한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

"霊"と花嫁

世の中には、神様を信じている多くの教会がありますが、それぞれ神様を信じる方法が違うようです。同じく神様を信じていると言いながらも、教派によって神様に仕える方法が違います。これは多くの教会が神様に対してよく知らないという証拠でもあるのです。

使徒言行録を見ると、パウロが宣教旅行の途中ギリシア地域で「知られざる神に」と刻まれてある祭壇を見て、人たちが神を知らずに仕えていることをもどかしがる場面があります。

神様に正しく仕えるには何よりも神様を正しく悟らなければなりません。知られざる神に祭りを献げ、知られざる神に敬拝を献げるのなら、これこそどれだけ滑稽な宗教でしょうか。

私たちが神様の存在を正しく悟って理解し礼拝を献げてこそ、正しい敬拝になり正しい信仰生活になるのです。それでは、知られざる神に礼拝すべきなのか、反対に神様を正しく悟って受け入れて敬拝すべきなのかということを考えながら、"霊"と花嫁に対して聖書の真理を一緖に調べることにします。


秘められた神様を知ることを追い求めよう

聖書は私たちが神様を知ることを追い求めようと教えています。

ホセ6:3 『我々は主を知ろう。主を知ることを追い求めよう…』

神様を知らずして神様を信じていると主張するなら、これこそ使徒パウロが宣教旅行の時に会った、知られざる神に敬拝する人たちと何の変わりもありません。知らずして敬拝する信仰を指して、盲目的な信仰、すなわち盲信と言います。

神様を信じるのなら、神様のことをよく知らなければなりません。「知られざる神に」と刻まれてある祭壇を設けて敬拝する人のように、神様を盲信するような愚かなことをしてはいけません。

聖書66巻は神様が秘められた存在で私たちに現れたと証ししています。二千年前も神様はイエスという名で御自らこの地に来られて福音を宣べ伝えられましたが、人の姿で来られたので世は神様を悟れなかったのです。

コロ1:26─27 『世の初めから代々にわたって隠されていた、秘められた計画が、今や、神の聖なる者たちに明らかにされたのです。この秘められた計画が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です。』

神様は秘密にこの地に来られるので、預言者ホセアを通して、神様を知ることを追い求めなさいと仰せになりました。でなければ、人の姿でこの地に臨まれた神様を冒瀆し、呪い、嘲りながらも御自ら神様を悟っている、信じていると言って、口先だけで神様を賛え敬拝することが生じるようになります。

神様が人の姿でおられようと、霊の状態でおられようと、常に敬拝することのできる信仰を持っている人こそ、正に神様の子と言えるでしょう。人の姿でこの地に来られた神様は、御自分を悟って受け入れ、御心と教えを信じて最後まで従った人たちの全ての罪と咎を赦して下さいました。しかし、大多数の人々は神様を悟れずに、受け入れられず、贖罪の機会を逃したのです。


自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった

初臨のイエス様の当時、イスラエルには数千年間受け継がれて来たユダヤ教という宗教がありました。神様を信じていると言ったユダヤ教の指導者たち、すなわち祭司、ファリサイ派の人々、律法学者たちは神様のことをよく知らずに信じていた人たちでした。彼らは自分たちが信じていたエホバ神様が、この地に来られたにもかかわらず、その方を迫害し、呪い、嘲り、その方の頰を打ったりしました。その理由は神様を知らなかったからです。彼らは知られざる神に盲目的に敬拝して来たのです。

ヨハ1:10─14 『言は世にあった。世は言によって成ったが、世は言を認めなかった。言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。しかし、言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。この人々は、血によってではなく、肉の欲によってではなく、人の欲によってでもなく、神によって生まれたのである。言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。』

当時の宗教指導者たちは、神様を知らなかったので、イエス様の全ての教えを拒み背いたのです。『この人は大工の息子ではないか』『我々はその父も母も 知っている。どうして今、「わたしは天から降って来た」などと言うのか』『あなたは人間なのに、いかに神と言うのか』と言いながら、イエス様を嘲り、冒瀆しました。しかし彼らが誹謗したイエス様は、実は彼らが信じて来た神様であられました。

ヨハ1:1 『初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。』

ヨハネやペトロのような弟子たちは、神様を正しく悟って神様の教えと御心に従いました。その結果、彼らはこの地でしばらく苦難と迫害を受け、多くの人々から嘲られましたが、天のとこしえなる栄光にあずかったのです。冒瀆した悪い群衆は地獄の硫黄の火の中で痛みと苦しみを受けるでしょうが、イエス様が神様であることを見極めて畏れ敬った全ての人は、今、天の楽園でどれだけ大いなる慰めにあずかっていることでしょう。

