한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 ... 18 19 20 21 22 23 24 25 26 ... 29 30next

弱い時に強くなる

약할 때 강함

神様の経営によって、世界福音の御業が迅速に成されているこの時代に、神様が私たちに願われる信仰は、どんなものなのか考えてみましょう。 ほとんどの人は、神様を信じていなくても、自分が弱いと感じる時には、本能的に神様を求め、頼るようになります。しかし、自分が強いと考える時には、神様を尋ね求めるより、自分の能力と力に頼ろうとする傾向があります。「弱い時に強い」という言葉は一見、矛盾しているように見えますが、信仰生活をするにおいて自分が弱いと感じる時、初めて神様を尋ね求めるようになり、一番強い神様の御力が働きかけるので、私たちが弱い時、より強くなることができるのです。 福音の道を歩んでいくとき、たまに「自分は知識が多くて、聖書も良く知っている。自分は誰よりもこの分野に一見識を持っている」と考える時があります。そうなると、神様に頼るのではなく、自分の記憶力と口弁に頼って福音を伝えるという愚かなことを犯すようになります。 世界福音の御業は、私たちの能力にかかっているのではなく、神様の御手にかかっています。どれだけ神様を求め頼るのかによって、福音の成敗が左右されるのです。 謙遜な心で神様を求め頼りましょう ソロモン王の息子レハブアムは、父から強大な国を相続し王位につきました。ソロモンの時代は、イスラエルが富国強兵を成し遂げ、周辺国家を属国化し、貢ぎ物まで受ける立場でありましたし、ソロモンの知恵と見識を学ぶために多くの人々が...

深い信仰

깊은 믿음

この世を生きながらすばらしい師匠に出会うということは、本当に幸せなことだといえます。そういう面で考えると、真の生涯の師匠となられ、永遠なる天国に導いてくださるエロヒム神様に出会った私たちは、この上なく大きな祝福を受けた者たちといえます。 私たちの真の師匠であられる神様は、ひたすら子供たちの魂の救いのために、この地まで来られ苦難の道を歩まれました。ひどい目に遭われ、苦しい時も、声を上げられず、人々のあざけりや蔑視、侮辱を黙々と耐えられた神様の忍耐と犠牲の代価として、私たちの魂が癒しを受け、救いを得られました。その御恵みに心から感謝しキリストの道に従う私たちが、どんな信仰をもってこの道を歩むべきなのかを考える時間にしたいと思います。 深い泉 心が広い人のことを指して、「懐が深い」と表現することもあります。懐が深い人は、落ち着いていて理解する心があり、あまり過ちを犯すこともなく、共にいる人も力が出るため周りに自然と人が集まります。 いつだったか「深い泉」という文を読んだことがあります。泉がどれだけ深いかは、その中に向かって石を投げ入れてみれば、すぐ分かるといいます。浅い泉は、投げた石がすぐ泉の底に当たって大きな音を出す反面、深い泉は、泉に投げた石が底に沈むまで時間がかかるだけではなく、大きな音もせず、泉の深さと同じくらい深い響きと余韻を残します。 これと同じく、人の心も他人が投げかけた言葉一つを通して、深さを測...

聖徒の生活

그리스도인의 생활

天国を望み、信仰の道を歩んでいる聖徒において、神様の御言葉を知ることも重要ですが、実践することはもっと重要なことです。この世の人たちはキリスト人に対し、神様を信じている人なら何かが違うだろうという肯定的な期待を持っている反面、キリスト人を自称する人々が悪いことをしたときには「信じているという人も何一つ変わらないんだ」と失望し、キリスト教の信仰自体に不信を抱いて、顔を背けてしまう傾向があります。 真の聖徒なら、言葉一つ行動一つにおいても、細心の注意を傾け慎重に行わなければなりません。自分一人の些細な言動が周りの人々を天国に導くこともあれば、滅亡に導いてしまうこともあります。この点を考えると、私たちは神様に召された天の子供として、神様が模範となり教えてくださった道に一途に従い、周りの人が神様を信じたくなるようにさせる美しい模範にならなければなりません。 聖徒らしい行動の重要性 次に挙げるのは、イギリスの支配から独立するために、先頭に立って行動した民族主義者ガンディーの逸話です。ガンディーは青年の頃、クリスチャンになろうとしたことがあるそうです。その頃、彼は神様を信じている家庭で下宿生活をしていたのですが、下宿の主人が3日に一度は夫婦喧嘩をしていたようです。互いに仲良く平和に生きなさいというイエス様の教えとは違い、イエス様を信じているという人々が、いつも争いながら生きている姿を見て大きく失望したガンディーは、その後、自分がキ...

