한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

あなたの名を呼んだ者

誰にとっても、自分自身を理解し認めてくださる方のお召しを受けることは、本当に嬉しく貴いことと言えるでしょう。王のお召しを受けて国家と民族のために忠誠を果たす機会を得ることは、官吏にとって何よりも重要なことでしょうし、一国の大統領から指名され職務を任されることも、とても大きな誉れであるはずです。

ところで、王の王、主の主であられ、この世界を御自ら創造された創造主の神様が、私たちを子供として指名し呼んでくださったのですから、これこそ世の何ものにも代えられない貴い祝福だと言えます。私たちを指名して呼んでくださった神様の御心とその祝福について、聖書を通して調べてみましょう。

神様が指名された聖書の人物たち

イザ 45:1-4 『主が油を注がれた人キュロスについて/主はこう言われる。わたしは彼の右の手を固く取り/国々を彼に従わせ、王たちの武装を解かせる。扉は彼の前に開かれ/どの城門も閉ざされることはない。わたしはあなたの前を行き、山々を平らにし/青銅の扉を破り、鉄のかんぬきを折り/暗闇に置かれた宝、隠さ れた富をあなたに与える。あなたは知るようになる/わたしは主、あなたの名を呼ぶ者/イスラエルの神である、と。わたしの僕ヤコブのために/わたしの選んだイスラエルのために/わたしはあなたの名を呼び、称号を与えたが/あなたは知らなかった。』

ペルシア王キュロスの名を呼ばれた方は神様です。神様を知らなかった彼に、神様はキュロスという名前を下さり、王としての称号も与えられ、すべての摂理について予め定めておかれました。堅く閉じられた扉を開かれ、鉄のかんぬきも折られ、青銅の扉を破られ、キュロスが連戦連勝できるように、すべての道をあらかじめ開いておかれました。自分が生まれる前にすでに聖書を通して自分の名前とバビロンを倒す業績まで預言されていることに驚いたキュロスは、神様を真の神様として認めました(エズ1:1-4参考)。

エレ 1:4-8 『 …わたしはあなたを母の胎内に造る前から/あなたを知っていた。母の胎から生まれる前に/わたしはあなたを聖別し/諸国民の預言者として立てた。」…「若者にすぎないと言ってはならない。わたしがあなたを、誰の所へ/遣わそうとも、行って/わたしが命じることをすべて語れ。彼らを恐れるな。わたしがあなたと共にいて/必ず救い出す」と主は言われた。』

神様は預言者エレミヤについても、その形が造られる前にすでに彼を知り、この地に誕生する前に、彼を聖別され、国々の預言者として立てたと言われました。エレミヤが自分の能力も弁舌も足りないと告げる時、神様は「わたしがあなたと共にいるから、誰の所へ遣わそうとも、行って、わたしが命じることをそのまま伝えなさい」と言われ、能力をさらに授けてくださいました。

呼ばれたことに信仰で答えたたち

バビロンを倒すためにペルシア王キュロスの名を呼ばれ、国々に神様の御言葉を伝えるためにエレミヤの名を呼ばれたように、神様はサマリアと地の果てまで福音を伝えるために弟子たちを呼ばれました。

マタ 4:17-20  『 そのときから、イエスは、「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言って、宣べ伝え始められた。イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、二人の兄弟、ペトロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレが、湖で網を打っているのを御覧になった。彼らは漁師だった。イエスは、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた。二人はすぐに網を捨てて従った。』

弟子たちは、神様が指名して呼んでくださる時、少しも躊躇したり、ためらったりしませんでした。このように、神様が私たちを道具として選ばれ呼んでくださったら、信仰を持ってそのお召しに積極的に与るようにするべきです。

