한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 ... 17 18 19 20 21 22 23 24 25 ... 29 30next

聖書は救いのためのマニュアルである

성경은 구원을 위한 매뉴얼이다

電化製品を購入したら、使う前に一番最初に見なくてはいけないものがあります。それはマニュアル(説明書)です。まずマニュアルを通して、製品の機能と作動方法、使用時の注意事項など、正しい情報を熟知してこそ、購入した製品を長期間きちんと使うことができるからです。 製品に関する情報を網羅しているマニュアルのように、聖書は天国に行くためのすべての方法を提示しています。一言で言うと、聖書は「救いのためのマニュアル」と言えます。聖書66巻の中には、天国に行く方法が神様が直接下さった教えとして詳しく記録されており、救いを受ける者と滅ぼされる者たちの心の状態と言行が、実際の教訓として描写されています。 荒れ野の40年の歴史を調べて見ると、イスラエルの民が神様の怒りを買って滅ぼされた主な原因の中の一つが、感謝できず恨んだからでした。 このように感謝する心を失うと恨む心が生じ、恨む心を持っては決して天国に入ることができないという内容も、このマニュアルの中に記録されています。 神様は私たちを愛され、それも最後まで愛されます。ひたすら私たちの救いのために心を尽くされ、私たちに永遠に変わらない愛を施される神様に、いつも感謝に感謝を重ねるシオンの家族にならなければなりません。 感謝を忘れたとき芽生える恨み ある大学で、人間心理について一つの実験をしました。実験の内容は、一定の地域の中にある家々に、条件なしに、毎日玄関前に1万ウォン...

憎しみを捨てて愛に変わろう

미움을 버리고 사랑으로 변화하자

いつか、「家庭は、父親の王国であり、母親の世界であり、子供たちの天国だ」という、家庭について定義された文を見たことがあります。このように、家庭が父親の王国、母親の世界、子供たちの天国になることができるのは、家族の間でお互いに対する深い配慮と愛が存在しているためです。 私たち天国の家族も、このように互いに愛でつながっていなければなりません。神様は、争いと憎しみとねたみ等、この世で身につけた私たちの性格を、家庭という「るつぼ」の中で溶かして愛の結晶体として作っておられます。愛が溢れる魂として私たちを新しく創造されるために、霊肉間に家庭という垣根を作っておかれたのです。 「愛」の反対になる単語が「憎しみ」です。永遠なる神様の御国の人として変わっていく過程で、一番不必要なものが憎しみという要素です。胸の中から憎しみをすべて取り除いて、愛でいっぱいに満たす時、初めて私たちが天の人として完全に新たに生まれることができます。 憎しみを退ける方法は感謝 ある夫が朝、妻と激しい言い争いをして家を出たといいます。怒りを静めることができずに、大きな通りまで来た彼は、ちょうど吹いてくるさわやかな朝の風、雲の間を貫いて照らす陽の光、半透明の草色の木の葉などを見て感じたその瞬間、まるで楽園に立っているような感じを受けました。 その時、彼は「自分が犯した罪を考えれば、自分を死に追いやることもできる権限をお持ちの神様が、むしろ天の窓を...

