한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 27 28next

神様についてどれだけ知っているか?

하나님을 얼마나 알았는가

世の人々は、神様についてそれぞれ自分なりに考え、判断します。霊の存在である神様についても、その神性と権能が、人間の想像の枠を超えているため、到底推し量りにくいばかりか、神様が肉体の姿で来られようものなら、なおさら人間の知恵によって悟ることができないため、神様に対する見解は、人によってまちまちです。 初臨当時の状況を見ても、「まさか、神様が人の姿で来られるはずはないだろう」と考えていたため、イエス様のことを「気が変になっている」という者もいれば「ナザレの異端だ」(使24:5)という者もいて、神性を冒涜する者だから十字架につけるべきだと主張する者もいました。ある人は「預言者ではないか」、またある人は「エリヤなのでは」と考え、使徒ペトロやパウロのように「キリスト」であられ「神の身分、神と等しい者」であられると悟る場合もありました。 神様は、人々が神様についての知識を得て、救いに至ることを願われて、神様を証しする本である『聖書』を人類に与えてくださいました。聖書を通して神様についての正しい知識を得、正しい悟りと信仰の中で、世界万民に神様について証しできる、シオンの家族の皆さんになられるよう願います。 キリストについて、それぞれ異なる解釈をした人々 2千年前、人類にとって最も大きな喜びの知らせが、野原で羊の群れを飼っていた羊飼いたちに伝えられました。まさに人類を罪から救ってくださるキリストが、人の姿でこの地に来られたという知ら...

安息日の 意味

안식일의 의미

美しい陶磁器が完成するまでには、土をこねて焼き、釉薬を塗って乾かしてから再び窯に入れるなどの様々な過程を経なければなりません。一人の命が生まれるまでにも十月十日(とつきとうか)という長い時間、お腹の中で命が形造られる過程が必要です。 目に見える肉の世界においても、苦労する過程があってこそ一つの完成体が作られるように、神様も目に見えない霊の世界で苦労されながら、私たちを完成品へと造り上げておられます。天の市民として欠けたところのないように、毎週安息日ごとに私たちに祝福を下さり、新しい力を吹き入れてくださる神様の愛を考えながら、安息日の意味を改めて心に刻みなおしたいと思います。 霊的な罪人たちを聖なる姿に変えてくださる安息日 私たちがこの地に生まれたのは、天国で罪を犯したからです。イエス様は失われた者を捜して救うために、この地に来られました。 マタ9:13 「…わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである。」 ルカ19:10절 「…人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。」 イエス様は朝早くから祈られ、失われた者を捜すため、休むことなく宣教されました。(マコ1:35-39)。キリストの生涯の究極の目的が、人類の救いにあったからです。 「失われた者」と言われたように、私たちは本来、イエス様と一緒に天国にいた天使たちでした。イザヤ書の記録は、私たちが天...

安息日と創造主であられる神様

안식일과 창조주 하나님

神様が定められた祭りを守る聖徒たちは、祭りの中に込められた神様の摂理と、子供たちの魂を救うためなら 苦労を惜しまれない神様の愛を悟ることができます。神様の掟を純金よりもっと愛し大切に守るのは、そのためです(詩119:127、詩50:5参考)。 聖書に記録された祭りのうち安息日は、天地万物を創造された創造主の神様を記念し、敬拝をささげる日です。六日間の創造の御業を終えられ、第七日目に安息された神様は、第七日の日を祝福され、聖別されました。また、モーセの時代には、十戒の第四番目の戒めとして「安息日を心に留め、これを聖別せよ」との命令を下さいましたが、これは安息日が、神様が祝福を下さる日であり、創造主の権能を記念する日であるからです(創2:1-3、出20:8-11)。 聖父時代のみならず聖子時代にも、イエス様や使徒たちが安息日を掟として守る姿を、聖書のいたるところで確認できるように、安息日はキリスト教の信仰において、決して見過ごすことのできない重要な要素です。神様に仕える民はこの日を神聖に守ることによって聖別され清くなり、すべてにおいて創造主である神様の摂理を悟ることができるようになります。 天地万物を創造されたエロヒム神様 創世記からヨハネの黙示録まで、聖書のすべての内容は、神様がなさる肉的創造と霊的創造の過程を説明しているものだと言っても過言ではありません。まず、ソロモンが聖霊に導かれて記録した箴言を通して、神様が天地...

