한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

神様の贈り物

私たちが生きていく間、神様に日々良い贈り物を数多く頂いたとしたら、どうでしょうか?受け取るたびにいつも気分がよく、幸せなだけでなく、感謝するはずです。実際は、神様が毎日、毎分、私たちに贈り物を下さっておられます。ところが、これが贈り物かどうか区別できなくて、感謝が出て来ずに、かえって不平不満を言い、神様に栄光を帰さない場合があります。

私に差し迫った困難なことも神様が下さった贈り物であり、楽しいことも神様が下さった贈り物です。周りにいる家族や近所の人、また私たちが出会う多くの人も皆、神様の贈り物です。

時には、私たちが直面する試練すら、実のところは神様の贈り物です。今日、私に与えられたすべてのものが神様の贈り物だという悟りを得たら、試みに陥らず、いつも感謝の気持ちを大事にして、全き信仰に進み出ることができます。

日々賜る神様の贈り物

私たちは、多くの神様の贈り物を価なしに受けながら、その恵みの中で生きています。神様が、もし日光を下さらないとしたらと考えてみましょう。一年中気温が、マイナス数百度に下がったら、地球上での人類の生存そのものが不可能になります。

神様が人類に水と酸素を下さらなかったら、またどのようになるでしょうか?ある人々は、化学的に酸素や水素を結合させて水を作ることができると言いますが、もし、神様が造られた被造物を一つも使わずに直接酸素と水素を作って水を作れと言われたら、どんなに努力してもコップ一杯の水も作り出せないでしょう。その上、人が直接酸素を作り、水を作って一生飲むには、その費用をまかなうのも大変なはずです。

神様が日々贈り物を下さらなければ、人類は一日も生きることができません。ところが、私たちはこれまで神様から与えられたものを無料で使いながらも、ちゃんと感謝せずに生きてきたのではないかと思います。すべてが感謝することなのに、表面的な面だけ見て、他の人と比較してみると「あの人はあのように大きく華やかなものを持っているのに、私はこのような小さい普通のものしか持てなかった」という相対的な剥奪感を感じるようです。

試練なしに生きる人はいません。一般人はもちろん、華やかに見える芸能人、大きな力や多くの富を持つ人々の生活の苦しみも並大抵のものではありません。一見、他の人より持っているものが多く幸せそうですが、その裏では、自分が所有したものを維持するために、他の人よりも多くの神経を遣い、より多くの苦痛を甘受しています。

私たちに利益をもたらすものをすべて贈り物として下さった神様は、私たちの心を感謝する心に変えてくださるため、感謝に対するこのような教えを下さいました。

一テサ 5:16~22 いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。"霊"の火を消してはいけません。預言を軽んじてはいけません。 すべてを吟味して、良いものを大事にしなさい。あらゆる悪いものから遠ざかりなさい。

常に喜んで絶えず祈り、すべての事に感謝するには、周りにあるすべてのものが私たちを鍛えるために、神様が下さった贈り物であるという事実を忘れてはいけません。私たちは天国に行くために、自分に何がどのくらい足りないのか知りませんが、神様はすべてご存じです。ご存じで最適な環境に私を置かれたので、聖書は常に喜んですべてのことに感謝しなさいと知らせています。

人にはそれぞれ足りない部分があります。ある人は性格があまりにもせっかちで、ある人は遅すぎます。ある人はあまりにも冷静で、ある人は過度に血気があふれています。神様はそんな私たち一人一人に適した贈り物を下さり、私たちの心を鍛えられ、天の完成品として造り上げておられます。

箴 17:1~3  銀にはるつぼ、金には炉、心を試すのは主。…

周りを一度見回してみてください。優しい夫あるいは鬼のような夫、優しい妻あるいは自己中心的な妻、親孝行する子供あるいは頭を痛ませる子供…このすべてが、神様が私を天国に連れて行かれるために下さった贈り物です。私と意見が合わず、考えが違う人が周りにいても、彼らもまた神様が私に下さった贈り物です。

