한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

神様の愛を悟らせて下さい

神様が私たちに、色々な戒めを与えられ聞き従うようにされるのは、御自分のために独善的な行動をされたり、私たちの自由を拘束なさろうとされるからでは、絶対にありません。

神様の戒めを守ること、兄弟愛、宣教、...これらどれ一つも愛に由来していないものはありません。神様のすべての御言葉は、その裏に見えない神様の愛が込められています。

罪を犯した子供たちを救いに来られた神様

神様の愛を多少なりとも理解するには、まず魂の問題を悟らなければなりません。魂の理を知らなければ、人類がなぜこの地で悲しみと苦しみを経験して生きていくのか、言葉で天地万物を創造された御力の神様が、なぜ6千年という長い歳月の間、私たちの救いのために犠牲になられるのか理解できないでしょう。

人は土の存在である肉体と、命の息である魂で構成されました(創2章7節)。土は地球が創造された後に生成されましたが、命の息はそれ以前から神様と共にいました。つまり、神様の命の息で造られた私たちの魂は、神様と共に栄えある天国にいた天使たちでした。

箴8:22-27 主は、その道の初めにわたしを造られた。いにしえの御業になお、先立って。永遠の昔、わたしは祝別されていた。太初、大地に先立って。わたしは生み出されていた/深淵も水のみなぎる源も、まだ存在しないとき。山々の基も据えられてはおらず、丘もなかったが/わたしは生み出されていた。大地も野も、地上の最初の塵も/まだ造られていなかった。わたしはそこにいた/主が天をその位置に備え/深淵の面に輪を描いて境界とされたとき

箴言を記録したソロモンは、神様が天地万物を創造される時に、自分がすでに造られていて、創造の御業を見ていたと証ししました。神様が大地も野も最初の塵も造られる前に彼が生まれていたなら、天使のような霊の存在として生まれて、神様の創造の御業を見守っていたに違いありません。ヨブの場合も同じでした。

箴38:1-7、21 主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。…わたしが大地を据えたとき/お前はどこにいたのか。知っていたというなら/理解していることを言ってみよ。誰がその広がりを定めたかを知っているのか。誰がその上に測り縄を張ったのか。基の柱はどこに沈められたのか。誰が隅の親石を置いたのか。そのとき、夜明けの星はこぞって喜び歌い/神の子らは皆、喜びの声をあげた。…そのときお前は既に生まれていて/人生の日数も多いと言うのなら/これらのことを知っているはずだ。

子供は自分の赤ちゃん時代を覚えていませんが、親はそれを覚えています。神様がヨブに言われた質問が、それと同じでした。ヨブは創造当時の状況を忘れていましたが、神様はヨブがその時生まれていたと言われました。神様が大地を据えた時に、ヨブが既に生まれていたとしたら、その場所は地球ではありません。
ソロモンやヨブのように、私たちもこの世に生まれる前に、天国で神様を賛美し、栄光に輝きながら住んでいた天使たちでした。ところが、ある日「明けの明星、曙の子」、まさにサタンの誘いに陥って罪を犯してこの地に追われてきたと聖書は説明しています(イザ14:12-15、黙12:7-9)。

地獄の苦痛から救って天国に

神様はもどかしい心で天からこの地まで、一息に失われた子供たちを探しに来られました(マタ9章13章、ルカ19:10)。罪人を捜して救うために、罪人と同じ肉体の姿で来られ、過越祭の犠牲の血で私たちを罪から解放して下さり、永遠の存在に造ってくださいました。新しい契約の命の真理を立てられ、守りなさいと命じられたのは、天の記憶をすべて失った罪人たちに、神様の国があることを教えて下さり、必ずその国に帰らせようという御心が込められています。

私たちはこれから行くべき永遠の世界が準備されています。神様の御言葉通りに聞き従いさえすれば、永遠の故郷である天国に帰ることになるでしょう。そうできなければ、永遠に苦しむ地獄の罰が待っています。

マコ9:43-49 もし片方の手があなたをつまずかせるなら、切り捨ててしまいなさい。両手がそろったまま地獄の消えない火の中に落ちるよりは、片手になっても命にあずかる方がよい。…もし片方の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出しなさい。両方の目がそろったまま地獄に投げ込まれるよりは、一つの目になっても神の国に入る方がよい。地獄では蛆が尽きることも、火が消えることもない。人は皆、火で塩味を付けられる。

ルカ16:19-31 「ある金持ちがいた。いつも紫の衣や柔らかい麻布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた。この金持ちの門前に、ラザロというできものだらけの貧しい人が横たわり、…やがて、この貧しい人は死んで、天使たちによって宴席にいるアブラハムのすぐそばに連れて行かれた。金持ちも死んで葬られた。そして、金持ちは陰府でさいなまれながら目を上げると、宴席でアブラハムとそのすぐそばにいるラザロとが、はるかかなたに見えた。そこで、大声で言った。『父アブラハムよ、わたしを憐れんでください。ラザロをよこして、指先を水に浸し、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの炎の中でもだえ苦しんでいます。』

