한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

母なる神様が必要な時代

マスメディアの報道内容を見ると、世界的な経済不況が近づいた昨年から今年まで、韓国社会各界の最大の話題は「母」だといいます。人が困難なことを経験するとき、最初に頭に思い浮かぶ存在が母親です。母親のところに行くだけで豊かなその何かがあり、問題の解答と心の安息を得ると考えることが、人々の天性と見ることができます。

社会学者は混沌と葛藤の時代ほど、包容と原則、平和と温かい感性などを含んでいる女性性、その中でも特に母性を必要とすると分析しています。聖書の預言を調べてみても一様に、私たちに母の愛が必要であり、母なる神様を最も切実に必要とされる時代に、私たちが入っているという事実を確認することができます。

問題解決の鍵、天の母

古今東西を問わず、家庭で母親がする役割は似ています。子供の間で争いが発生した場合、その争いを仲裁する人が母親です。母は争いをやめさせ兄弟愛を思い起こさせ、是非を正し、秩序と法を立てて子供たちに再び争わないように教訓します。

母親は平和の仲介者であるだけでなく、賢い生活の達人です。家庭の経済状態が苦しい時、引き締めて経済政策を広げ、必要なところに適切に、浪費しないようにうまくやり繰りしながら、子供たちを食べさせ着せる、生活の達人の中の達人が母親です。

一言で言えば、母親は家庭で発生するすべての問題の総合的な解決士と言ってもいいでしょう。何も生じるものはありませんが、愛しあい睦まじく過ごす子供たちの姿を、今まで苦労したすべての努力の報酬と考える人がまた母親です。

今、私たちが生きている時代は、多くの問題を抱えています。 2千年前のイエス様の預言のように、いたるところに紛争が起きており、世界経済が崩壊しています。

マタ24:3-8 イエスがオリーブ山で座っておられると、弟子たちがやって来て、ひそかに言った。「おっしゃってください。そのことはいつ起こるのですか。また、あなたが来られて世の終わるときには、どんな徴があるのですか。」イエスはお答えになった。…民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。しかし、これらはすべて産みの苦しみの始まりである。

ルカ21:34-36 放縦や深酒や生活の煩いで、心が鈍くならないように注意しなさい。さもないと、その日が不意に罠のようにあなたがたを襲うことになる。その日は、地の表のあらゆる所に住む人々すべてに襲いかかるからである。しかし、あなたがたは、起ころうとしているこれらすべてのことから逃れて、人の子の前に立つことができるように、いつも目を覚まして祈りなさい。」

弟子たちがキリストの再臨と世の終わりのしるしについてお伺いした時、イエス様はこのように預言されました。「生活の煩い」といえば経済面での煩い、困難のことです。経済的な困難は、どの家庭でも日常的に発生する可能性のあることですが、聖書はそのような個人的なカテゴリーの内容ではなく「地の表のあらゆる所に住む人々すべてに臨む」、全世界で発生する経済問題を預言しています。

2009年の新年が始まり、世界各地で民と民、国と国との間の紛争がさらに深刻になっています。また今、全世界が共通して経済的な困難に直面しています。このすべての危機的状況は、人類に母性愛的な愛が不足して現れた現象です。このような預言の時代に世界の紛争の問題を仲裁し、世界経済の困難を打開することができる助けの手が果たして誰から来るでしょうか?

家庭に争いが起き、経済が困難に直面した時、その困難を打開することができる存在が母親であるように、世界は今、母なる神様を必要としています。天の母の御力の業が共にある時に、世界に平和が訪れ、すべての困難な問題を解決することができます。

新しいことを創造された神様  

母は愛です。生命の源であり、知恵です。すべての争いや紛争を終結させる平和であり、すべての困難をひるまずに忍耐される不屈の精神であり、犠牲であり、道であり、真理であり、子供たちの希望と信仰でもあります。

長年の間、父なる神様が私たち子供たちの救いのために道を導いて来られたとしたら、今はすべての救いの歴史を母なる神様が主導される時代になりました。神様は母による新しいことをこの地に創造されました。

