한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

神様との対話

人が世の中を生きていきながら周囲の人々との対話なしに過ごすことほど、苦痛で大変なことはないでしょう。刑務所でも重罪人は、人と意思疎通ができない独房に監禁されるといいますが、神様との対話が断絶した信仰生活であれば、霊的にもそのような状況と別段変わりありません。そんな生活の中では、喜びを得ることができず、神様の御心に完全に仕えることができません。

私たちが神様の御心を成すためには、何よりも神様との対話が必要になります。例えば「行って、すべての国民を弟子にせよ」と言われた神様の御言葉に従うには、私たちはいつ、誰のもとに行って、どのような方法で弟子にし福音を伝えるのか、具体的な部分について神様にその都度お聞きし、その御言葉を達成できるような環境を下さるように続けて懇願するようになります。このように、神様と絶え間ない対話があればこそ、神様に従う信徒として、正しい信仰の道を歩いて行くことができます。

御母様は、今年は笑いながら、希望に満ち、活発に福音を宣べ伝えなさいと言われました。この御言葉に従うためにも、常に祈りで神様との対話、神様が喜ばれる御心を成していかなければなりません。

祈りは魂の呼吸

信仰生活を熱心にされる聖徒のお一人が、一時、原因も分からず情熱が冷めていきました。真理に対する確信が不足しているからでもなく、迫害や苦難があるからでもありませんでした。御言葉を調べたり、伝えることを怠たわけでもありませんでした。

その人は、自分でも情熱がなぜ冷めるのかわからず悩んでいたのですが、TVニュースで火災事件に接してから、信仰の情熱が再び燃えるようになったそうです。理由を尋ねたところ、その人の言うには、その事件によって、大きな悟りを得たんだそうです。その人が注目した部分は、火災の犠牲者のほとんどが、直接炎によってではなく、煙のせいで窒息して呼吸困難により死亡したという事でした。すると、ふと祈りを魂の呼吸と言われた神様の御言葉を思い出したと言います。

「霊的にも呼吸がしっかりできなかったら、どうなるだろうか?」こう考えてみると、これまで信仰生活をそれなりに熱心にしたのに、なぜ信仰がまともに立たなかったのか、答えが出てきました。振り返ってみると、実際に自分に不足していることも魂の呼吸、祈りだったのです。神様を信じながらも、神様と真剣な対話をしていない状態で、自分の熱意と自分の努力だけで福音生活をしてみると、信仰が成長するどころか、むしろ退化してしまったのでした。

その方は、神様に熱心に悔い改めの祈りをささげ、今後は常に神様と対話できる時間を設けて願い求めました。そして、それ以降は、どんなに小さなことがあっても、神様に祈りで申し上げたと言います。何事にも神様と対話すると、時に悲しいこと、困難なことがあっても、感謝があふれるようになり、かつてないほど熱い情熱で信仰生活をするようになったそうです。

祈りに常に力を尽くせ

このような恵み深い悟りを聞いてみると、神様との対話が、私たちの信仰のカギだと思われます。信仰生活を熱心にしているにもかかわらず、心の片隅が寂しく信仰の情熱が減ったならば、神様と対話する時間がそれだけ不足しているからです。

私たちも自分自身を一度振り返ってみましょう。今、私の魂が何か力がなく生気を失っていくようであれば、一日の中で、私が神様との対話の時間をどのように持っているのかを点検してみて下さい。対話の時間も不足していたり、それも上の空でする対話なのではないか、もう一度振り返られるようお願いします。

福音の業は、私一人で完成できることではありません。全知全能なる神様の助けや助言が必要です。私たちはこの事実を知りながら、神様とよく対話しない愚かさを犯す時があるようです。だから、聖書は神様との対話、まさに祈りに常に力を尽くすよう力説しています。

コロ4:1-3 目を覚まして感謝を込め、ひたすら祈りなさい。同時にわたしたちのためにも祈ってください。神が御言葉のために門を開いてくださり、わたしたちがキリストの秘められた計画を語ることができるように。このために、わたしは牢につながれています。

ロマ12:9-12 愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善から離れず、兄弟愛をもって互いに愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい。怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。

神様は私たちを選ばれた時から、私たちの欠けているところをよく知っておられます。ところで、欠けていること極まりない人間が、神様の助けを求めることなく、自分の欠けている知恵と自分の欠けている力だけで、神様の福音の働きに参加しようとしてもできるでしょうか。

欠けているところを申し上げ、助けを求めれば、神様は私たちに必要なすべてのものを十分に供給して下さいます。聖書に登場する信仰の先祖たちも、とても絶望的な時にはいつも、神様との対話を通じて力と勇気、知恵を得ました。

神様との対話で勇気を得たエリヤ

分裂王国時代、北イスラエル王国のアハブ王の時代、預言者エリヤは王妃イゼベルが後援するバアルの預言者とアシェラの預言者850人に対抗して、神様の御心を伝えていました。カルメル山で彼が一人で850人の偽預言者たちに対抗して、神様の御力で勝利し、彼らを滅ぼしたのも祈りの力でした(王上18章)。