もし誰かが気難しいことを言っても、神様が今、私に耐えることができる信仰を育てておられることを悟るべきです。みんな私に良い言葉だけ言ったら、自分が忍耐強いのか、強くないのかを測定する方法がないでしょう?より親切で立派な才能が多い人を、私の周りに多く置かれることもできるのに、なぜこのような人々だけなのかと嘆くのではなく、それによって私に祝福を与えておられることを悟らなければなりません。そのような方法を経なければ、私の足りない部分を埋めることができないので、神様がすべての条件を造成されたと理解すると、これまで足りなく感じた部分にも感謝して生きていくことができます。

感謝のいけにえ(祭祀)をささげる神様の聖徒たち

今日も神様が日光というエネルギーを下さり、さわやかな酸素と良い水も下さり、愛する人も下さるので、私たちこそ世の中にうらやましいものがない者たちです。今日、私に与えられた条件と私に起こったすべてのこと、私に関連する数多くの人々がすべて、神様が私に下さった贈り物だと信じて、常に感謝をささげましょう。

詩 50:23(口語訳) 感謝のいけにえをささげる者はわたしをあがめる。自分のおこないを愼む者にはわたしは神の救を示す。

ロマ 1:21~22  なぜなら、神を知りながら、神としてあがめることも感謝することもせず、かえって、むなしい思いにふけり、心が鈍く暗くなったからです。自分では知恵があると吹聴しながら愚かになり、

聖書は、神様に感謝のいけにえをささげる人は神様をあがめる人だと知らせています。感謝することを知らない人は、神様をあがめることができず、自分では知恵があると思っていますが、むなしい思いにふけり、心が鈍く暗くなり、最終的には天国を失ってしまうことになる無知の中に陥るしかありません。

神様は失われた者を捜して救われるために、この地に来られ、救いに必要な新しい契約の律法とすべての真理の教えを私たちに下さいました。新しい契約の道を守って実践していく過程には、簡単なこともあり、難しくて大変なことが私たちを待っていることもあります。しかし、そのすべての過程も、実のところは、最終的に私を天国に連れて行ってくださるために神様が施された贈り物です。

イエス様が下さった比喩を見ると、放蕩息子が持っているものも多く、世のすべてのものが自分の意のままにできると思っていた時は、父も捨て、故郷も捨て、遠い国に自分の楽しみを見つけに行きました。しかし、財産をすべて浪費して食べる物がなく、豚が食べるイナゴ豆で空腹を満たそうとしても、それすら手に入れられない切迫した状況に置かれると、捨ててきた故郷が思い出され、父が思い出されて悔い改め、自分の放蕩生活をやめて故郷に戻りました(ルカ15:11〜24)。

時には私たちにも、放蕩息子が経験したように、試練の過程が必要です。神様は私たちが望むすべての願いをすぐに聞いてくださることもできますが、世のすべてのことが自分の意のままになると思ったら、人は神様も捨てて、神様の国も捨てます。神様は私たちに永遠の幸福を与えてくださるために、時には少しの苦難も下さいます。その過程で神様をより切実に求めるようになり、魂の故郷、天国を切実に求めるようになって、その国に向かって勢いよく走って行くようになるよう、私たちの心を鍛えられるのです。

感謝に対する聖書の教え

神様が私たちに許しておられる御言葉も大きな贈り物です。私たちが聖書を開くたびに、神様は御言葉を通して私たちを永遠の天国に導いて行かれる贈り物を、日々注いでくださいます。

それを悟れば感謝が出るのに、悟れなければ不平、不満が出て来て、不機嫌な言葉、イライラした言葉、悲しがる言葉が出るしかありません。

エフェ 5:4 卑わいな言葉や愚かな話、下品な冗談もふさわしいものではありません。それよりも、感謝を表しなさい。

良い贈り物をあげたのに、もらった人が喜んで感謝するどころか、かえって怒ったら二度と贈り物をあげたいとは思わないでしょう。天国に行くことができるものすごい祝福の贈り物が聖書に満ちているのに、日々神様の贈り物をいただいても何も受けとっていない人のように不平と不満を吐露してはいけません。