私たちは神様のことを正しく知らなければなりません。たとえ人の姿で来られても、イエス様が初めに天地を創造されたエホバ神様だということをヨハネが悟って礼拝を献げた時、正しい信仰と敬拝ができたように、この時代を生きて行く私たちも、神様を正しく知って受け入れてこそ、神様に認められ、正しい信仰を持ち、とこしえなる天国と救いにあずかるようになるのです。


万物に潜む神様の神性

神様を知ることを追い求めようとする人は、まず聖書を研究しなければなりません。聖書は神様を証しする本で、聖書を通さずには、永遠の命を下さる神様のもとに出て行くことができません(ヨハ5:39-40)。

ローマ1:18─20 『不義によって真理の働きを妨げる人間のあらゆる不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されます。なぜなら、神について知りうる事柄は、彼らにも明らかだからです。神がそれを示されたのです。世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません。』

黙4:11 『主よ、わたしたちの神よ、あなたこそ、栄光と誉れと力とを受けるにふさわしい方。あなたは万物を造られ、御心によって万物は存在し、また創造されたからです。…』

神様は必ずその意味をおいて万物を創造され、見えない神様の御力と神性が被造物に投影されていると言われました。

世の中には、多くの生命体があります。天を飛び回る鳥もいるし、海を泳ぐ魚もいて、広い野原を駆け回る獣もいます。このすべての生命体を創造されるにあたって、神様はどのような共通の御心をもって創造されたでしょうか。

天を飛ぶ鳥も、父鳥と母鳥がいます。海を泳ぐ魚も父魚と母魚がいます。草原を駆け回る馬も父馬と母馬がいます。

すべての生命体には父母があり、特に母体から命を得ることになります。このように共通する創造の摂理を通して、神様が私たちに知らせようとされる明らかな御心があります。


「我々」すなわち神様にかたどり男と女を創造

すべての生命体には、必ず父親がいて母親がいるということが、果たして神様の神性にかたどり創造されたことなのか、創世記1章から答えを調べてみましょう。

創1:26─27 『神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。』

今日、多くの教会は、唯一の父なる神様が人間を創造され、天地万物を全て創造されたと言っています。しかし、神様の黙示で記録された創世記1章を見ると、「私にかたどって私が人を造ろう」となさらずに『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう…』と仰せになりました。『我々』という複数の神様が人類を創造されたという事実が理解できる部分です。

神様が『我々にかたどり』(26節)すなわち『神にかたどって』(27節)御自分をモデルにして、そのまま創造された存在が男と女でした。これはすなわち神様の御姿の中には複数の姿、正確に言うならば、男の姿と女の姿が存在しているという御言葉です。その中で男の姿の神様を、私たちが家族的呼称で父といっています。ですから人々が『天におられるわたしたちの父よ』と祈りながら祝福を願います。

なぜ神様を父と呼ぶのでしょうか。私たちに命と息を下さり、私たちの存在を命ある者として下さった方が神様であられるからです。ですがここで父なる神様のみ、そのようにされたのか調べてみましょう。創造主は『我々』と仰せられた神様だということを、悟らなければなりません。人間がお一人の神様を象ったのでなく、お二人の神様に象って創造されたことを神様にかたどって創造された男と女を通して理解することができます。

神様がすべての生命体を、父がいて母がいるように創造されたのは、見えない神様の神性を、創造された万物の中に顕現されたという御言葉と一致する内容です。創世記1章に『我々』という神様にかたどって、男と女を創造されたと書かれています。その神様の男性の姿を「父なる神様」と呼んでいるから、女性の姿は「母なる神様」と呼ぶのは、ごく当然のことではないでしょうか。


天におられるわたしたちの父、わたしたちの母

神様はすでに自然万物を通して見えない神様の神性、すなわち父としての男性的神性と母としての女性的神性を私たちに証しして下さったのです。聖書はまた神様が私たちの御父様であり、御母様であることを直接証しして下さったのです。

マタ6:9 『だから、こう祈りなさい。天におられるわたしたちの父よ…』

イエス様は神様を父と呼ぶように教えて下さいました。聖書をみると、神様は確かに私たちの霊の父に違いありません。ここで神様を『わたしたちの父』と呼ぶのなら、神様を父と呼ぶ「わたしたち」という存在がなければなりません。イエス様が仰せられた神様を父と呼ぶ「わたしたち」という人たちは救いにあずかる者です。

聖書は、救いにあずかる者たちには必ず父としての神様がおられ、母としての神様もおられるべきであることを証ししています。

ガラ4:26 『他方、天のエルサレムは、いわば自由な身の女であって、これはわたしたちの母です。』

聖書は全て預言者たちが神様の霊の導きの下に記録した本であって、私たちを救いに導く知恵を与えています(二テモ3:15-16)。マタイによる福音書では父なる神様に対した真理を現して、ガラテヤの信徒への手紙では母なる神様に対する真理を明らかにしています。