貧しいもので成された偉大なる御業

빈천한 것으로 일으키신 위대한 역사

夢は叶うといいます。夢を見ないので叶わないのであり、夢を持ってその夢を成すために努力すれば必ず成し遂げられます。それで、西洋の格言にも「志のある所に道がある」という言葉があります。 2千年前、「あなたがたは行ってすべての民をわたしの弟子にしなさい。 父と子と聖霊の名によって洗礼を授け」(マタ28:19)と言われた時、イエス様は何の条件もつけられず、志のある人は皆行くことができるように道を開けておかれました。神様を絶対的に頼る信仰さえあったら、誰でも神様の驚くべき御業に参加できます。 自分の力不足あるいは至らなさを考えて躊躇するよりも、貧しいもので偉大なる御業を起こして来られた神様の権能を忘れずに「自分も預言の主人公になることができる」という夢を持って福音の偉大な志をもたれるよう願います。 海外から飛んでくるシオンの香り 少し前に、ニュージーランドの堂会長を通して現地の便りを聞きました。 その中で私が知っているシオンの家族は、韓国からニュージーランドへ行く前、「果たしてあの兄弟が口を開いて福音を大胆に証すことができるだろうか」と心配した人だったのですが、現地で美しく恵み深い実を豊かに結んでいるというので、とても嬉しく思いました。 またペルーから来られた堂会長を通して、似たような便りを聞きました。 韓国にいたときは、消極的な信仰生活をしていたシオンの家族が、ペルーに行ってからは、大きな声で熱烈に福音を...

わたしの喜びがあなたがたの內にあり

내 기쁨이 너희 안에

最近、シオンにうれしい便りが毎日届いています。福音がどんどん加速され、韓国でも毎月多くの魂たちが新しい命を得て、海外福音も活発に成し遂げられており、神様がシオンに祝福された預言どおり、新しいエルサレム母の栄光が日ごとにはっきりと現れ、シオンの民も名誉と名声を得ています。 この全てが、預言された御業を速やかに成し遂げられる神様の御恵みであり、シオンの家族が神様の御言葉に従順に従った結果だと考えられます。聖徒の皆さんが、天の母が悟らせてくださった教訓の御言葉に従順に従って、日々笑顔で家族たちと隣人に接したので、神様が喜ばしいことをより多く与えてくださいました。 キリストの福音は、私たちに喜びをあふれさせてくれます。いつも喜びながら生活することによって神様の御心を行い、全世界を喜びと幸せに導くシオンの家族になられることを願います。 いつも喜んでいなさい、これは神様の御心です 私たちは神様の掟を守ることが、神様の御心であることを知りながらも、いつも喜び、祈り、感謝する生活が神様の御心であるという事実を、時々忘れるときがあるのではないでしょうか。 一テサ5:16–18 『いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。』 喜ぶことも神様の御心の中の一部分です。「主よ主よ」という者ではなく、神様の御心どおりに行う...

実をよく結ぶためには

열매를 잘 맺으려면

魂を救うことへの熱い情熱を身につけたシオンの家族たちが、心を合わせ天国の福音を伝える所々で、恵み深い実が結ばれています。 私たちが霊的な実を結ぶためには、何よりも神様の御心どおり実践しなければなりません。より多くの実を切に求めすがる私たちに、神様は私たちの品性が神様から見て相応しい姿に変化した時、より多くの良い実を結ぶことができるとの教えをくださいました。このような教えを繰り返し考えながら、実をよく結ぶ秘訣について御言葉を見ながら考えていきたいと思います。 神様につながっていなさい イエス様は実を結ぶ原理について、ぶどうの木の譬を話され神様につながっている時に、実をたくさん結ぶことができると教えてくださいました。 ヨハ15:1–8 『…わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。…あなたがたが豊かに実を結び、わたしの弟子となるなら、それによって、わたしの父は栄光をお受けになる。』 実をたくさん結ぶという信仰的な結果は、神様から見て、美しく恵み深い事です。私た...