フィリ 4:4~7 主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。あなたがたの広い心がすべての人に知られるようになさい。主はすぐ近くにおられます。どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。

感謝する人の心と思いは神様が守ってくださいますが、恨んで文句を言う人は守ってくださいません。荒れ野時代の歴史を見ると、神様が40年の間、天からマンナを降らしてくださり、岩を通して水を下さり、良い贈り物を日々下さいましたが、民は小さな困難にもいつも不平不満を吐き出しました。感謝することを知らない彼らには、神様が贈り物を与えられませんでした。その結果、神様の保護が途絶えて、荒れ野で滅ぼされた過去のイスラエルの歴史を見ながら、今日、私たちは日々下さる神様の贈り物に感謝を忘れてはいけません。

コロ 2:6~7  あなたがたは、主キリスト・イエスを受け入れたのですから、キリストに結ばれて步みなさい。キリストに根を下ろして造り上げられ、教えられたとおりの信仰をしっかり守って、あふれるばかりに感謝しなさい。

コロ 3:15~17  あなたがたは招かれて一つの体とされたのです。いつも感謝していなさい。キリストの言葉があなたがたの內に豊かに宿るようにしなさい。知恵を尽くして互いに教え、諭し合い、詩編と賛歌と霊的な歌により、感謝して心から神をほめたたえなさい。そして、何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行い、イエスによって、父である神に感謝しなさい。

初代教会の聖徒たちは、人であるイエス様を神様として信じるという理由で、世の人から嘲笑と迫害を受けました。時にはローマの円形劇場でライオンの餌になったり、火あぶりにされたりもしましたが、彼らは殉教される瞬間まで、信仰に固く立ってあふれるほどの感謝をささげました。

これが私たちに向けられた神様の御心です。私たちも感謝する者として、変えられ、どんな状況でも、神様の御心を考えて感謝をささげましょう。もし周りに、信仰の内で神様の懐に先に逝かれた方がいても、神様に恨むより感謝をささげるべきです。私たちが住んでいるこの場所は、霊的に見れば、短い間訪れている旅人の世界です。肉体は土から来たから地に戻り、私たちの中にある霊は、神様が下さったので、誰でもこの地での自分の使命が終わったら、神様がおられる神様の国に必ず帰らなければなりません(コへ12:7)。

この地で多くの苦難を経験したステファノやパウロのような使徒たちと聖徒たちが、天国に行って神様の懐の中でどれだけ多くの慰めを受けているでしょうか?そのような祝福を与えてくださったことにかえって感謝しながら、私たちも試練や困難に感謝で勝ち抜き、引き受けた使命を果たし、永遠な私たちの霊の故郷に帰る日を待つべきです。

常に、休まず、あふれるように感謝する信仰

神様に感謝せよと言われた御言葉をもう一度考えながら、神様が私たちに常に良い贈り物を賜ったので、私たちも感謝する心で、良い実を神様に贈り物としてささげましょう。

一テサ2:13 このようなわけで、わたしたちは絶えず神に感謝しています。なぜなら、わたしたちから神の言葉を聞いたとき、あなたがたは、それを人の言葉としてではなく、神の言葉として受け入れたからです。事実、それは神の言葉であり、また、信じているあなたがたの中に現に働いているものです。

一テサ 3:7~10 それで、兄弟たち、わたしたちは、あらゆる困難と苦難に直面しながらも、あなたがたの信仰によって励まされました。…わたしたちは、神の御前で、あなたがたのことで喜びにあふれています。この大きな喜びに対して、どのような感謝を神にささげたらよいでしょうか。顔を合わせて、あなたがたの信仰に必要なものを補いたいと、夜も昼も切に祈っています。

