한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

死から、永遠なる命の体に

シオンの家族は過越祭を神聖に守ることによって、神様が施される命の宴に与っています。新約の福音書を見れば、イエス様は過越祭を新しい契約として立てられながら「苦しみを受ける前に、あなたがたと共にこの過越の食事をしたいと、わたしは切に願っていた」(ルカ22:15)と言われました。

なぜイエス様は、弟子たちと過越祭を守ることを切に願われたのでしょうか?その理由は、死に縛られていた罪人を永遠の命の体にする贖いの経綸を、過越祭新しい契約を通して成されるためです。人々は天からマナが降ってきたり、死んだラザロが生き返るようなことを奇跡と言いますが、実は永遠に死ぬしかない私たち人類を過越祭により永遠に生かしてくださる、このことほど大きな奇跡はありません。私たちを死に定められた体から永遠の命の体に変化させて下さる神様の驚くべき奇跡と、それに関する約束の御言葉を調べてみましょう。

死の奴隷になった人類

人はこの世に生まれて、死を免れることはできません。人間は万物の霊長と言いますが、結局のところは死の力に屈するようになるので、万物の霊長ではなく死の奴隷というしかありません。

ヘブ9:27 また、人間にはただ一度死ぬことと、その後に裁きを受けることが定まっているように、

ロマ7:24-25 わたしはなんと惨めな人間なのでしょう。死に定められたこの体から、だれがわたしを救ってくれるでしょうか。

ローマの信徒への手紙の御言葉は、ただ使徒パウロ個人の嘆きではなく、すべての人の苦悩と焦燥を代弁した内容と見ることができます。人は死の鎖に縛られて苦しい生活をするしかない存在です。少しでも長く、より健康に生きようと多くの費用をかけてでも、名医を探し、名薬を探しますが、誰一人として死を回避することができず、その後は神様の裁きが待っていると聖書は伝えています。

詩90:9-10 わたしたちの生涯は御怒りに消え去り/人生はため息のように消えうせます。人生の年月は七十年程のものです。健やかな人が八十年を数えても/得るところは労苦と災いにすぎません。瞬く間に時は過ぎ、わたしたちは飛び去ります。

聖書で「飛び去る」と表現するように、あまりにも迅速に過ぎ去るのが私たちの人生です。その短い生涯さえも神様が喜ばれない罪と悪の生活をしているので、主の御怒りに消え去り、労苦と災いの中で、いつしか消え尽きてしまいます。神様を知らずに生きていくことは、まるでブレーキがない車のように、死に向かって疾走する生活であるに過ぎません。したがって、ソロモンは人生の内面を深く覗いてみると、すべてが空しいと証ししました。

コヘ1:1-11 エルサレムの王、ダビデの子、コヘレトの言葉。コヘレトは言う。なんという空しさ/なんという空しさ、すべては空しい。太陽の下、人は労苦するが/すべての労苦も何になろう。…

空しいもののために一生涯、様々な労苦をしますが、結局死で終えざるを得ないのが人生です。このような人生の理を悟ったソロモンは、万人がうらやむほどの富と栄華、権力、知恵など、すべてのものを享受しながらも「なんという空しさ/なんという空しさ、すべては空しい」と言い、人が太陽の下でするすべての労苦が、自分にとって何にもならないという結論を下しました。

命の過越祭を賜った神様

神様は、このように空しく空しい人生を生きていく人類を天から見下ろされて憐れに思われました。死と地獄の苦しみを避けることができない私たちの未来を憐れに思われ、永遠の命を与えるためにこの地に来られました。

ヘブ2:14-15 ところで、子らは血と肉を備えているので、イエスもまた同様に、これらのものを備えられました。それは、死をつかさどる者、つまり悪魔を御自分の死によって滅ぼし、死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった者たちを解放なさるためでした。

ヨハ10:10 盗人が来るのは、盗んだり、屠ったり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである。

死ぬしかない人間たちに永遠の命を与えて下さるために、神様がこの地に来られたという便りは、最も良い知らせであり、嬉しい知らせであるはずです。そうしたら、神様がどのような方法で、私たちに永遠の命を与えられたのか見てみましょう。