エレ31:21-22…いつまでさまようのか/背き去った娘よ。主はこの地に新しいことを創造された。女が男を保護するであろう。

ここで、「抱く」1)という御言葉を他の翻訳版を見ると「保護する」と表現されています。伝統的な社会から現代に至るまで、男性が女性を保護し、女性は弱者として保護されるべき存在であると認識されて来ました。女性が男性を保護することができるのは、か弱い「女」自体としてではなく、愛という強い力を抱いている「母」の立場であるとき可能なことです。言い換えると、この預言は人類を保護し、懐に抱き、救いに導く母なる神様を世に知らしめる「新しいこと」を父なる神様が創造されるという事を知らせています。
訳者注1)「女が男を保護する」の部分が、韓国語では「女が男を抱く」となっています。

過去には、男の付属物のように思われていた女性の権利が、徐々に重要視されて女性の社会参加が活発になり、今日女性大統領、女性首相まで登場するようになった時代的な流れも、神様の摂理と無関係ではありません。父なる神様が新しいことを創造されることによって、今では、世界を経営する御業は母なる神様にかかっています。家庭で子供たちを育てて家庭経済を握り、子供たちの間の争いをすべて調整し、紛争より和睦で、けんかより配慮で教育し、家の中を導いていく存在が母親であるように、地球村の家族である人類全体が、今、母なる神様を必要とする時代に足を踏み入れたのです。

家庭内で起こる多くの困難が、母親が介入することですべて解決されるよう、人類が直面している深刻な問題は、母なる神様を受け入れる時、すべて解決されます。今は人類が互いに憎み合い、テロと紛争をし続けていますが、母なる神様の教えと精神が全人類の胸の奥深くまで染み込むなら、世の数多くの紛争も解決されて、誰もが望む真の平和が訪れることでしょう。

母なる神様の本性にあずかる者

聖書の教えを調べられながら、今年一年は母なる神様の精神で、世界を正しく導くシオンの子供たちに皆さんなられるようお願いします。

二ペト1:3-11…この栄光と力ある業とによって、わたしたちは尊くすばらしい約束を与えられています。それは、あなたがたがこれらによって、情欲に染まったこの世の退廃を免れ、神の本性にあずからせていただくようになるためです。だから、あなたがたは、力を尽くして信仰には徳を、徳には知識を、知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には信心を、信心には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。これらのものが備わり、ますます豊かになるならば、あなたがたは怠惰で実を結ばない者とはならず、わたしたちの主イエス•キリストを知るようになるでしょう。これらを備えていない者は、視力を失っています。近くのものしか見えず、以前の罪が清められたことを忘れています。だから兄弟たち、召されていること、選ばれていることを確かなものとするように、いっそう努めなさい。これらのことを実践すれば、決して罪に陥りません。こうして、わたしたちの主、救い主イエス•キリストの永遠の御国に確かに入ることができるようになります。

信仰と徳、知識、節制、忍耐、信心、兄弟愛、愛に至るまで、すべての徳目が母なる神様が私たち子供たちに望んでおられる信仰の精神です。「人を自分よりも優れていると思いなさい」、「お互いに仕えなさい」と教えて下さった御母様の教訓を心に留めて見ると、このすべての段階を履行し、神様の本性にあずかることができるはずです。

品性の変化なしには、神様が喜ばれる実を結ぶことができず、最終的にはつまずくしかありません。新しい契約の真理の中にいるシオンの家族は、神様の本性を身に付けなければなりません。神様の品性で世界すべての人に、さらに母なる神様の救いを伝え、心の慰めと平和を与えなければなりません。安らぎを与える便りがまさにイザヤ書40章に示された良い知らせ、福音ではないでしょうか。

世界が母なる神様を切に探し求めています。早く走って行って、シオンにおられる母なる神様を伝え、2009年には、必ず多くの天の実をシオンの倉に収めるようにしましょう。そのためには、私たちもやはり母の心に似なければなりません。

一ヨハ4:7-21 愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです。愛することのない者は神を知りません。神は愛だからです。…愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内で全うされているのです。…わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってください。…わたしたちが愛するのは、神がまずわたしたちを愛してくださったからです。「神を愛している」と言いながら兄弟を憎む者がいれば、それは偽り者です。目に見える兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することができません。神を愛する人は、兄弟をも愛すべきです。これが、神から受けた掟です。

神様は愛です。男に愛がないのではなく、父なる神様も愛ですが、愛という言葉はどの国でも女性名詞として扱われるように、神様は世界で、全宇宙で、最も大きな愛を母の胸の中に植えておかれました。全世界が今最も望み、必要とする方は「愛」そのものである母なる神様です。

