한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 ... 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 next

満足することを学びなさい

자족함을 배우라

最近、福音が短期間に海外へ迅速に伝えられています。これは、シオンの家族がどこに行っても満足していつも感謝しているので、神様が聖霊の力をより多く下さったからだと思います。 経済的、文化的な条件上、福音を伝えることが決して簡単でない所でも、シオンの家族は喜んで働いています。皆一様に、大変で難しい状況であるほど、天の父と母と同行していることをいつも悟るようになると言います。困難と苦しみの中でも恨むことなく、ひとえに喜び感謝するのですから、海外福音がどうしてうまくいかないことがあるでしょうか。そのことに満足できる心を見ると、やはり天の家族だ、自分の兄弟であり姉妹だという自負心が得られます。 どのような状況であっても満足する宣教者の姿勢 韓国に比べて、あまり条件のよくない海外に宣教するために出掛けて行った若い宣教師夫婦がいました。その方たちは困難な条件の中でも、常に明るい表情で聖徒たちや隣人に接して、大変な仕事にも率先して奉仕し、多くの福音の実を結んでいます。どこでも真心は通じるものなので、現地の聖徒たちの間でも称賛の声が高まっています。 一度、その方たちとイーメールで連絡を取り合い、大変なことはないかと尋ねると、その場所に送ってくださった神様により感謝しているという返事が返って来ました。そこで福音を伝えてみると、天の父がこの地に来られて福音を初めて始められた時、どれだけ苦労されたのかを考えるようになり、天の母が福音を始められた時、ど...

ソロモンの裁判と御母様

솔로몬의 재판과 어머니

聖書は神様について証しする本として、エロヒム神様、すなわち父なる神様と母なる神様を証ししています。故に聖書66巻は父なる神様に対する内容だけではなく、母なる神様に対する真理もアダムとエバとの関係、アブラハム家の歴史、新しいエルサレムの預言などを通じて一貫されるように証しされています。 キリストである御父様と御母様を知ることが、聖書の最大の秘密です。そのためこの世の神(サタン)はキリストの栄光が照らされないように、人々の心を惑わすと言いました(二コリ4:4)。ただキリストの血で救われる聖徒たちだけが、神様に知恵と聡明さを授かり、神様の秘密であるキリストを悟ることができます。 ソロモンの名判決 ダビデ王の息子としてイスラエルの3代目の王だったソロモンは、世の中で一番賢い人と知られています。ソロモンの知恵は非常に有名で、これを聞くために四方の隣国からでも訪問するほどだったと言います。 聖書は、ソロモンが神様から知恵を受けたと記録しています。彼は一千頭もの焼き尽くす献げ物をささげて切に祈った結果、夢で神様と出会ったと言います。その時、彼は裁判を聞いて判断することができる知恵を神様に求めました。民たちの間には、常に是非を選り分けなければならない裁判が多かったので、彼らの最終的な裁判官である王として、民たちが誤った判決によって悔しさを経験しないように知恵を求めたのです。 こんな彼に神様は、知恵だけではなく彼が求めなかった富と栄光も下さいま...

謙遜の道

겸손의 도

「悔い改めよ。天の国は近づいた。」 天国の福音を伝えられた時、キリストは一番先に悔い改めることを促されました(マタ4:17)。悔い改めの初めの一歩は、罪人であることを自覚し、自分を低くすることにあります。従って、私たちが天国を望み、完全なる悔い改めを成そうとしたら、謙遜の道を学ばなければなりません。 謙遜は高慢の反対の概念です。エゼキエル書28章とイザヤ書14章で、ティルスの王とバビロンの王の前世での生涯について研究してみると、高慢な心が罪を犯す源であることを発見できます。 高慢になることによって、私たちは天で明けの明星、曙の子の悪なる犯罪の渦に巻き込まれ、この地に落ちて来ました。天国で栄光の地位にいた天使たちが、高慢によって自分を汚し罪を犯して地上世界に追われて来たという事実は、なぜ私たちが今日、神様の前により謙遜な姿勢で自分を低くし、信仰の道を歩まなければならないのか、その理由を悟らせています。 キリストの謙遜を学ぼう 宗教改革者であるマルティン・ルターは、彼の信仰について尋ねる人たちに「わたしはイエスを学ぼうとした時、その方の奇跡を学ぼうとしたことはただの一度もない。ただイエスが行われた謙遜を学ぼうとしただけだ」と答えたそうです。 失われたものを捜して救うために来られたイエス・キリストは、弟子たちに謙遜についての多くの教えをくださり、御自ら謙遜の手本を見せてくださいました。使徒パウロは聖徒たちにキリストの心を抱くよう丁...

命の水の泉

생명수의 샘

エルサレム母の救いが世界に伝えられる中、世界の各大陸から多くの魂が神様のもとに来ています。どんな所でも「御母様」という真理の教えが、霊的なマスターキーになって、閉ざされていた心が、この鍵さえ触れれはすべて開かれることは、驚くべき事です。 数年かけて伝えても福音を聞かなかった人々が、短い期間で心の門を開き、真理の中に来ることができたということは、母なる神様に対する真理でなくては成されなかった福音の御業ではなかったかと思われます。聖書はエルサレムから湧き出る命の水が至る所では、すべての生物が生き返ると預言しています。 命の水の泉の源に対する御言葉を検討しながら、全人類を命の水の泉に導かれる神様の愛をもう一度悟って見ましょう。 霊的な飢渇に苦しむ人々 今日、キリスト教は世界的にますます衰退する傾向にあります。韓国も1990年代を頂点に、毎年キリスト教徒が減っているし、長年のキリスト教の伝統を誇るヨーロッパ各国やアメリカでさえ名前はクリスチャンとして教籍簿に登録しても、教会には出席しない信者が大多数です。礼拝堂は規模が大きいですが、実際礼拝に来る人の数字は極めて少ないという実情がみられ、神様を敬拝する事がそれ程生活から遠くなっているということが分かります。 神様を信じては来ましたが、彼らの魂はいまだに何か満たされない渇きを感じているのです。世界は今、霊的な飢渇に苦しんでいます。 アモ8:11─13 『見よ、その日が来ればと/主な...

