한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 ... 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 next

主の箱

여호와의 궤

聖書は旧約と新約、すなわち神様が人類に下さった古い契約と新しい契約で構成されています。旧約、つまり古い契約の中心には聖所があり、聖所の中でも一番重要な至聖所の中には契約の箱がありました。 契約の箱とは、十戒が記録された石の板を保管している箱です。神様の法が納められているということで法の箱とも言い、証しの御言葉が納められているということで証しの箱とも言います。一般的には神聖な箱という意味で聖なる箱として知られています。 旧約の歴史の中で、契約の箱に関連した事件が多く記録されているのですが、これは契約の箱の重要性を知らせる内容でもあります。契約の箱によって祝福を受ける人物がいるかと思えば、呪いを受け、滅ぼされる人物もいます。彼らに起こったことは前例として私たちの鏡と警告として記録されているので(一コリ10:11参照)、過ぎ去った歴史を通して、私たちは契約の箱の実体を悟って、救いの祝福にあずからなければなりません。 ケルビムが守っていた命の実と契約の箱 創2:16─17 『主なる神は人に命じて言われた。「園のすべての木から取って食べなさい。ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。」』 創世記に記録されたエデンの歴史を調べてみると、神様がアダムとエバに善悪の知識の木の実を食べてはならないと禁令を下されましたが、彼らは善悪の実を食べることにより罪を犯し、結局人類に死をもたらした始祖になりました。し...

試みに勝つ者になりなさい

시험을 이기는 자 되라

天国に向かって信仰の道を駆けていく人は、時に試みという障害に遭遇するようになります。試みに勝ってこそ、霊的なカナンである天国まで無事に行くことができるのですが、勝つことができず途中で座り込んでしまったら、天国はそれだけ遥か遠くのものになってしまいます。 現在の信仰を熱烈に燃やすことも重要ですが、何よりも試みに勝利することができる信仰の精神を大切に持ち続けて、永遠なる天国まで根気強く駆けて行かなければなりません。試みは、私たちが最初に信仰生活を始めるときにも訪れますが、天のカナンに近づくほどもっと激しくなるのは仕方ありません。ひたすら神様に向けられた信仰と天国への望みが変わることなく、いつも肯定的な態度で神様にのみ頼り進んでいくことが、試みに勝つ近道になるという事実を、聖書を通して共に考えてみることにします。 荒れ野生活の教訓 創世記を読んでみると、イスラエルの歴史の中で、一つ興味深い事実を発見することができます。ヤコブが家族をすべて導いてエジプトに移住したとき、彼らの数はたった70人でした。しかし、エジプトで大民族と成すと約束された神様の祝福を得て、430年が過ぎた出エジプトの当時、イスラエルの民は20歳以上の壮年男子の数だけでも60万人に上りました。ところが、荒れ野で40年が過ぎてカナンの地に入る前に再び人口調査をしたときには、数字が少しも増えておらず、20歳以上の壮年男子がそのまま60万人でした。 神様の祝福で驚くほど増えた...

福音の兵士

복음의 군사

聖書には戦争の歴史が多く記録されています。神様が共におられるかどうかによって、ある時は勝ち、ある時は負けた数々の記録は、私たちがどんな信仰と姿勢で霊的な戦争に臨まなければならないのかを見せてくれる内容です。 神様は、私たちを福音の兵士として召してくださいました。福音の兵士たちに必要な精神的姿勢と準備は何なのかを調べて、神様にふさわしい福音の兵士として武装する時間を持つことに致しましょう。 兵士を選ばれる神様の基準 ギデオン当時の歴史の中で、私たちは神様が兵士を選ばれる場面を見ることができます。ミディアンに征服されたまま奴隷として暮らしていたイスラエルを解放するため、神様はギデオンを呼ばれ、軍隊を召集されました。このとき3万2千人が志願しましたが、最終的に選ばれた人数はたった300人でした。 士7:1–8 『…主はギデオンに言われた。「あなたの率いる民は多すぎるので、ミディアン人をその手に渡すわけにはいかない。渡せば、イスラエルはわたしに向かって心がおごり、自分の手で救いを勝ち取ったと言うであろう。それゆえ 今、民にこう呼びかけて聞かせよ。恐れおののいている者は皆帰り、ギレアドの 山を去れ、と。」こうして民の中から二万二千人が帰り、一万人が残った。主はギデオンに言われた。「民はまだ多すぎる。彼らを連れて水辺に下れ。そこで、あなたのために彼らをえり分けることにする。…水を手にすくってすすった者の数は三百人であった。他の民は皆膝を...