神聖な礼拝を神様にささげよう

거룩한 예배를 하나님께 드리자

礼拝は、神様を畏れ敬い仕える上で、絶対に欠かせない重要な要素です。神様の民は礼拝を通してすべての罪を赦していただき、神聖になる祝福を受け、神様とさらに近づけるようになります。 時々、礼拝を、ただ儀礼的に教会に出席して説教を聞く程度に考える方がいます。しかし、礼拝は説教者の流暢な話を聞くために参加するのではなく、私たちが悟るべき霊的な意味がその中に明らかに含まれています。すべての説教者は、聖徒と神様との出会いを仲介して、神様の御言葉を通して神様の御心を届ける役割をするだけです。神様にささげる礼拝の重要性と意味を、聖書の御言葉を通してもう一度確かめてみましょう。 旧約の祭祀の中に込められた礼拝の意義 旧約の律法は、将来の良いことの影であり、実体として登場する新約を予め示しているものです(ヘブ10:1)。旧約時代、イスラエルの民が神様にささげた祭祀は、新約になってから礼拝の儀式に変更されました。それゆえ、旧約時代の祭祀を研究してみると、新約時代に私たちが神様にささげる礼拝の意味を悟ることができます。 旧約の祭祀は、概ねその特徴に応じて、いくつかに区分することができます。羊や山羊のようないけにえの献げ物を焼いて、その香りで祭祀をした、焼き尽くす献げ物の祭祀(燔祭)があり、穀物を砕いて細かい粉を作り献げ物をささげた穀物の献げ物の祭祀(素祭)があります。和解の献げ物(酬恩祭)は、罪を赦してくださった神様の恵みに感謝したり、願いを...

神様は私たちを ご覧になっていらっしゃる

하나님은 우리를 감찰하신다

聖書の預言どおりに神様の御言葉が全世界に速やかに宣べ伝えられています。真理が伝えられる速度に応じて、多くの群れが集まりシオンに入って来るので、まだキリストの教えを完全に身に付けられず、世で学んだ習慣どおりに行う方もたまにいるようです。 真理の中に入って来た私たちは、神様の内で少しずつ世の垢を落として、浄化されながら、神様が切に望んでおられる正しい品性と行いを身に付けた、完成品の姿へと変わって行く過程にあります。子供たちが完全に新たに生まれ変わることを願われる神様の切なる御心を、聖書を通して調べてみましょう。 すべての人をご覧になっておられる神様 シオンのある学生部の姉妹が友達を真理の内に導きました。ところが、友達が学校で、今までの習慣どおり、ずけずけとものを言い、はばかりなく行動するのを見て、もどかしい気がしたそうです。その上友達は「見ている人もいないのに、大丈夫だ」と言い、大したことではないと考えるのでした。そんな友達に姉妹は「神様が私たちの監視カメラ」だと言ってあげたそうです。 短いですが、凝縮されたこの言葉が、新しい聖徒だけでなく、信仰生活をしているすべてのシオンの家族の心に改めて警鐘を鳴らすのではないかと思います。以前は、目撃者さえいなければ、犯罪者が自分の罪を隠すこともできたと言います。しかし、最近は監視カメラが多く普及し、24時間現場を監視しているので、事件の是非を見極めたり、犯人を逮捕するのに決定的な役...