ヨハ6:53-57 イエスは言われた。「はっきり言っておく。人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたたちの内に命はない。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠の命を得、わたしはその人を終わりの日に復活させる。わたしの肉はまことの食べ物、わたしの血はまことの飲み物だからである。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、いつもわたしの内におり、わたしもまたいつもその人の内にいる。…わたしを食べる者もわたしによって生きる。

御自分の肉を与え、血を飲ませて、人類を生かそうとしたら、自ずと犠牲になられるしかありません。神様は死んでいく多くの罪人のために、御自分の犠牲で永遠の命を得る真理の原則を立てられました。一粒の麦が死ぬと、そこから芽が出て、花が咲いて、百倍、千倍の実を結ぶ原理を採択されたのです。

永遠の命を与えるキリストの肉と血は、過越祭を通して人類に与えられました。

マタ26:17-19、26-28절…「わたしの時が近づいた。お宅で弟子たちと一緒に過越の食事をする」と言っています。』」弟子たちは、イエスに命じられたとおりにして、過越の食事を準備した。…一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えながら言われた。「取って食べなさい。これはわたしの体である。」また、杯を取り、感謝の祈りを唱え、彼らに渡して言われた。「皆、この杯から飲みなさい。これは、罪が赦されるように、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。

ルカ22:7-8、19-20 …イエスはペトロとヨハネとを使いに出そうとして、「行って過越の食事ができるように準備しなさい」と言われた。…それから、イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えて、それを裂き、使徒たちに与えて言われた。「これは、あなたがたのために与えられるわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい。」食事を終えてから、杯も同じようにして言われた。「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である。

人の子の肉と血を食べて飲めば永遠の命を持つと言われた御言葉は、過越祭のパンとぶどう酒を食べて飲んだら、私たちに永遠の命を与えられるという内容になります。罪によって永遠に死ぬしかない私たちを死から救われ、永遠の命を得て天国に連れて行かれようとされることが、神様が過越祭を与えられた究極の御心だと見ることができます。それでこの過越祭を、ルカは、キリストがこの地に御自ら来て立てられた「新しい契約」と表現しています。

永遠の命を約束された者たちが入る天国

新しい契約の過越祭は単なる祭りではなく、人類を永遠の命の道に導かれる神様の約束です。この良い知らせを聖書は福音と呼んでいます。だから、使徒パウロは、自分が福音の働き手になったともいい、新しい契約の働き手になったとも記述し、福音がまさに新しい契約であることを明らかにしたのです。

神様がこの地に来られて、御自分の血で過越祭の新しい契約を立てて下さり、私たちに永遠の命を与えられました。なぜ永遠の命を与えようとされたのか、その理由を調べてみましょう。

黙21:1-4 わたしはまた、新しい天と新しい地を見た。最初の天と最初の地は去って行き、もはや海もなくなった。…神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである。」

神様の国は再び死がない永遠の世界です。死のないところで生きるためには、その第一の条件は、永遠の命を持つことです。だから、神様はそこに連れて行かれるために、新しい契約過越祭のパンとぶどう酒によって、永遠の命を約束されて、永遠の命を持った者に天に帰ることができる新しく生きた道を開いてくださいました。永遠の天国が臨む時、新しい契約の真理の中で永遠の命の約束を受けた人々は、再び死に縛られない霊的な体に変えられて、そこに行くことになるでしょう。

一コリ15:50-58 わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。…

これが神様の約束です。神様は死ぬしかない死に定められた体から、永遠の命の体に、最後の瞬間に突然変化させると約束されました。永遠の命の約束は、唯一、新しい契約の過越祭を守って、キリストの血であるぶどう酒に与って、キリストの体であるパンに与る聖徒たちにだけ許された、神様からの贈り物です。そのような聖徒たちは、最後のラッパの音が鳴り、死者が復活し、生きている者たちは変えられ、キリストの降臨を受け入れることになるという生きた望みがあります。