一ヨハ3:1-14 御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです。世がわたしたちを知らないのは、御父を知らなかったからです。愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、…なぜなら、互いに愛し合うこと、これがあなたがたの初めから聞いている教えだからです。カインのようになってはなりません。彼は悪い者に属して、兄弟を殺しました。なぜ殺したのか。自分の行いが悪く、兄弟の行いが正しかったからです。だから兄弟たち、世があなたがたを憎んでも、驚くことはありません。わたしたちは、自分が死から命へと移ったことを知っています。兄弟を愛しているからです。愛することのない者は、死にとどまったままです。

神様の子どもであれば、互いに愛し合いなさいと言われました。御母様の教訓のようにお互いに譲歩し、お互いに褒め合い愛を実践するとき、世の人々が私たちを見て、私たちがそのように行う裏には、御母様の正しい教えがあったという事実を悟って、天の母を探すようになりませんか?

それで聖徒たちの美しい行いは、花嫁の麻の衣の飾りになると言われました(イザ49:14-18、黙19:7-8参照)。私たちの行いを通じて、全世界の民が、母なる神様の存在を確認することができるように、シオンの家族全員が、世界の光と塩になられるよう、必ずお願いします。

母の愛で変化する世の中

「母」と言ったら目に涙が浮かび、心の片隅がジンと熱くなるのは、母親の温かい品性のためでしょう。犠牲と愛、平和の代名詞である品性を抱いて、すべての子供たちを導き、面倒をみて、配慮して下さる方が母であられるからです。

愛は母の中にある最も偉大な品性です。その愛を、私たちが学ばなければなりません。

一コリ13:1-13 たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、…たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、…全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、誇ろうとしてわが身を死に引き渡そうとも、愛がなければ、わたしに何の益もない。愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。…それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。

エルサレム天の母の教えに沿って、愛で世界を救いましょう。世界万民が母の心を抱くようになったら、世界には真の平和が来るでしょう。天国に対する希望と信仰があふれ、互いに和睦し愛する中で、永遠の天の故郷に帰るための悔い改めの業が世界中で起こることでしょう。

このようになるためには、私たちがまず生まれ変わらなければなりません。過去の私はすべて捨てて、天の父の真理の法と天の母の愛の法の中で生まれ変わるシオンの家族にならなければなりません。経済不況で誰もが苦しむこの時、家庭でも夫は夫として、妻は妻として、愛して励まして天国の望みで忍耐して、互いに信仰を植えながら神様の国に向かって進まなければなりません。まだ信仰がない家族たちにも、多く励ましてあげて、神様の国はこのような問題や争いがない、日々喜びがあふれる世界であることを知らせて下さい。

この世界しか存在しないと思うので、人々が挫折し失望に陥る場合が多いのですが、宇宙から見れば、この地球は本当にとても小さな塵に過ぎません。神様はそのような場所に住んでいる、取るに足りない私たちを子供として選ばれ、天の国の王のような祭司とされ、永遠に消滅しない天の祝福と賞で、天国の生涯を約束されました。

経済的な問題で、あるいは紛争とテロのために泣き叫ぶ声が世界中から聞こえてきています。母なる神様を必要とする時代が到来し、母なる神様の愛を必要とするすべての環境が造成されました。まさにこの時代に母なる神様が登場されて子供たちを呼んでおられます。

默22:17 “霊”と花嫁とが言う。「来てください。」これを聞く者も言うがよい、「来てください」と。渇いている者は来るがよい。命の水が欲しい者は、価なしに飲むがよい。

“霊”は父なる神様であられ、花嫁は父の花嫁なので母なる神様です。今、全世界が母なる神様がこの地に来られたという事実を私たち子供たちを通して聞いて、誰でも躊躇せずにシオンに帰ってきて、母なる神様を受け入れなければなりません。

神様がそのように新たな御業を導かれ、新しい世界を創造しておられます。母なる神様が全世界を抱かれ、愛の中に導かれる、新しいことが今成されています。

誰でも母を信じて母の教え通りに従ったら、紛争がなくなり、すべての困難もない永遠の世界に至ることでしょう。早くこの祝福のメッセージをサマリアと地の果てまで宣べ伝えて、再び死もなく、悲しむこともなく、嘆くこともなく、痛みもない平和の世界、神様の国で父と母を永遠に賛美する天の子になられることを願います。