한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

韓国

昇天日記念礼拝

  • |
  • 日付 | 2004年.5月.20日
季節の女王の5月。濃く色付く緑陰のように天の望みも濃く彩る頃昇天日を迎えたシオンの聖なる者たちはときめく心で教会近くの野外礼拝場に向かった。

ⓒ 2004 WATV
昇天はキリストが最後に見せ賜れたお手本にて、キリスト人の最後の望みであった。昇天日はキリストが復活なさって40日目オリ-ブ山で昇天なされた御業を記念する日にて、おびただしい都市をしばらく忘れて大自然の創造主の、贖い主にます神様をほめたたえるよう天の御子に特別に野外礼拝が許された日でもある。

昇天日である20日、新しいエルサレム神殿をはじめ、城南圏教会家族は城南市ファンセウル公園に集まって一緒に昇天日記念礼拝を献げた。敷物と誠意をこめて準備したお弁当を準備して家族の手を取って礼拝場所に集まった家族の楽しい表情には恵ましい時間と空間を許し賜った神様に感謝の念が溢れていた。

ⓒ 2004 WATV
母様は聖霊の祝福を希って、天の御子の昇天の望みと救いにあずかった喜びを大事におさめてもっと成長した信仰にて神様の御旨を奉って実践することを祈りなさいました。また倫理と道徳が廃れて愛が冷めたこの時代にも神様の御子は光の御子にふさわしく神様の御言葉を実践して世の人に天国の望みと愛を伝えるよう願われました。

総会長金湊哲牧師は午前と午後の礼拝の説教時間を通じて、キリストが昇天なされる時最後の仰せの二つが宣教と祈りなるを強調した。初代教会の使徒たちはキリストが昇天なされながら“ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる”との御言葉を生の指標にしたから行くところところで宣教が続けられた。

このように宣教の復興が大きく立ち上がった背景には祈りを通じて聖霊の力が作用したからです。家族はキリストの最後の仰せをもう度思い起して全世界に福音を宣べ伝えるという信仰の覚悟を新たにした。

ⓒ 2004 WATV
午前の礼拝後家族は一緒に食事として一つの心の体育大会で和合を誓った。一致団結しなくては勝ち得ない競技種目が進行される間、即ちに結成されたチアリ-ダ-の熱っぽい応援に小僧たちからお爺さんお婆さんまで楽しく真似て老若男女が一緒に一団になった。

シオンで兄弟友愛の和合の様をご覧になった母様は大変お喜びなさって、シオンの家族がこの時代の使徒パウロになって各自処した所々で失した天の家族を一生懸命捜しなさいともう一度強調なされた。福音を宣べ伝えるすべての聖なる者たちがこの時代の使徒パウロとして、初代教会より七倍も熱い聖霊の御業に力を得て全世界の万の民に真理の光が伝播されるよう期待する。
教会紹介映像
CLOSE