しいエルサレム神殿で開かれた。11月10日(嶺湖南、忠清、江原地域)と17日(ソウル、仁川、京畿地域)の二回に渡って開催されたこの行事には2200人余りの高3の学生が参加し、疲れた心身を充電する時間となった。

御母様は修学能力試験と就職準備で苦労した高3の学生を激励され、「主の権能の日、聖なる服を着て喜んで献身する夜明けの露のような主の青年たち」(詩110:3)が皆さんだ。ダニエル、シャドラク、メシャク、アベド・ネゴ、ダビデなど、世界を驚かせる大きな信仰を持った聖書の人物も青年だ」と、予備青年たちに預言の主人公という自負心を植えて下さった。また「よりよい生活のために学識が必要ですが、最も重要なことは、神様から学んだ知識、他人を配慮して分け合い共に生きる愛」であることを強調され、人生の中で最も良い時期である青年の時に、多くの魂を救う最高の愛を実践して星のように輝く神様の息子、娘になりなさいと祝福された(コヘ12:1、コヘ3:1、イザ60、ダニ12:3)。

総会長金湊哲牧師は「永遠の未来を約束された神様の子として、瞬間の逸楽と目標を眺めるよりも、大きな目標と未来を追求して、世界に模範と手本となる素晴らしい人生を具現しよう」と提案し、この日の集まりを通して高3の学生が新しい世界に対するビジョンを立てることを願った。

続いて特別講演が行われた。イ•ヘギョン教授、クォン・ヒョクジン教授、キム・オクヒョン教授、ペルー・ウアチョのサンチェス・カリオン国立大学カルロス教授が、自分の専攻分野と関連ある主題で、進路選択や大学と社会生活と信仰生活の並行など、多くの問題で悩んでいる学生に有益な内容を簡単に楽しく講義した。

特別講演の後、御母様は「進路問題で最も不安な時ですが、どのような未来が与えられても神様が共にいてくださり導いてくださるので決して絶望してはいけない」と学生たちを再び激励され「全世界の神様の教会の青年たちが愛の心で献身的な奉仕を広げて世界を感動させている。予備青年たちがこれから行くことになる大学、職場、軍隊などで、善い行いで多くの人に感動を与え、青年の覇気と情熱で神様の愛を伝えよう」と力と勇気を与えて下さった。

集会を終えた学生たちの表情は大変明るかった。釜山から来たシン・ソニョン嬢は「修能試験を受けるため疲れていた心がさっと消え、涙が出るほど嬉しい」と喜び、水原から来たキム•サンウ君は「修学能力試験の準備も大変だったし、大学合格の結果を待つため心が錯綜したが、今日慰労を受けて不安だった心が癒されました。これまでは、大学入試という枠組みに閉じ込められた目標を持っていたとしたら、今からは私の目標、私の人生、私の将来について深く考えてみようと思います。私の人生の良い転機になりました"と所感を明らかにした。
教会紹介映像
CLOSE