信仰の最も重要な内容にはすべて感謝で賛美し、感謝で神様に報いて、感謝をあふれるようにせよというのが神様の御心です。その御心に従った初代教会の聖徒たちは、神様の贈り物について休まずに感謝しました。

私たちも、このような信仰を持たなければなりません。困難なことが発生する時、その時は神様がなぜそのようにされたのか理解できなくても、歳月が流れ過ぎた時間を振り返ってみると、すべてが神様が下さった贈り物であったことを悟ることができます。

二テサ 1:3~4 兄弟たち、あなたがたのことをいつも神に感謝せずにはいられません。また、そうするのが当然です。あなたがたの信仰が大いに成長し、お互いに対する一人一人の愛が、あなたがたすべての間で豊かになっているからです。それで、わたしたち自身、あなたがたが今、受けているありとあらゆる迫害と苦難の中で、忍耐と信仰を示していることを、神の諸教会の間で誇りに思っています。

二テサ 2:13~14 しかし、主に愛されている兄弟たち、あなたがたのことについて、わたしたちはいつも神に感謝せずにはいられません。なぜなら、あなたがたを聖なる者とする"霊"の力と、真理に対するあなたがたの信仰とによって、神はあなたがたを、救われるべき者の初穂としてお選びになったからです。神は、このことのために、すなわち、わたしたちの主イエス・キリストの栄光にあずからせるために、わたしたちの福音を通して、あなたがたを招かれたのです。

神様にあふれるように感謝することは、聖徒たちとして当然するべきことです。「安息日を覚えて聖別せよ」と言われた言葉と同様に「常に感謝しなさい」という言葉も、神様の戒めです。迫害と艱難、どんな状況でも感謝をあふれるようにしてみてください。そうすれば、サタンがいくら苦しめてもびくともしないので、結局あきらめて退いていきます。

神様は私たちを救いに至らせるために、すべての時代と歴史を造られ、私たちの髪の毛までも数えておられます。私たちを永遠の天国まで導かれ、神様の国の「王のような祭司」として下さるのですから、その恵みに永遠に感謝をささげても足りないでしょう。

感謝する者が入る天国

私たちが感謝を日々溢れるようにささげるべき理由は、私たちが将来行く天国は、賛美と感謝があふれ出るところだからです。天国は、恨む人が入ることができません。

黙 4:8~9  この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その周りにも内側にも、一面に目が合った。彼らは昼も夜も絶え間なく言い続けた。「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、全能者である神、主、かつておられ、今おられ、やがて来られる方。

黙 7:11~12 また、天使たちは皆、玉座、長老たち、そして四つの生き物を囲んで立っていたが、玉座の前にひれ伏し、神を礼拝して、こういった。「アーメン。賛美、栄光、知恵、感謝、誉れ、力、威力が、世々限りなく私たちの神にありますように、アーメン。」

天国では、すべての霊物と天使たちが、常に神様に栄光と誉れと感謝を帰しています。

感謝が私たちの神様にあるから「神様の本性」にあずからせていただいた神様の子供たちは、どのような環境や条件の中でも感謝することができなければなりません。

「自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」と言われたように、一人一人背負っている十字架があります(マタ16:24 参照)。それが、天国に行くことにおいて自分の弱点であり、障害物であるため、神様はその部分を鍛えてくださり、今日も私たちを天国の人として、完成品として作って行かれます。

神様は「天の市民権者」(フィリ3"20)である私たちに、最も必要な天国の贈り物を限りなく与えておられます。すべてが私を天国に導くために許してくださった神様の贈り物であるという事実を悟って、常に喜んで感謝する子供たちになりましょう。また、いつも贈り物を受けるだけではなく、私たちも、父なる神様、母なる神様に良い贈り物を差し上げましょう。感謝があふれる信仰生活をして、皆が十タラントンの実を結び、神様にささげる贈り物を準備して、祝福を受けられることを願います。