このことを恨みに思ったイゼベルはエリヤを殺そうとすると、彼は辛い逃避生活の中で、神様に申し上げました。「主よ、私は先祖にまさる者ではありません。私の命を取って下さい」「私は万軍の神、主に情熱を傾けて仕えてきましたが、イスラエルの人々は主の契約を捨て、祭壇を破壊し、主の預言者たちを殺し、私一人だけが残ったのですが、彼らは私の命を奪おうとねらっています。」

最も絶望的な瞬間、絶体絶命の危機に神様は彼に言われました。「私はイスラエルに七千人を残す、これは皆バアルにひざまずかず、これに口づけしなかった者である。」

神様はエリヤを慰められ、疲れた彼の魂と肉体に新しい力を吹き入れて下さいました。一人残ったと思ったエリヤに、志を同じくする仲間が7千人も残っているという言葉がどれほど大きな喜びとなったでしょうか。神様との対話を通じて、彼は再び勇気を出して預言者の使命を担うことができました(王上19章)。

このように、信仰の先祖たちが歩いた人生の中には、神様との対話がありました。たとえ、悪人は数が多く勢力が強くて、神様の御心を実行しようとする人々は小さく弱く見えたとしても、神様はその小さな群れに御言葉で勇気を下さいました。「恐れてはいけない」、「勇気を出しなさい」、「私はあなたと一緒にいる」…

神様は力のある御言葉で、私たちの心にあふれる喜びを施して下さいます。神様と対話をしたら、信仰の勇気と情熱が際限なく湧いてきます。

神様との対話で民を導いたモーセ

預言者モーセも、イスラエル民族をエジプトから導き出し、乳と蜜の流れるカナンに導くすべての旅路で、神様との対話の時間を持ちました。神様の助けなしに、その多くの民をカナンの地に導くことができないからです。

後ろからはエジプト軍が追撃して来て、前には葦の海が立ちはだかっている、切迫した瞬間にも、モーセは神様に熱心に叫びました。 「主よ、どうすればいいですか?神様の御心通りに民を導こうとしたら、前に葦の海が立ちはだかっています。私に道を開いてください。」すると、神様はすぐに答えられました。

出14:15-18主はモ-セに言われた。「なぜ、わたしに向かって叫ぶのか。イスラエルの人々に命じて出発させなさい。杖を高く上げ、手を海に向かって差し伸べて、海を二つに分けなさい。そうすれば、イスラエルの民は海の中の乾いた所を通ることができる。…

モーセはその通りに行いました。神様の方法通りに行うと、葦の海が分かれて、道が開き、イスラエル60万人の壮年と、それに従った家族全員が渡っても、何も問題がありませんでした。神様が予定されたすべてのことを進められ、モーセはただ対話で神様の方法を聞いて、従えばいいだけでした。出エジプト後、荒れ野でもモーセは度重なる危機を、神様との対話で克服しました。

民11: 1-2民は主の耳に逹するほど、激しく不満を言った。主はそれを聞いて憤られ、主の火が彼らに対して燃え上がり、宿営を端から焼き尽くそうとした。民はモ-セに助けを求めて叫びをあげた。モ-セが主に祈ると、火は鎮まった。

民21: 4-9…神とモ-セに逆らって言った。「なぜ、我々をエジプトから導き上ったのですか。荒れ野で死なせるためですか。パンも水もなく、こんな粗末な食物では、気力もうせてしまいます。」主は炎の蛇を民に向かって送られた。蛇は民をかみ、イスラエルの民の中から多くの死者が出た。…モ-セは民のために主に祈った。主はモ-セに言われた。「あなたは炎の蛇を造り、旗竿の先に掲げよ。蛇にかまれた者がそれを見上げれば、命を得る。」モ-セは青銅で一つの蛇を造り、旗竿の先に掲げた。蛇が人をかんでも、その人が青銅の蛇を仰ぐと、命を得た。

民の罪悪により災いが下るたびに、モーセは神様との対話を通して仲介に乗り出しました。彼は民の愚かさと反逆を赦して下さり、正しい方向に行けるように指導してくださることを懇願しながら伏せて祈りました。そのたびに、神様はすべて答えられ正しい道に行くことができるよう導いて下さいました。

モーセはイスラエルという民族をカナンに導くために、神様との対話に努めました。それなら、神様の御心を奉じ、世界のすべての民を天国に導く私たちは、もっと神様と対話できる環境を頻繁に作るべきです。神様の助けなしに、福音の大きな歴史を成し遂げようとしたら、限界にぶつかって挫折するだけですが、神様と対話すると、すべての道が開かれます。

探し、求め、門を叩け

過去の祈りを振り返ってみると、現在私たちが祈りの答えを受けているという事実を感じるはずです。神様の福音を共にすることを祈るので、福音の協力者となり、世界福音化のために祈るので、世界のすべての民が心を開いています。もちろん、聖書の預言に沿ってでもありますが、子供たちの祈りを通して神様が預言をより迅速に成してくださっています。