神様を賛美せよ

하나님을 찬양하라

天の母は、「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」(一テサ5:16–18)と言われた聖書の御言葉を強調されながら、たくさん感謝する人が天の父から大きな祝福を受けると言われました。 シオンの家族の皆さんは、天の母の御言葉どおり、神様にいつも感謝し栄光を帰す福音の生活をされていると信じています。すべての御業は神様が導いて行かれ、福音も神様が成就され営まれることを信じ、どんなことにも神様に感謝と栄光、賛美を帰す私たちになるならば、神様は離散した全ての天の家族を早くシオンに導いてくださることでしょう。福音の御業は、決して人の能力では成し得ないことを悟り、いつも感謝する心と喜ぶ心を持ち、祈りに勤しみ、神様から託された福音の使命を完全に遂行されるよう願います。 指揮者と指揮棒 ある音楽家が、聖歌発表会で大聖歌隊の指揮をすることになりました。 多くの人々の前で発表する大きな行事なので、彼は公演を控えて聖歌隊を集め熱心に練習をしました。そうして、発表会前日リハーサルをしてみると、ハーモニーもよく合い、皆が満足するほどの音色が出るまでになっていました。指揮者は満ち足りた気分で指揮棒を下ろし、しばらくの間休憩時間を取りました。 すると、指揮棒がころころ横に転がって舞台に声をかけました。 「舞台、舞台!今日、君は、私が...

神様の栄光を現す者

하나님의 영광을 나타낼 자

私たちは福音を伝えることで、神様の御名が栄光を受けられるようにし、善い行いで神様に栄光を帰すよう努力しています。これは結局、自分自身のための道でもあります。天の母も、神様に栄光を帰せば、その栄光は結局、自分自身のものになると教えてくださいました。 神様の栄光を現すことは、神様の民として大変重要な事柄のうちの一つです。聖書の多くの預言は、私たちが神様の栄光のために、創造された民であるという事実を悟らせてくれます。私たちがどんな存在であり、どのような信仰の道を歩む時、神様の栄光を最も大きく現すことができるのか、聖書を通して知恵を授かることにしましょう。 人生は故郷に向かう旅人の旅路 父親と息子が歩いて長い旅をしていました。道端には、いつしか絵のような美しい風景が広がって、長い旅路に疲れた旅人の目を楽しませてくれていました。 周辺の風景に魅了された息子は、目的地まで行かず、もうここでテントを張って住もうと父親にねだり始めました。息子の強い要望に答え、父親は何日かだけ休んでから行くことを許可しました。すると、調子に乗った息子はテントを張るだけでなく、周囲の木を折って垣根を作り始めたのでした。 「息子よ、あまりそうして心を注ぐ必要はないぞ。私たちは2、3日経てばここを発ち、目的地の故郷に帰らなければならないのだから、ここにあまり心を奪われてはいけないよ。」 しかし、息子は父親の言葉にはお構いなしに、がっしり木で...

恵み深い言葉、感動的な言葉

은혜로운 말, 감동적인 말

「美しい言葉で話してこそ、返って来る言葉も美しい」といいます。人から美しくない言葉を聞かないためにも美しい言葉を使うべきですが、日常生活で他人との円満な関係を維持するためにも、また正しく美しい言葉が絶対的に必要です。 ある人は、神様が人を創造された時、口を一つ作られ耳を二つ作られた理由が、「話すことより聞くことを倍しなさい」という御心からだといいます。 神様も聖書の多くの部分で、聖徒たちが「備えるべき言語」について教訓を下さいました。 自分の考えを主張して欲深かった過去の姿を脱ぎ捨てて、天の父と母の教訓で教えを受け、天の父と母が願われる美しい姿に変わらなければなりません。たくさん祈り求める中で、広く慈悲深く柔和な神様の品性に似て、周りの人を救うことができる知恵ある天の子になりましょう。 すべての悪意を捨て善い言葉で話そう この肉体の世を追う人々の間では、言葉尻で互いに争い、不和が生じることが多いです。聖書でも、舌を制御しなければ不義を行うようになるので、ただ人を造り上げる德を高めるのに役立つ善い言葉を話しなさいと何度も強調しています。 エフェ4:26–32 『怒ることがあっても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。悪魔にすきを与えてはなりません。盗みを働いていた者は、今からは盗んではいけません。むしろ、労苦して自分の手で正当な収入を得、困っている人々に分け与えるよ...

prev1 2 ... 17 18 19 20 21 22 23 24 25 ... 29 30next