従って、救いにあずかる民たちには、必ず父なる神様と母なる神様が存在しなければなりません。父なる神様だけ信じては、決して救いにあずかることができません。


竜(年を経た蛇、サタン)は女と敵

私たちには、父なる神様と母なる神様がおられます。主を知ることを追い求めよと仰せられたので、母なる神様の存在までも私たちが悟って信じなければなりません。

二千年前、この地に人の姿で来られた父なる神様を迫害した敵のサタンが、終わりの時は母なる神様を甚だしく敵対してののしることを、前もって神様は使徒ヨハネを通して黙示で下さりました。

黙12:17 『竜は女に対して激しく怒り、その子孫の残りの者たち、すなわち、神の掟を守り、イエスの証しを守りとおしている者たちと戦おうとして出て行った。』

創世記の記録に神様は、蛇と女が敵になるようにされました。『お前と女、お前の子孫と女の子孫の間に/わたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き/お前は彼のかかとを砕く』(創3:15)という御言葉は終わりの時代成就される御業に対する預言です。

黙示録では竜に表されたサタンが女に対して激しく怒り、その子孫の残りの者たちと戦うとあります。終わりの時は間違いなく敵のサタンが男性の姿をした神様でなく、女性の姿をした神様によって集まる十四万四千人の子と戦うために海の砂に立つとあります。

この戦いで、女の子孫は蛇の頭を傷付けると仰せられ、蛇は女の子孫のかかとを傷付けると仰せになりました。預言のようにサタンは女の子孫にいくらか打撃を与えるでしょうが致命的ではなく、サタンには致命的な結果をもたらすことでしょう。聖書はすでに終わりの霊的な戦いについて預言し、勝利は女の子孫に帰すと結論付けています。つまるところ、私たちが神様の掟を守って天の父と母に対する完全な信仰を守ることが勝利への道なのです。

父なる神様と母なる神様を悟って信じ、その御心に従って神様を敬拝し神様に栄光を帰す信仰を持つべきで、神様をよこしまに信じながら正しく信じていると自負するのは自己満足に溺れるのであって、神様が認める信仰ではありません。知らずして献げる礼拝は、いくら熱心にしても意味がありません。
カインのいけにえを考えてみて下さい。カインは神様を信じていましたが、神様にどういけにえを献げるべきか知らずに、自己満足に溺れたいけにえを献げたので神様は受け取られませんでした。

気ままにいけにえを献げ、気ままに礼拝し、気ままに神様を称えたらいいというのではありませんでした。しかし、アベルのいけにえは、たとえ物足りなく見え、華やかではなくても、神様の御心を悟って献げた血のいけにえだったので神様が喜んで受け取られたのです。


命の水を下さる"霊"と花嫁

主を知ることを追い求めよと仰せられたのは、神様にのみ永遠の命があるからです。神様を知ればこそ、命の水を下さる神様に出で、永遠の命と救いにあずかることができます。

黙22:17─19 『"霊"と花嫁とが言う。「来てください。」これを聞く者も言うがよい、「来てください」と。渇いている者は来るがよい。命の水が欲しい者は、価なしに飲むがよい。この書物の預言の言葉を聞くすべての者に、わたしは証しする。これに付け加える者があれば、神はこの書物に書いてある災いをその者に加えられる。また、この預言の書の言葉から何か取り去る者があれば、神は、この書物に書いてある命の木と聖なる都から、その者が受ける分を取り除かれる。』

"霊"(聖霊)は聖三位一体から見ると聖父である父なる神様を意味します。従って父なる神様の花嫁は、まさに母なる神様です。

"霊"(聖霊)と花嫁である天の父と天の母が『来なさい、命の水が欲しい者は、価なしに飲むがよい』と仰せになっています。私たちが天の父と母の前に出るためには、御父様と御母様の存在を知らなければなりません。私たちに永遠の命を下さる方は、御父様と御母様の外にはいないということを悟らなければなりません。ひとえに"霊"と花嫁の前に出る時、人類は生きることのできる命の水を得られるのです。この御言葉を決して付け加えたり取り去ってはならないと仰せになりました。

神様は私たちの救いのために、人の姿で"霊"と花嫁として子を呼び集めるために、この地に来られました。ひとえに私たちをとこしえなる天国に導いて下さる"霊"の父なる神様、花嫁である新しいエルサレム天の母を正しく悟って受け入れて、敵のサタンのどんな悪意の嘲りと惑わしがあっても信仰を強固にし、彼らを退けることのできるギデオンの勇士のように力ある神様の子になって下さるよう願います。

私たちには天の父がおられて喜びがあり、天の母がおられて幸せです。最後までシオンの中にいて神様への信仰と戒めを守って命の水を下さる"霊"と花嫁をサマリアの全土と地の果てまで証しして、私たちの御父様と御母様なる神様が下さる永遠の命の祝福にあずかれるよう願います。