満足することを学びなさい

자족함을 배우라

最近、福音が短期間に海外へ迅速に伝えられています。これは、シオンの家族がどこに行っても満足していつも感謝しているので、神様が聖霊の力をより多く下さったからだと思います。 経済的、文化的な条件上、福音を伝えることが決して簡単でない所でも、シオンの家族は喜んで働いています。皆一様に、大変で難しい状況であるほど、天の父と母と同行していることをいつも悟るようになると言います。困難と苦しみの中でも恨むことなく、ひとえに喜び感謝するのですから、海外福音がどうしてうまくいかないことがあるでしょうか。そのことに満足できる心を見ると、やはり天の家族だ、自分の兄弟であり姉妹だという自負心が得られます。 どのような状況であっても満足する宣教者の姿勢 韓国に比べて、あまり条件のよくない海外に宣教するために出掛けて行った若い宣教師夫婦がいました。その方たちは困難な条件の中でも、常に明るい表情で聖徒たちや隣人に接して、大変な仕事にも率先して奉仕し、多くの福音の実を結んでいます。どこでも真心は通じるものなので、現地の聖徒たちの間でも称賛の声が高まっています。 一度、その方たちとイーメールで連絡を取り合い、大変なことはないかと尋ねると、その場所に送ってくださった神様により感謝しているという返事が返って来ました。そこで福音を伝えてみると、天の父がこの地に来られて福音を初めて始められた時、どれだけ苦労されたのかを考えるようになり、天の母が福音を始められた時、ど...

ソロモンの裁判と御母様

솔로몬의 재판과 어머니

聖書は神様について証しする本として、エロヒム神様、すなわち父なる神様と母なる神様を証ししています。故に聖書66巻は父なる神様に対する内容だけではなく、母なる神様に対する真理もアダムとエバとの関係、アブラハム家の歴史、新しいエルサレムの預言などを通じて一貫されるように証しされています。 キリストである御父様と御母様を知ることが、聖書の最大の秘密です。そのためこの世の神(サタン)はキリストの栄光が照らされないように、人々の心を惑わすと言いました(二コリ4:4)。ただキリストの血で救われる聖徒たちだけが、神様に知恵と聡明さを授かり、神様の秘密であるキリストを悟ることができます。 ソロモンの名判決 ダビデ王の息子としてイスラエルの3代目の王だったソロモンは、世の中で一番賢い人と知られています。ソロモンの知恵は非常に有名で、これを聞くために四方の隣国からでも訪問するほどだったと言います。 聖書は、ソロモンが神様から知恵を受けたと記録しています。彼は一千頭もの焼き尽くす献げ物をささげて切に祈った結果、夢で神様と出会ったと言います。その時、彼は裁判を聞いて判断することができる知恵を神様に求めました。民たちの間には、常に是非を選り分けなければならない裁判が多かったので、彼らの最終的な裁判官である王として、民たちが誤った判決によって悔しさを経験しないように知恵を求めたのです。 こんな彼に神様は、知恵だけではなく彼が求めなかった富と栄光も下さいま...