上記の聖書の節は、地獄の苦しみがどんなものかよく説明しています。指先を水に浸し、舌を冷やさせてくださいと懇願するほど、苦しい生活が永遠に持続するところが地獄なので、神様は地獄だけは行くなと切に頼まれました。そして、地獄の苦痛から子供たちを救い出すためにこの地に来られ、罪人が受けるべき苦痛にすべて遭われながら、新しい契約の真理を立てられました。新しい契約は、私たちのすべての罪を赦して、再び死と苦痛、悲しみのない天国に私たちを導こうとされる、神様の見えない愛が内在しています(黙21:1-4参照)。

神様の限りない愛

神様が私たちを真理に導かれるまで、果たして何人を動員されたのか一度考えてみましょう。実際には周りの多くの人々が、神様が私たちのために遣わされた人々です。時には私たちを試みて鍛える存在として、時には良い仲間と指導者として、全員が、私たちを永遠の天国に導くために神様が遣わされた人々なのに、私たちはこれをほぼ気づかずに生きてきただけです。

数多くの人を通じて私たちを天国の道に導かれ、今日も私たちを新しい被造物として真心込めて造って下さる神様の御手を感じてみて下さい。神様はそれほど私たちに関心を持たれ、愛しておられます。

ロマ5:3-11…希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。実にキリストは、わたしたちがまだ弱かったころ、定められた時に、不信心な者のために死んでくださった。正しい人のために死ぬ者はほとんどいません。善い人のために命を惜しまない者ならいるかもしれません。しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。…

神様は私たちが愛を受けるに値する存在ではなく、死に値する罪人になった時にも、相変わらず私たちを愛され、私たちのために喜んで犠牲になられました。救いを受けることができない霊的な状態にあった私たちの代わりに、鞭打たれ、槍に貫かれ、傷つけられ、十字架の上で尊い血を流されることで、私たちに対する愛を明らかに示されました。

この世の愛は、刹那的で即興的であり、限られた条件の中での愛であるだけです。いくら愛する恋人同士でも結婚して暮らしてみればけんかするのが当然であり、どんなに義理堅い友人や兄弟、親子でも歳月が流れ条件が変われば、お互い離れていきます。しかし、神様の愛は時空を超えています。

マタ28:18-20 イエスは、近寄って来て言われた。「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」

世の終わりまで変わらず私たちと一緒におられる方は、神様しかいません。神様はどのような条件と環境の中でも私たちを愛され、罪人になった瞬間でさえ、私たちを見捨てられませんでした。私たちが永遠の天国に帰る瞬間まで、そして天でも永遠に、私たちと一緒におられます。

一ヨハ4:7-11 愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです。愛することのない者は神を知りません。神は愛だからです。神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。…愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。

神様は愛です。神様の変わらぬ限りない愛を、子供の私たちも兄弟姉妹に、周りのすべての人々に分けなければなりません。神様の愛を学び、実践する神様の子供たちに皆さんなられるようお願いします。

不平を言ってはいけない

以前、アメリカの教会を訪問した時「足跡(Footprint)」というタイトルの文が書かれた額縁を見たことがあります。ある人が夢の中で神様と一緒に海辺を歩いていたそうです。通り過ぎてきた道は、彼の過去の人生の道を示すもので、砂の上には並んでいる二人の足跡がありました。ところが、彼は自分の人生で大変だった時にはいつも、一人の足跡しかないのを見ました。彼はそばにおられる神様に、大変な時にいつも、なぜ私から離れられたのかと不平混じりの口調で伺いました。

神様は常に彼と一緒におられたと言われました。平坦な人生の道では、彼と一緒に並んで歩かれましたが、生活の峠ごと、彼が疲れている時は、彼を背負ってすべての試練をかけ分けながら歩かれたので、足跡が一つだったのだという答えでした。一人分だけ刻まれた足跡は、彼の足跡ではなく、彼を背負って行かれる神様の足跡でした。

この話は、神様の愛を比喩的に表しています。人の愛は自分の利益のための利己的な要素が多少含まれていますが、神様の愛は完全で何の代価も望まず、無条件的です。試みと試練の中で、私たちが担いきれなかったら、私たちを背負ってでも天国に導いて下さいます。御自分の翼で抱いて下さって、すべての危険を御自分がすべて担われ防いで下さいます。

ところが、信仰生活をしながら、時には話の中の主人公のように、神様の愛を理解できず、神様に不平を言うこともあります。不平を言うようなことは何にもありません。すべて天国に私たちを導かれる過程で起きることにすぎません。

ヤコ5:7-9 兄弟たち、主が来られるときまで忍耐しなさい。農夫は、秋の雨と春の雨が降るまで忍耐しながら、大地の尊い実りを待つのです。あなたがたも忍耐しなさい。心を固く保ちなさい。主が来られる時が迫っているからです。兄弟たち、裁きを受けないようにするためには、互いに不平を言わぬことです。裁く方が戸口に立っておられます。