へブ11:6-16 『信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神が存在しておられること、また、神は御自分を求める者たちに報いてくださる方であることを、信じていなければならないからです。信仰によって、ノアはまだ見ていない事柄について神のお告げを受けたとき、恐れかしこみながら、自分の家族を救うために箱舟を造り、その信仰によって世界を罪に定め、また信仰に基づく義を受け継ぐ者となりました。信仰によって、アブラハムは、自分が財産として受け継ぐことになる土地に出て行くように召し出されると、これに服従し、行き先も知らずに出発したのです。…この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、はるかにそれを見て喜びの声を上げ、自分たちが地上ではよそ者であり、仮住まいの者であることを公に言い表したのです。このように言う人たちは、自分が故郷を探し求めていることを明らかに表しているのです。もし出て来た土地のことを思っていたのなら、戻るのに良い機会もあったかもしれません、ところが実際は、彼らは更にまさった故郷、すなわち天の故郷を熱望していたのです。』

神様に指名され呼ばれた人々は、神様に絶対的に頼る信仰がありました。信仰がなくては、神様に喜ばれることはできません。神様のみ絶対的に信頼する堅固な信仰を持つ時、私たちもパウロやペトロのような偉大な預言者になることができます。

また、神様が指名された彼らは、神様が命じられる時、肉的な条件を問いただしたりはしませんでした。この時代にも船を作ることは簡単なことではないのに、ノアはその時代に長さ約135メートル、幅約22メートル、高さ約13メートルにもなる巨大な箱舟を建造しました。箱舟を建てるためにどのくらいの費用と労力がかかるのかは、彼にとって問題ではありませんでした。すべてを下さり、また取り上げられる方は神様であられることを知っていたので、ノアは信仰で箱舟を準備し、最終的に自分の家族を全部救うようになりました。

アブラハムは、お召しを受けた時に行き先も知りませんでしたが、従順に進めていきました。召された理由を聞いて行ったのではありません。ただ、神様が共におられるという事実を信じ、神様の御言葉を行うこと自体を喜びました。もちろん、色々な困難もあり、試行錯誤もありましたが、神様が命じられたことをそのまま信じて進めていくので、できないことがありませんでした。

神様にお召しを受けた人々には、神様の御言葉を絶対的に考えたという共通点があります。彼らは、神様が命じられることに間違いなく霊的な祝福があることをよく知っていました。そして、ついにはアブラハムは乳と蜜の流れるカナンの地に導かれる祝福を受け、洪水で全世界を裁かれる時に箱舟を用意したノアの家族は救いを受けることができました。神様は、彼らの苦労を絶対無駄にされませんでした。

真理の見張りとしてお召しを受けた私たち

神様はこの終わりの時代に、神様に代わって世界を目覚めさせる見張りとして、私たちを指名して呼んでくださいました。2千年前、ガリラヤ湖のほとりで弟子たちを「人間をとる漁師」として呼んでくださったその神様が今日、すべての人類を救おうと私たちを指名されたので、私たちは決して小さな者たちではありませんし、私たちがこの場にいるのも偶然ではありません。

エゼ 3:17 『人の子よ、わたしはあなたを、イスラエルの家の見張りとする。わたしの口から言葉を聞くなら、あなたはわたしに代わって彼らに警告せねばならない。… 』

もしかすると、私たちが宣教者たちを通して召されたのだと思うこともあります。実際は、神様が私たちを創造される前に選んでくださり、終わりの時代に皆呼び集められたのです。神様が私たちをお召しくださり指名された裏には、全人類を悔い改めさせて、天国に導かれようとされる大きな御心があります。そのため、神様が命じられた御言葉を人々に伝えることが宣教です。

神様は、私たちが神様に代わって世の人々を悟らせることを望んでおられます。それでは、サマリアと地の果てまで行って何を伝えるべきなのか、神様が下さった答えを見てみましょう。

イザ40:3-9 『呼びかける声がある。主のために、荒れ野に道を備え/わたしたちの神のために、荒れ地に広い道を通せ。谷はすべて身を起こし、山と丘は身を低くせよ。険しい道は平らに、狭い道は広い谷となれ。主の栄光がこうして現れるのを/肉なる者は共に見る。主の口がこう宣言される。呼びかけよ、と声は言う。わたしは言う、何と呼びかけたらよいのか、と。肉なる者は皆、草に等しい。永らえても、すべては野の花のようなもの。草は枯れ、花はしぼむ。主の風が吹きつけたのだ。この民は草に等しい。草は枯れ、花はしぼむが/わたしたちの神の言葉はとこしえに立つ。高い山に登れ/良い知らせをシオンに伝える者よ。力を振るって声をあげよ/良い知らせをシオンに伝える者よ。声をあげよ、恐れるな/ユダの町々に告げよ。見よ、あなたたちの神 』

