한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

韓国

多くの者の救いとなった人々は。。。

  • |
  • 日付 | 2004年.6月.07日
ⓒ 2004 WATV
今年の1分期の間国内と海外で進行された福音の結果を締め切って‘多くの靈魂を正しく導いた人’の苦労を称える‘2004年度1分期福音の実りの授賞式’がエロヒム研修院で盛況裏に開催された。これは去る3月から5月まで全国と海外で神様の御旨を奉って愛と犠牲を実践することによって多くの霊魂を命の道に導いた聖なる者たちの功労の称えと激励の意味深い席だった。

1部記念礼拝と2部授賞式のこの行事は6月7日と13日に行われた。神様の御恵みによって雲の帳幕とたまに降り注ぐ小雨に暑さをしのいで7日には婦女部と教会団体授賞式があって、13日長年部、青年部、学生部の授賞式がそれぞれ年令別に行われた。

この席には全国の堂会長と協力者の夫婦様と、地·区域長と並ならぬ苦労と犠牲にて多くの霊魂を神様のお懐に導いた栄光の主役の受賞者が参加した。7日開催された婦女部及び団体の授賞式にはおおよそ7千5百人に達する聖なる者が、13日開かれた長年、青年、学生部授賞式には4千5百人余りの聖なる者が大挙参加して野外舞台はもちろん後の森の中まで足を踏み入れる所もないほど席を埋め全国が煮え返る福音の現住所を実感した。

ⓒ 2004 WATV
受賞者は神様が御自ら賜る賞にあずかる栄光の席に招かれた呼ばわれ賜った御恵みに感謝しながら拍手喝采と歓呼にて受賞者を祝った。‘2分期には必ず実を結んで受賞者として参加する’神の子になること誓った。以前とは違い‘世界に福音に天国に’をはじめ、‘また来ます’、‘Here am I, Send me’、賜わった天命、必ず成し遂げます’など各当会で自体製作して来た各種プラカ-ドに記録されたメッセ- ジは一層福音の熱情をほのめかした。

欝蒼と生い茂った研修院の野外舞台を背景に行われた今度の行事には新らしく結成された30人組みのマ-チングバンド(Marching Band)の祝賀バレ-ドと全世界の国旗が描かれた手旗を持った80人の旗手団がそれぞれ立派な演奏を提供して、受賞者を舞台の中央に導くパフォ-マンス形式に行われて受賞者はもちろん見る人をしてもっと楽しくしてした。受賞者はバレ-ドを広げて“天国で神様が賜る賞にあずかる気分になって興奮した”と言いながら喜びを隠しきれなかった。そして“この賞はそのまま積んで神様を喜ばせる子になります”と新しい覚悟を仄めかした。

ⓒ 2004 WATV
実を象徴する赤、黄、青、緑の風船玉を国内29個所、海外6個所、総35個連合会別に受賞者たちの風船玉の素敵なバレ-ドがあったから本格的授賞式が行われた。各当会規模別に大、中、小に分けて個人部と団体部の順序に受賞した。特に7日に行われた授賞式では仁川シオンをはじめネパ-ル、ペル-教会など各教会単位別に優秀賞を受賞する栄光と喜びを享受した。

授賞式の後受賞者たちは母様の‘出発’信号に合わせて実を象徴する彩の風船を一斉に空に飛ばして地で結んだ実が天の庫にも豊かに積もるよう願った。

1分期間神様の御旨を奉って実を結んだ栄光の受賞者の隊列に上っている或る青年が言うに“いくら考えても私のしたことは何もないのにこんな大きい賞にあずかるようになった”と言いながら. ひとえに神様のお陰なるを感謝した。

ⓒ 2004 WATV
これからも一生懸命つくして次も必ず神様のお誉めの栄光にあずかるようつくすことを誓った。青年優秀団体賞にあずかった或る青年地域長も“お互い様仕えながら謙遜と連合しなされという母様の御旨につれシオンの家族が一つの心になってつくした結果なるを信じて母様に感謝を献げます”と言った。

受賞者たちは次も失われた家族を尋ねて必ずこの席に立つという一様に覚悟を明かにした。羨ましさ半分喜び半分にて受賞者を祝って熱心に拍手喝采を送った聖なる者たちも次は今度のように拍手だけ打っている側でなく拍手喝采をを浴びる栄光の側に立つことを誓った。

母様は実を結んで賞にあずかる秘訣は“何よりも謙遜と柔和と和合”を強調なされて、“低い者に臨まれたキリストの本性に見習って、価値ある天の報いのために地の栄光に未練を置かなかったモ-セとペトロとパウロのような信仰の預言者に見習って神様が賜われる報いに目を向けて福音の道を駆けて行く聖なる者になりなさい'と仰せられました。また“この地の賞は天までつながる永遠なる報い”と仰せられ、次は“拍手を打つ側でなく拍手を浴びる立場になりなさいと祝福なさってお互いに助けて一緒に和合の実を結ぶ子等になるようくれぐれも頼みなさいました。

“見よ、わたしはすぐに来る。わたしは、報いを携えて来て、それぞれの行いに応じて報いる(黙22章12節)。”

ⓒ 2004 WATV
五旬祭をはじめ、春の祭りを通じて精一杯注ぎ賜った聖霊の祝福にて失われた多くの羊を神様のお懐に安全に導いた1分期の宣教に劣らない驚きべき結果をもたらすために頑張る子等になる覚悟で力強い足取りを移す聖なる者たちの顔には六月の日ざし程明るい微笑みが溢れた。

来る2分期には、結んだ実り程豊かな彩の風船を持ってたっぷり笑みを浮かべた受賞者たちのバレ- ド行列が果てなくつながるよう期待する。
教会紹介映像
CLOSE