一コリ10:5-12 しかし、彼らの大部分は神の御心に適わず、荒れ野で滅ぼされてしまいました。…彼らの中には不平を言う者がいたが、あなたがたはそのように不平を言ってはいけない。不平を言った者は、滅ぼす者に滅ぼされました。これらのことは前例として彼らに起こったのです。それが書き伝えられているのは、時の終わりに直面しているわたしたちに警告するためなのです。…

不平の先には審判があり、審判の先に滅びがあります。聖書は不平を言うことは、裁きと滅びを受けるほど大きな罪であることを悟らせてくれています。神様に不平を言い、指導者モーセとアロンに不平を言って滅ぼされた過去のイスラエルの民が、まさにそういうケースでした。

どんな瞬間にも、いつも共におられる神様の御手を感じられない時、肉の欲が不平を生み出します。肉の欲望を自制して、霊の望むところを抱いてこそ、霊的な目で神様の愛を理解して、喜びの中で天国に向かって走って行くことができます。

神様を畏れ敬い、信仰を持つことは、肉的な生活の質を高めるためではありません。もしそうなら、イエス様は肉体を着てこの地に来られた時、世俗的な栄光をお受けになっているはずです。この世は魂の刑務所、すなわち逃れの町であるため、快適な場所ではありません。誰もが自分の荷を負って生きて行くようになっています。

しかし、私たちには苦労に対する結果があります。天国と永遠の命、救いがあり、王である祭司としての職があり、限りない神様の愛が私たちと共にあります。「私の国はこの世には属していない」(ヨハ18:36)と言われたイエス様の御言葉を心に刻み、永遠の天国に対してより大きな望みを持たれるよう願います。

どんなことにも感謝し、愛の中で行いなさい

神様の愛を悟ることができなければ、肉体の人生が大変に感じられ不平が出て来ますが、悟れば日々感謝が出てきます。聖書は私たちに、常に喜んで絶えず祈り、すべてのことに感謝する美しい信仰の道を歩きなさいと知らせています。

一テサ5:16-18 いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト•イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。

神様が私たちの父と母であられ、永遠の天国が私たちのものだから、私たちは常に喜ぶことができます。世の人は老いることが悲しく、死を恐れていますが、私たちはそうではありません。神様が新しい契約の真理で私たちに永遠の平和と喜び、幸せを伝えてくださったので、どうして喜ばずに感謝せずにいられるでしょうか?

父と母を信じることは、このように嬉しく幸せなことです。守るべき戒めだけではなく、その背後に巨大な愛というメカニズムがあります。

コロ3:13-17 これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。… いつも感謝していなさい。キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい。知恵を尽くして互いに教え、諭し合い、詩編と賛歌と霊的な歌により、感謝して心から神をほめたたえなさい。…父である神に感謝しなさい。

コロ2:6-7 あなたがたは、主キリスト•イエスを受け入れたのですから、キリストに結ばれて歩みなさい。キリストに根を下ろして造り上げられ、教えられたとおりの信仰をしっかり守って、あふれるばかりに感謝しなさい。

新しい契約の真理を伝えてくださったこと、天国に行けるようにしてくださったこと、神様が私たちの父と母になられたこと、私たちが兄弟姉妹になって世を導いて福音の国を建設するために一緒に苦労しているということ、すべてが感謝することです。肉の望むことのために不平を言うのではなく、天の父と母にいつも感謝をささげましょう。

神様の愛を理解できずに聖書を知っているとは言えません。神様の愛を知ってはじめて、本当に聖書を知って神様を知っているということになります。家庭でも教会でも、神様の愛があふれなければなりません。愛である神様に似て、互いを大切にして配慮したら、すべてのことに感謝があふれます。

エフェ5:1-4 あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい。キリストがわたしたちを愛して、御自分を香りのよい供え物、つまり、いけにえとしてわたしたちのために神に献げてくださったように、あなたがたも愛によって歩みなさい。…卑わいな言葉や愚かな話、下品な冗談もふさわしいものではありません。それよりも、感謝を表しなさい。

感謝は、神様の愛を理解して悟ったという証拠です。ヨハネの黙示録4章で、長老たちがなぜ冠を脱いで神様の御座の下に置き、神様に栄光を帰したのでしょうか?神様の愛を悟ったら、そのように感謝が染み出ます。希望なしに生きていた私たちに、永遠の天国の望みを与え、永遠の命の祝福までくださったのですから、神様に賛美と栄光を永遠に帰しても足りないでしょう。

どんなことにも神様に感謝をささげたら、神様は感謝すべきことをあふれるようにして下さいます。天の兄弟姉妹をすべて捜すまで、いつも喜んで感謝し、天の父と母の美しい聖徳を休まずに伝える私たちになりましょう。神様は私たちを瞳のように守って保護されながら、最後まで愛されます。常にその愛を覚えて感謝しながら、世のすべての人々に、その愛を証しして伝える、シオンの家族になられることを願います。