肉体は草のように空しくて、若さと美しさも束の間で、すべてのものが一瞬で過ぎ去ってしまうが、永遠の神様の御言葉通りに行う人は、天国で世々限りなく永遠の命と祝福を享受できるということを伝えなければなりません。神様の御心である新しい契約を守って、災いを免れて、救われ、永遠の天国に行こうと伝えることが、今日私たちがすべき見張りの役割といえます。

神様は私たちが恐れることも知っておられ、躊躇し戸惑うことも既にご存じです。しかし、恐れずに声を上げて「シオンに来て、神様を見よ」と叫べと言われ、“霊”と花嫁であられる神様について、世の国々に広く知らせよと言われました。

神様が指名して呼ばれて、福音のために情熱を注いで苦労する私たちの努力は、絶対に無駄ではありません。神様が無駄ではない結果を許してくださるので、ここに汗と情熱を注ぐ価値があるでしょう。激しい挑戦や迫害、妨害を受けますが、信仰を持って行(おこな)った人たちは、結局、ノアやアブラハムのように祝福された結果を得ることになるでしょう。

「私があなたを助ける」

今日この時代、神様は福音のために私たちを指名して呼んでくださり、私たちの前に立ちはだかっていたすべての障害物をすでになくしておかれました。問題は、そのような神様の御業を信じず、神様の力を理解できないことにあります。神様が「わたしがあなたを助ける、あなたと共にいる」という御言葉を数多く下さるのにもかかわらず、私たちは肉的な環境の中で判断して、神様が指名して呼んでくださった福音の使命を、時には疎かにしたり、消極的に行う愚かさを犯しているのではないかと思われます。しかし、神様が指名して呼んでくださったので、信じて進んでいきさえすれば、すべての障害物は神様が取り除いてくださるはずです。

私たちは、このようなことに、年齢の高い低いや口下手であることを心配することもあります。エレミヤやモーセ、ギデオンでさえこのような考えを抱きました。しかし、私たちには「私があなたを助ける」と言われた神様が共におられます。

時々私たちは、何が宣教であり、どんな宣教方法があり、どのようにすれば実をよく結ぶのかなど、人の経験に依存したりもしますが、そうする必要はありません。神様が伝えなさいと言われた通り、確信して神様を証しすればよいのです。生涯を漁師として生きたペトロやアンデレ、ヨハネ、ヤコブが一晩中、網を降ろしたが魚を一匹も獲れなかった時、深い所に行って網を降ろしなさいと言われたイエス様の御言葉どおりにして網が破れるほど膨大な量の魚をとったように、福音のベテランであればあるほど、人の考えではなく、神様の御言葉を頼って従うようになります。

神様が先立って行かれ、すべてのことをなさるから、私たちにただついて来なさいと言われました。また、神様の御言葉を私たちの口に授けられたので、行って世の人々に伝えなさいと言われました。神様の命令を伝えさえしたら、彼らが皆命を得て救われることができるよう、神様がすべての準備をされました。

今、世界福音が急速に進んでいることも、預言通りに天の父と母に対する真理が宣べ伝えられているからです。私たちの考えでは、うまくいかなさそうで難しそうに見えましたが、預言を信じて恐れずにシオンにおられる神様を伝えるので、多くのシオンの家族が続々と帰って来ています。世の人々が待ちに待っている存在は、何かの制度や掟ではなく、まさに神様なのです。

私たちを指名されたエロヒム神様

私たちは、天国について考えながら霊的な仕事をより一層喜んで行うべきです。世の人々と同じ考え、同じ立場で生きて行ったら、神様が指名して呼ばれた者たちと言うことはできず、神様の国に入る特別な理由はないはずです。世は地のことを考えますが、私たちは天のことを宝物のように考えるので、彼らの結果と私たちの結果は画然とした違いが生じるしかありません。

