한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

「安全で爽快に憩ってください」

  • 環境保護
  • | メキシコ
  • 日付 | 2012年.12月.30日
ⓒ 2012 WATV
新しいエルサレムの日を記念して、メキシコシティ教会の聖徒100人余りは12月30日、クイトラワク公園(Parque Cuitlahuac)で雑草を除去し、ゴミを拾った。

規模が約200haにも及ぶクイトラワク公園は、イスタパラパ区役所が住民のために最近オープンさせたテーマパークである。休日には一日平均千人の市民が訪れる、余暇を楽しむ空間だが、予算不足で管理が適切に行われず、人の背ほどに伸びた雑草が公園を訪ねる市民の眉をひそめさせた。区役所を通して公園管理に問題があることを聞いたメキシコシティ教会の聖徒たちは、一年の最後の休日を返上して、市民に爽やかな憩いの場をプレゼントすることにした。

午前10時、聖徒たちは公園の隅から隅までを縫って、休まずに雑草を除去し、ゴミを拾った。冬だが高原地帯なので、真昼の日差しは強かった。顔が日焼けした聖徒たちは「気持ちよく散歩する市民を思い浮かべると、疲れも感じなかった」と満足げだった。この日回収されたごみは、40リットルの袋、150袋分がいっぱいになった。

公園を散歩していたある市民は「普段、運動やジョギングをしに公園によく来るのだが、高く伸びた雑草のせいで、公園が犯罪多発地域のようだと感じていたところだった。今後、安全に公園を利用することができそうだ」と感謝した。イスタパラパ区公務員ビクトル・ウーゴ・マルティネス氏は「厳しい日差しの下で汗を流して奉仕する聖徒たちの姿に感動した。皆さんは、私たちの区だけでなく、この世界の希望である」と述べた。
教会紹介映像
CLOSE