한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

韓国

2019定期総会

  • | 韓国
  • 日付 | 2019年.4月.01日
。聖暦1月1日(4月5日)を四日後に控えた4月1日から新しいエルサレム板橋神殿では、聖霊が立ち会われる中、2019定期総会が開催された。「人類に希望を、世界福音の完成によって」というスローガンの下、韓国だけでなく、海外の牧会者が大挙参加した今年の定期総会は、見事な福音の結果を残した2018年を決算し、2019年のビジョンを共有する場であった。6泊7日の間、神様の御言葉を学ぶことに専念し、全世界の生き生きとした福音のニュースに触れた預言者たちは、光の速度で世界福音の預言を成就される神様の権能を実感し、預言者の精神と姿勢、教会の信仰的・社会的責務を、もう一度心に刻みなおした。

「実践•連合•謙遜で預言者の使命を果たそう」

天の母は、牧会者と職分•職責者が参加した定期総会授賞式(3月31日)と定期総会開会礼拝•記念礼拝など日程の全般にわたって「子供たちを救われるために命も惜しまれなかった天の父に似て、愛と犠牲で魂の救いに力を尽くし、謙遜と忍耐で家族を正しく導いてくれて感謝します」と言われ、牧会者たちを誉められ、あふれる聖霊の祝福をお祈りしてくださった。

また、「神様が御自分の命まで差し出すという犠牲によって、新しい契約の過越祭をお与えくださったので、その価値を悟り、喜びと感謝で祝福にあずかり、真理に飢え渇いた世界中の魂を捜して生かす預言者の職務に、最善を尽くしてみましょう」と言われ、牧会者が身につけるべき徳目を細かく教えてくださった。まさに連合と実践、謙遜と仕える姿勢だ。天の母は、異なる環境で、それぞれの考え方によって生きてきた聖徒たちが、心を一つにまとめられるように力を尽くし手伝うようにしようと諭される一方で「実践は、体全体を引っ張っていく手引きのようなものだ」と言われた天の父の御言葉を引用され、神様に学んだことを実践することが何よりも重要であると言われた。その過程で、もしも苦難と試みが伴っても、ついには幸福にするために(祝福を受けさせるために)神様が備えられた精錬の時間だと信じて乗り越えようと励まされ「父が模範を示してくださったとおり、謙遜な態度で家族に仕えながら、神様に喜んでいただける福音を成せば、70億人宣教
の使命を果たす日がすぐに到来する」と重ねて激励してくださった(マタ13:44-50、ーテサ
4:16-17、申8:1-6、一ペト1:7-9、ロマ8:16-18、マタ25:1-13)。

ⓒ 2019 WATV
「天の母の御言葉通りに行うことが福音の最高の秘訣」
2018福音結果報告、大陸別福音決算などを通じて、昨年を振り返ってみた牧会者たちに総会長金湊哲牧師は「2018年は『私は母に従う』と言われた父の御心を全世界の牧会者たちと聖徒たちが一つの心で従った一年」と述べ、2019年も、皆が連合し、御母様の教訓を実践してくれるよう頼んだ。

。また「できない条件が数百個あっても神様ができるようにしてくださるという信仰を持って『サマリアと地の果てまで福音を宣べ伝えなさい』という御言葉を実践しようと努力した地域で、豊かな福音の実が結ばれた」と言い、天の父と母がお命じになった「実践」には必ず確固たる信仰が伴うべきだと力説した。また「使徒パウロとペトロが身を置いていた初代教会の継承者として誇りを抱き、自分の考えや頑なさではなく、神様がシオンを建てられた目的と方向に合わせて教会のお世話をし、家族を導いていこう」と預言者の精神を奮い立たせた。

金湊哲牧師がもう一つ重要性を強調し悟らせた部分は「悔い改め」だ。神様の御心を尊
重する牧会と信仰には、真実の悔い改めが先ず実行されなければならず、「悔い改めを表
現する行動」であると同時に、他人まで罪から立ち帰らせる「宣教」に力を注がなければならないことを強調し、「外的環境に左右されない、真の悔い改めと忠実な信仰を基盤に、天の母の御言葉を実践して父に『本当にすばらしく誇らしい』と褒められる2019年にしよう」と力強く語った。

ⓒ 2019 WATV
人類を救いと幸せに導く預言者の責務

教育と決算・計画集会の他にも、Arise&Shine2019国際聖書セミナー、「幸せな家庭」国際カンファレンス、全世界牧会者歓
談会、全世界牧会者フォーラムなど、多彩なイベントを通じて、牧会者たちは人類を救いと幸せに導く真理の価値と預言者の役割について確認した。日程の最終日には、海外の現地人牧会者たちが景福宮など名所を訪れ、韓国文化を体験する時間を持った一方、韓国人牧会者たちはソウル冠岳教会で開催中の「真心、父を読む」展を見学しながら、霊肉共に父の静かな愛に思いをはせ、心構えを再整備した。

全人類を愛されているエロヒム神様の御心を心に刻んだ牧会者と聖徒たち。エロヒム神
様の愛で世界福音を完成し、家庭と社会、さらには全人類に救いの希望と幸せを植え付け
るための彼らの足には、さらに力がこもり、より速度が増している。
ⓒ 2019 WATV












教会紹介映像
CLOSE