試みの石

시험하는 돌

この世に生まれて一生の間、一度も試験を受けたことがない人は多分いないでしょう。原始生活をする人でなければ試験という過程なしに、よりよい生活を営むことはできず、ひとつの試験に合格しても、よりよい生活を志向するためには、またほかの試験を受けて、その試験に合格しなければなりません。 同じように、私たちも永遠なる神様の御国で御父様と御母様に仕えて、世々限りなく栄光と永遠の命の祝福を受けようとするなら、必ず試験を受けなければなりません。私たちは、そのすべての霊的な試験の過程を勝ち抜かなければなりません。試練と試験という過程を超えた人に、神様のすべての祝福が臨むようになっています。 シオンの礎と試みの石 神様はひとつの石をシオンに置かれて試み(つまずき)の石にすると同時に、シオンを築く基盤の礎にされると言われました。 イザ28:16 『それゆえ、主なる神はこういわれる。「わたしは一つの石をシオンに据える。これは試みを経た石/堅く据えられた礎の、貴い隅の石だ。信ずる者は慌てることはない。』 建物を建てる時、基盤になる石がなかったら崩れるしかないように、この石によらなければ決してシオンが存在することはできません。私たちが信仰を築くにあたっても、試みの石を通過しなければ、信仰の基礎をつかむことができず、永遠なる神様の御国も、救いと永遠の命も望むことはできないでしょう。 預言者イザヤは神様がこの地に来られる時、御自...

シオンのかなめ石

시온의 요긴한 모퉁이 돌

人々は、神様がこの地に登場される時に、想像もできないほどの栄光に満ちた姿で来られると考えています。しかし聖書は、神様がとても平凡な姿で来られるため人々が見極めることができず、かえって神様が彼らには罠となり、落とし穴になるだろうと預言しています。 このように人々の常識とは違う姿で、私たちのもとに来られる神様を、どのように受け入れることができるか、聖書の歴史を調べながら、私たちに向けられた神様の御心を理解する時間を持つことにします。 密かに来られる神様 朝鮮王朝時代に、王の密命を受けて民情を探るため密かに地方を巡行し官史たちを監察する勅使制度がありました。王の志をしっかり行っているか、また民を苦しめていないかを探るために、密行勅使たちはしわになった帽子、洗っていない礼服、すりへったわらじを履いて、とても見窄らしい姿で視察に出かけました。本来なら、数多くの随行員をつれて豪華な籠に乗って行くこともできる身分ですが、身分を明かして歩いたら、彼に気付いた役人たちが普段と違う見せかけの行動をするに決まっているし、またそうなると民情を正確に探ることができなくなってしまうからでした。 神様が燦爛たる栄光と権能の姿のままで来られるのではなく、私たちと同じ人の姿でこの地に来られたのも同じ理由からです。昔、イスラエルの民は、シナイ山で発せられる神様の御声を聞いただけでも、とても怖がりモーセが代弁することを願いました。そのような神様が、...