信仰の油

믿음의 기름

天国に入るために、私たちに絶対に必要なものが、まさに信仰です。信仰がなければ、神様に喜ばれることができないという聖書の御言葉があるように(ヘブ11:6)、信仰こそ、私たちが天国に行くために必ず身に着けるべき信仰の重要な部分だと言えます。 それでは、自分自身が信仰をどれほど準備したのか、どうやって知ることができるでしょうか?病気にかかったら、体がその病気の徴候を示すように、心の中心に信仰が完全に満たされていない人は、様々な霊的病理現象が現れます。不平不満を常に言い、真理の御言葉を疑いながら、神様の御力を信じられなくなる一連の誤った考えや行動が、信仰が落ちたときに現れる症状だと見ることができます。イエス様も「悔い改めよ。天の国は近づいた」(マタ4:17)と悟らせてくださったので、日に日に天国が近づくほど、自分が天国に至るために、まだ不十分な部分が何であるかを振り返る時間を持つ必要があります。 十人のおとめのたとえ まず、十人のおとめのたとえを通して、イエス様が教えてくださった「天国の秘密」(マタ13:10-11)を調べてみましょう。 マタ25:1-13 『そこで、天の国は次のようにたとえられる。十人のおとめがそれぞれともし火を持って、花婿を迎えに出て行く。そのうちの五人は愚かで、五人は賢かった。愚かなおとめたちは、ともし火は持っていたが、油の用意をしていなかった。賢いおとめたちは、それぞれのともし火と一緒に、壷に油を入...

祝福を伝える者たち

축복을 전하는 자들

全知全能なる神様は、人生のすべての生と死と祝福と呪いを司つかさどられます。御言葉に従う人々に祝福を下したり、そうでない者には懲罰を下したりもされます。神様を宝とみなし、その教えにそのまま従う者には、祝福が約束されています(申30:15-16、ヨブ22:21-28)。 約束された御言葉どおり、神様の予定されたすべてのことが、うまくいくことを確信しながら、熱心に天国を襲い、神様がくださる祝福をすべて享受する天の子供たちになりましょう。さらにまだ祝福の道を知らず、神様の恵みの中に出て来られずにいる70億の人類に、先に祝福を受けたシオンの家族たちが祝福の便りを伝え、祝福をたくさん分けてあげられたらと思います。 祝福は神様にかかっている 聖書には、神様の御心に完全に従うことで大きな祝福を受けた人物が多く登場します。その中に、神様から「私の心に適う者」と認められたダビデがいます。ダビデはこれまで、自分が味わったすべての祝福が神様から来たことを悟り、全会衆の前で神様をほめたたえました。 代上29:10-16 『ダビデは全会衆の前で主をたたえて言った。「わたしたちの父祖イスラエルの神、主よ、あなたは世々とこしえにほめたたえられますように。偉大さ、力、光輝、威光、栄光は、主よ、あなたのもの。まことに天と地にあるすべてのものはあなたのもの。主よ、国もあなたのもの。あなたはすべてのものの上に頭として高く立っておられる。富と栄光は御前にあり...

祝福を受ければこそ成就する福音

축복을 받아야 이루어지는 복음

天の父と母の祝福の中で、聖暦の新年が明けました。去年一年間の福音の足跡を振り返ってみると、良い結果を得た地域の教会には皆、一つの共通点がありました。劣悪な環境に置かれていても、神様の祝福が臨むしかない心構えと行動で神様に感動をささげたという点です。 福音は、神様の祝福がなければ一歩も前に進むことができません。救いの歴史は、祝福の源である天の父と母なしには何も成すことができないからです。天の母の祝福の中で、今年も幸いな年になることを確信し、どのようにすれば神様のあふれる祝福を完全に受けることができるのかについて、悟る時間を持ってみましょう。 よく聞き従う時に臨む祝福 最近になって、神様の教会が栄誉あり権威ある大きな賞を相次いで受賞し、国連会談に招待されるなど、意義深い出来事が多くありました。このように驚くべき御業の裏には、神様の御言葉によく聞き従う者に祝福をお許しになるという神様の約束があります。 申28:1-10 『もし、あなたがあなたの神、主の御声によく聞き従い、今日わたしが命じる戒めをことごとく忠実に守るならば、あなたの神、主は、あなたを地上のあらゆる国民にはるかにまさったものとしてくださる。あなたがあなたの神、主の御声に聞き従うならば、これらの祝福はすべてあなたに臨み、実現するであろう。あなたは町にいても祝福され、野にいても祝福される。あなたの身から生まれる子も土地の実りも、家畜の産むもの、すなわち牛の子や羊の...

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 27 28next