私たちはエロヒム神様を信じている人たちであり、エロヒム神様を証しするための証人として指名されお召しを受けたので、躊躇せずサマリアと地の果てまで出て行かなければなりません。神様の贖いの歴史についての設計図ともいえる創世記1章で、私たちの魂を産んでくださり命と息を与えてくださった私たちの神様、エロヒム神様に出会ってみることにしましょう。

創1:26- 『 神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の魚、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。神は彼らを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」』

「わたしたち」という複数の神様が御自分にかたどって人を創造されたのですが、男性と女性が創造されました。他の形を借りてかたどったり、天使にかたどって造られたのではなく、神様に似せて造られましたが、男性と女性が生じたと言ったので、神様の姿には男性の姿と女性の姿があると簡単に理解できます。男性の姿の神様が父なる神様であれば、女性の姿の神様は当然、母なる神様です。

結局、私たちを造られた方は、父なる神様と母なる神様です。人類創造以来、最も完全な人を造るために、天の父と母が一緒にされたのです。だから、神様を信じるといいながら、母なる神様を排除して、父なる神様だけを信じるなら、霊的な完成品になることはできません。神様を半分だけしか信じていないのに、完全な神様に救いを望むというのは愚かなことです。

エロヒム神様の栄光を伝えるエロヒスト

私たちはエロヒム神様、まさに父なる神様と母なる神様を信じているエロヒストです。終わりの時代には、エロヒム神様が御自らこの地に来られてエロヒストたちを指名して呼んでくださると言われました。

黙 14:1-4 『 また、わたしが見ていると、見よ、小羊がシオンの山に立っており、小羊と共に十四万四千人の者たちがいて、その額には小羊の名と、小羊の父の名とが記されていた…彼らは、女に触れて身を汚したことのない者である。彼らは童貞だからである。この者たちは、神と小羊に献げられる初穂として、人々の中から贖われた者たちで、その口には偽りがなく、とがめられるところのない者たちである。』

6000年の贖いの歴史において、神様を信じた多くの人が信仰を抱いて死にましたが、約束されたものを手に入れることはできませんでした。しかし、この終わりの時代には、私たちを約束の子として産んでくださる、約束の本体であられる母なる神様が登場されます。だから聖書は、父なる神様と母なる神様が完成される子供たちを完成品である、初穂であると表現され、彼らに大きな祝福があると言いました。

エロヒム神様は、御自分が創造された子供たちに天国の王の系統を引く祭司職を下さり、天地万物と宇宙を治めることができる権威まで与えてくださると約束されました。地を征服して全宇宙を治めることができる権限は、エロヒム神様の子供たちにだけ与えられます。この時代、私たちは世の初めから私たちを指名し呼んでくださったエロヒム神様に近くでお会いすることができる、大きな祝福を受けた者たちです。

2千年前、イエス様の御言葉を聞いて、直にお目にかかることを喜んだマリアを称賛された姿を見ながら、私たちも神様が近くにおられる時、恵み深い祝福の御言葉をたくさん聞いて願い求めるようにする知恵が必要です。また、福音で世の万民の胸の中に神様の恵みと祝福を植え付けて、父なる神様と母なる神様の御名が全世界に満ちるようにするべきです。預言はサタンがいくら妨害しても、必ず成就されます。

天の父と母の御心通りに成就される預言を見ながら、全世界に神様の愛と新しい契約を伝え、天の父と母の犠牲と苦労を知らせる私たちになりましょう。神様が指名して呼んでくださった人々は、一様に、神様に対する絶対的な信仰で多くの祝福を受けました。恐れることなく、周囲の状況や経験ではなく神様の御言葉を信頼した預言者たちのように、私たちと一緒におられるエロヒム神様を自信を持って伝えながら、エロヒム神様の永遠の完成品であるエロヒストになったということに、より一層誇りを持ってください。

聖書の御言葉のように私たちの人生はあまりにも短いです。美しさもほんの一瞬で、若さも歳月の中に消えていきます。永遠に生きる天国のために、さらに真心と努力を傾けて、多くの祝福を積み重ねるシオンの美しい子供たちに皆さんなられるように願います。