一テサ 4:13-18 すなわち、合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、主御自身が天から降って来られます。すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し、それから、わたしたち生き残っている者が、空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられます。このようにして、わたしたちはいつまでも主と共にいることになります。ですから、今述べた言葉によって励まし合いなさい。

これはコリントの信徒への手紙一15章に記載されているように、この死ぬ体が死なない体に変化する様子です。死ぬ体が死なない体に、朽ちる体が朽ちない体に変えられる人は、過越祭の新しい契約を守る、神様の約束の中にいる民です。逆に、新しい契約の中にいなければ永遠の命の約束を受けることができません。永遠の命の約束がないのに、どうして永遠の命の体に変化することができるでしょうか?

神様は私たちを、死の体から永遠の命の体に変えて下さるために、過越祭の新しい契約の真理を許されました。したがって、使徒たちはこの貴重な過越祭の儀式を毎年記念してきて、使徒時代の後も、AD 325年まで守り続けて来ましたが、325年に開かれたニカイア公会議で、過越祭はサタンによって完全に廃止されてしまいました。

その後長い間、過越祭と呼ばれる命の祭りは、地上に存在しなくなりました。 1600年の悠久の時を経た後、過越祭は二度目にこの地に来られるキリストによって、終わりの時代、選ばれた民に再び伝えられ、これにより神様の救いの歴史が完成される場面を、聖書の預言の中で確認することができます(ヘブ9:28、イザ25:6-9参照)。

神様の命の約束、過越祭

乾いた砂漠に泉が湧き出るようにさせ、乾いた枝に命の芽を出させる神様の約束が、まさに新しい契約の過越祭によって成されるのです。この命の約束を受けた人々を、永遠に死なずに朽ちない永遠の命の体に変化させ、天国に到達させるというのが、聖書全体の教えです。

ヘブ9:15-22 こういうわけで、キリストは新しい契約の仲介者なのです。それは、最初の契約の下で犯された罪の贖いとして、キリストが死んでくださったので、召された者たちが、既に約束されている永遠の財産を受け継ぐためにほかなりません。…

新しい契約は、神様に召された子供たちに、永遠の天国を相続する約束を得させる力があります。ただ平凡なパン一切れとぶどう酒一杯に過ぎないのに、これを食べて飲んだからと永遠の命があるのかと反論する人もいるでしょう。しかし過越祭には、神様が私たちと結ばれた約束が込められています。

キリスト教は約束の信仰です。神様が私たちと契約された御言葉を信じて行うことにより、祝福を受けるのです。過越祭を守らずにいくら神様を熱心に信じたとしても、それは神様の約束がない自分一人だけの信仰的行為に過ぎません。

七日目の安息日を守ったら祝福を与えると言われたのも、神様と神様の民の間の約束です。過越祭のパンとぶどう酒を食べて飲んだら永遠の命を与えると言われたのも、神様が私たちに与えられた約束です。普段もパンとぶどう酒は食べたり飲んだりすることができますが、そこには神様の約束がありません。特に過越祭の日を選んで、神様と私たちの間に約束がなされているのです。その約束を信じて守ったら、神様が私たちの死に定められた体を、永遠の命の体に変化させ、キリストを受け入れることができる栄光を受けさせると言われました。

神様の約束に頼って、神聖に大切な過越祭に参加している私たちは、キリストが歩まれた行跡に従う生活を送らなければならず、考えもキリストの考え、行動もキリスト教徒らしい行動に変化する必要があります。キリストが世を救うためにこの地に来られたので、私たちの生活の目標も、それと一致する必要があります。まだ新しい契約の福音が伝えられていない国々までも伝えて、神様の救いの歴史にあらゆる国の人々と国が参加できるように導いてみましょう。

新しい契約の福音を伝えるために、今も多くのシオンの兄弟姉妹が全世界に鳩のように飛んで行き、また飛んで来ています。折りが良くても悪くても、この福音を伝えるためにさらに力を尽くし、神様の約束にしっかりと依り頼み、永遠の命に進むことができるシオンの家族になられることを願います。