謙遜の道

겸손의 도

「悔い改めよ。天の国は近づいた。」 天国の福音を伝えられた時、キリストは一番先に悔い改めることを促されました(マタ4:17)。悔い改めの初めの一歩は、罪人であることを自覚し、自分を低くすることにあります。従って、私たちが天国を望み、完全なる悔い改めを成そうとしたら、謙遜の道を学ばなければなりません。 謙遜は高慢の反対の概念です。エゼキエル書28章とイザヤ書14章で、ティルスの王とバビロンの王の前世での生涯について研究してみると、高慢な心が罪を犯す源であることを発見できます。 高慢になることによって、私たちは天で明けの明星、曙の子の悪なる犯罪の渦に巻き込まれ、この地に落ちて来ました。天国で栄光の地位にいた天使たちが、高慢によって自分を汚し罪を犯して地上世界に追われて来たという事実は、なぜ私たちが今日、神様の前により謙遜な姿勢で自分を低くし、信仰の道を歩まなければならないのか、その理由を悟らせています。 キリストの謙遜を学ぼう 宗教改革者であるマルティン・ルターは、彼の信仰について尋ねる人たちに「わたしはイエスを学ぼうとした時、その方の奇跡を学ぼうとしたことはただの一度もない。ただイエスが行われた謙遜を学ぼうとしただけだ」と答えたそうです。 失われたものを捜して救うために来られたイエス・キリストは、弟子たちに謙遜についての多くの教えをくださり、御自ら謙遜の手本を見せてくださいました。使徒パウロは聖徒たちにキリストの心を抱くよう丁...

命の水の泉

생명수의 샘

エルサレム母の救いが世界に伝えられる中、世界の各大陸から多くの魂が神様のもとに来ています。どんな所でも「御母様」という真理の教えが、霊的なマスターキーになって、閉ざされていた心が、この鍵さえ触れれはすべて開かれることは、驚くべき事です。 数年かけて伝えても福音を聞かなかった人々が、短い期間で心の門を開き、真理の中に来ることができたということは、母なる神様に対する真理でなくては成されなかった福音の御業ではなかったかと思われます。聖書はエルサレムから湧き出る命の水が至る所では、すべての生物が生き返ると預言しています。 命の水の泉の源に対する御言葉を検討しながら、全人類を命の水の泉に導かれる神様の愛をもう一度悟って見ましょう。 霊的な飢渇に苦しむ人々 今日、キリスト教は世界的にますます衰退する傾向にあります。韓国も1990年代を頂点に、毎年キリスト教徒が減っているし、長年のキリスト教の伝統を誇るヨーロッパ各国やアメリカでさえ名前はクリスチャンとして教籍簿に登録しても、教会には出席しない信者が大多数です。礼拝堂は規模が大きいですが、実際礼拝に来る人の数字は極めて少ないという実情がみられ、神様を敬拝する事がそれ程生活から遠くなっているということが分かります。 神様を信じては来ましたが、彼らの魂はいまだに何か満たされない渇きを感じているのです。世界は今、霊的な飢渇に苦しんでいます。 アモ8:11─13 『見よ、その日が来ればと/主な...

過越祭の犠牲の意味

유월절 희생의 의미

信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することだと言われたように、預言を確信し、神様の御国を熱望するシオンの家族たちが、エルサレム母の栄光を全世界に知らせた結果、多くの魂がシオンに帰ってきています。 私たちが天の父と母を誇らしく思い、その栄光を現したら、御父様と御母様は、私たちにあふれるような祝福の結果を許されるはずです。そんな次元で、過越祭の犠牲の意味を繰り返して考えながら、神様が与えられた肉と血について一緒に考えてみたいと思います。 自分の血で子を生かした母親 ロシアに大きい地震が起き、村全体が埋没された時のことです。地震で廃虚になった村に赤ちゃんと母親が数日間、何とか生き延びていました。建物が倒れたとき負傷し、意識を失った母親は赤ちゃんの泣き声にやっと意識を取り戻しました。目を覚ましてみたら、あたりは死の村になり、赤ちゃんと自分は、地震のため倒れた残骸の中に埋もれた状態でした。そばで泣きしきる赤ちゃんに乳を飲ませようとしても、数日間一口の水も飲んでおらず気力が尽きた状態だったので乳が出ませんでした。このまま放っておいたら母親の命も危ないし、赤ちゃんの命も危なくなるのが目に見えていました。 母親は、救助隊が来るまで赤ちゃんを生かそうとする思いで、悲壮な決心をしました。周りに見える鋭い石で指を切り、そこから流れ出る血を赤ちゃんに乳の代わりに飲ませました。 数日後、救助隊が到着し、埋もれていた母親と赤ちゃんに救助...

prev1 2 ... 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 next