来るべき方は、あなたでしょうか

오실 이가 당신이오니까

神様は、すべてのことを知っておられる全知全能なる方ですが、人はそうではありません。神様が人類の救いのために人の姿でこの地に来られる時、人が自分の知恵で神様を見極められないので、聖書はキリストを知ることは神様の秘密であり、キリストの中に知恵と知識のすべての宝が隠されていると説明しています。 神様の秘密であるキリストを受け入れようとしたら、神様の知恵が込められている聖書を調べてみなければなりません。すべてを知っておられる神様が記録された聖書の御言葉を完全に信じる人だけが、救い主である神様を正しく見極め、受け入れることができます。 浸礼者ヨハネの疑い 二千年前、神様が人の姿で「イエス」という名で来られたので、この世はその方を知ることができませんでした。信仰を持てず、疑って『来るべき方は、あなたでしょうか』 という人々の質問に、神様はどんな答えを下さったのか調べてみましょう。 マタ11:2─6 『ヨハネは牢の中で、キリストのなさったことを聞いた。そこで、自分の弟子たちを送って、尋ねさせた。「来るべき方は、あなたでしょうか。それとも、ほかの方を待たなければなりませんか。」イエスはお答えになった。「行って、見聞きしていることをヨハネに伝えなさい。目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている。わたしにつまずかない人は...

サタンの妨害と神様の勝利

사단의 훼방과 하나님의 승리

東方から西方まで福音が宣べ伝えられている今、天の御父様が時さえ決められれば神様の御業は速やかに成就されるでしょう。その時と時期(最後の日)が間近に差し迫るほどサタンの妨害はより激しさを増すので、神様の聖徒には今よりも甚だしい迫害と試練と試みで苦しみにより苦痛と困難を経験することが増えるかもしれません。 聖書で、サタンがどのように神様の真理を妨げるのかその様子を調べ、またヨハネの黙示録18章に記録されたように、結局サタンに勝つ方は神様であると言われたので、神様の勝利についても調べ、確信と喜びをもって信仰の道を勝ち抜いて行ける信仰になることを願います。 サタンの妨害から神様が勝ち抜かれ勝利することで聖書は締め括られていしますが、その業の進行過程は本当にひやひやして手に汗握る瞬間の連続だと言えます。このような終わりの時代に生きている私とみなさんは、神様の御恵みの中で、より多くの祈りと、より大きな信心と、より確固たる信念と信仰を持ち、天国の門が開くその瞬間まで信仰の競走に最善の努力を尽さなければなりません。 「死に至るまで忠実であれ。そうすれば、あなたに命の冠を授けよう」(黙2:10)と約束された神様の御言葉に望みをかけ、サタンの妨害から神様と共に勝ち抜く子にならなければなりません。 キリストの使徒と欺く者に仕える者 今日、世の中にはたくさんの教会があります。まるで神様に仕えるために立てられたように見える教会では、十字架を掲げて多くの...

互いに仕える者になろう

서로 섬기는 자 되자

「大地は主を知る知識で満たされる」と仰せになられた祝福ある栄光の預言が、刻々と現実に現われています(イザ11:9参考)。皆が悔い改めて救いに至ることを願われる神様の御心を奉じて、全世界を救おうとする運動が加速されていくこの時に、私たちが今すべきことは果たして何であるか考えてみましょう。 聖徒たちは神様の掟とキリストに対する信仰を守る人々です(黙14:12)。「掟」といえば、シオンの家族たちは、新しい契約の掟を先に思い浮かべますが、掟の中には聖徒として基本的に守るべき掟と共に、心構えに対して教えられた御言葉も含まれています。神様に栄光を帰し、お互いに愛しながら気配りする等、聖徒として備えるべき品性も私たちが実践すべき神様の聖なる掟といえます。 すべて守るように教えなさい 神様の教えは皆、私たち魂の救いの為に仰せられた大切な御言葉です。ある部分は重要だと思って、ある部分はあまり重要じゃないなどと考えてはいけません。神様は御言葉に加減するなと重ねて命じられ、2千年前、この地で福音の御業を終えて昇天なさる時も次のように願われました。 マタ28:18–20 『イエスは、近寄って来て言われた。「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。…』 キリストが私たちに仰せられた...

prev1 2 ... 18 19 20 21 22 23 24 25 26 ... 29 30next