だから、気を落とさずに絶えず祈らなければならないと言われました。イエス様の教えの中でも、祈りの重要性は繰り返し強調されています。

ルカ18:1-8 イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。「ある町に、神を畏れず人を人とも思わない裁判官がいた。ところが、その町に一人のやもめがいて、裁判官のところに来ては、『相手を裁いて、わたしを守ってください 』と言っていた。裁判官は、しばらくの間は取り合おうとしなかった。しかし、その後に…あのやもめは、うるさくてかなわないから、彼女のために裁判をしてやろう。さもないと、ひっきりなしにやって来て、わたしをさんざんな目に遭わすにちがいない。』」それから、主は言われた。「この不正な裁判官の言いぐさを聞きなさい。まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。…

ルカ11:5-13 また、弟子たちに言われた。「あなたがたのうちのだれかに友逹がいて、真夜中にその人のところに行き、次のように言ったとしよう。「友よ、パンを三つ貸してください。旅行中の友逹がわたしのところに立ち寄ったが、何も出すものがないのです。」すると、…。起きてあなたに何かをあげるわけにはいきません。」しかし、言っておく。その人は、友逹だからということでは起きて何か与えるようなことはなくても、しつように頼めば、起きて来て必要なものは何でも与えるであろう。そこで、わたしは言っておく。求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。…あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる。」

不正な裁判官も、日々来て悔しさを訴えるやもめには、面倒で神経に障るからという理由ででも、願いを叶えてくれたし、真夜中に友達を訪ねて執拗に頼めば、友達だからということではなく、執拗に頼むからという理由で必要なものを与えてくれるのに、まして神様は昼夜求める子供たちの願いを聞いてくれないかと言われました。このような比喩を与えられた神様の真意をよく把握するべきです。

神様は子供たちとの対話を待っておられます。神様の御心通りに、求め、探して、叩いたら、すべてのものが求められ、探し出され、私たちの前に開かれます。

子供が、ほしいものがあれば親にねだり続けるように、私たちも霊的な願いを叶えるためには、天の父と母にずっと懇願する必要があります。子供の未来に害になるものでなければ、神様は必ず祈りを聞いて下さいます。

家庭が円満に維持されるには、家族間の会話が不可欠です。ある調査統計によると、国内の犯罪者の中で90%は会話のない家庭で青年期を送ったといいます。別の調査によると、離婚の最大の原因も会話のないことだと言います。

家族間でも和やかな会話の時間を持って、神様とも対話の時間をより多く持ってみましょう。神様は伝道も対話で成されるようにされました。教会でも牧師と地•区域長、聖徒の間に会話があってはじめて、痛みを分け合って半分にし、喜びを分け合って倍になるようにすることが可能であろうと思われます。

しかし、恵み深くない対話であれば、対話をしないよりもよくありません。悪い偵察員たちと対話した時、民が悪い心を抱いて神様に背き、ヘビと対話した時、人類が堕落して罪と死に陥りました。このように、神様が喜ばれない会話はせず、家族に信仰を与えて、希望を与えて、勇気を与える会話、神様の愛を悟らせてあげる会話だけしましょう。

恵み深い相談者、神様

最も恵み深い対話相手は神様です。神様は御自分と対話する子どもたちに、喜びと勇気を吹き入れて下さり、求めることごとに良いもので下さいます。

聖書は、私たちのすべての悩みについて相談して下さり、助けて下さる神様を弁護者だと説明しています。弁護者は、英語の聖書で「Counselor(カウンセラー)」まさに相談者と表現されています。大きいことでも小さいことでも、私たちが困難な経験をするたびに、神様は私たちの相談者になられて解決策を提示して下さいます。

ソロモンは神様との対話を喜んでよくしたので、知恵を得て国を富強にし、あらゆる名誉と富まで許されました。一方、イスラエルの歴代の王の中で悪を行った王は、神様との対話がありませんでした。愛である神様との対話が断絶したので、邪悪な霊に惑わされて邪悪な性質が表れて凶悪になったのです。

今年は神様と対話をたくさんすることにより、世界福音を成してみましょう。天の父と母との絶え間ない対話の中で、神様の御心を理解し、従って行かなければなりません。

エフェ6:10-19 最後に言う。主に依り頼み、その偉大な力によって強くなりなさい。悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。…真理を帯として腰に締め、正義を胸当てとして着け、平和の福音を告げる準備を履物としなさい。なおその上に、信仰を盾として取りなさい。それによって、悪い者の放つ火の矢をことごとく消すことができるのです。また、救いを兜としてかぶり、霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい。どのような時にも、「霊」に助けられて祈り、願い求め、すべての聖なる者たちのために、絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。…

聖霊の武具をすべて身につけても、祈りなしには何の意味もありません。私たちから聖霊の力が適切に発揮されるためには、これを活性化できる神様との対話が滞ることなく続けられなければなりません。

神様と会話する時、私たちは葦の海が分かれる奇跡も目撃することができます。熱心に探して、叩いて、求めて、速やかにサマリアと地の果てまで福音がすべて伝えられるようにしましょう。神様と対話をたくさん交わして、天の子供としての正しい品性を育てていき、良い実をたくさん結んで世界を救う、私たちシオンの家族の皆さんになりましょう。