過越祭の犠牲の意味

유월절 희생의 의미

信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することだと言われたように、預言を確信し、神様の御国を熱望するシオンの家族たちが、エルサレム母の栄光を全世界に知らせた結果、多くの魂がシオンに帰ってきています。 私たちが天の父と母を誇らしく思い、その栄光を現したら、御父様と御母様は、私たちにあふれるような祝福の結果を許されるはずです。そんな次元で、過越祭の犠牲の意味を繰り返して考えながら、神様が与えられた肉と血について一緒に考えてみたいと思います。 自分の血で子を生かした母親 ロシアに大きい地震が起き、村全体が埋没された時のことです。地震で廃虚になった村に赤ちゃんと母親が数日間、何とか生き延びていました。建物が倒れたとき負傷し、意識を失った母親は赤ちゃんの泣き声にやっと意識を取り戻しました。目を覚ましてみたら、あたりは死の村になり、赤ちゃんと自分は、地震のため倒れた残骸の中に埋もれた状態でした。そばで泣きしきる赤ちゃんに乳を飲ませようとしても、数日間一口の水も飲んでおらず気力が尽きた状態だったので乳が出ませんでした。このまま放っておいたら母親の命も危ないし、赤ちゃんの命も危なくなるのが目に見えていました。 母親は、救助隊が来るまで赤ちゃんを生かそうとする思いで、悲壮な決心をしました。周りに見える鋭い石で指を切り、そこから流れ出る血を赤ちゃんに乳の代わりに飲ませました。 数日後、救助隊が到着し、埋もれていた母親と赤ちゃんに救助...

母なる神様の愛

어머니 하나님의 사랑

過ぎ去った時間を振り返ってみると、私たちが肉身の母親を通しても多くの愛を受けましたが、霊的にも霊の母を通して限りない愛を受けてきたことを改めて悟ることができます。私たちは能力にも欠け、何も持っていなくても、私たちを選んで下さり、永遠なる天国にまで導いて下さる天の母の御恵みに、心から感謝せずにはいられません。 神様は私たちといつも共におられ、愛ですべてのことを施しておられます。今、この瞬間も至らない私たちを信じて下さり、励まして下さって永遠なる天国まで導いて下さる天の母の愛を、聖書を通してもう一度理解する時間を持つことにしましょう。 神様は愛です 神様は条件なしで、無限に施される愛で私たちを今日まで護って下さり、導いて下さいました。「枝の多い木に風が静まる日なし」といいますが、数多くのシオンの子供たちが平安で天の望みと救いの喜びの中で生きることができるのも、すべて天の父と母の御恵みです。ですから、神様は愛であると聖書に記録しています。 一ヨハ4:7─9、16─19 『愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです。愛することのない者は神を知りません。神は愛だからです。神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。…愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。こうして、愛がわたしたちの内...

神様を思いなさい

하나님을 생각하라

年が変わって月が変わる度に、各自それなりにさまざまな計画を立てるでしょう。私たち自らの能力に頼るよりは、神様に頼るのがすべての計画を成し遂げる近道です。仕事の計画は人の手によって立てたにせよ、その仕事を成功させる方は神様だということを私たちは聖書を通じて、私たちの生活を通じて確認しています。 実を見る時根を思いなさい 人々は実を豊かに結んだ木を見る時、目に見える実と枝だけを見て、見えない根の役目と力に対して関心を持たないことがよくあります。しかし私たちは、実や実を結んでいる枝に気をつかうだけでなく、美しい実を結ぶまで水と養分を供給した根の存在を考えなければなりません。木の枝がいくらしっかりして丈夫であっても、根という存在がなくては木は大きくなりません。そして決して実を結ぶこともできません。 私たちも福音の実を結びながら、見えない所で私たちを助けて力を下さる神様の御力を忘れて、実を結んだ枝として現われる私たち自身を先に考える時があるのではないかと思います。事が成就する可否は、全面的に神様にあるのであって、私たちの能力と智略にあるのではありません。だとすれば、私たちは常に神様を先に考えなければなりません。神様が私たちが住んでいるこの世を経営され、すべての国、すべての民族を導かれるという事実を悟らなければなりません。このような事実を悟るようになる時、私たち各自の目標と、また私たちが持っている福音の目標が確実に成し遂げられるのです。 旧...

新たに生まれる

거듭남

世を生きて行くには、多くの困難や試練があります。各自が自分なりの十字架を担って苦難の道を歩いて行くのが人生の旅路です。 しかし、神様をお迎えした私たちの生涯には神様の御計画があります。この事実を悟るようになれば、現在経験している困難なことが救いに導かれる神様の遠大なる御計画の一環であることが分かります。私たちのために神様は私たちが新たに生まれる過程を準備された事実も理解できることと信じます。 逆境と苦難の中に神様の御計画がある アメリカであったことです。シカゴのある商店で火事が起こり、一瞬で、商店が丸焼けになりました。商店の主人は困難の中自力で財産を築いて来た人でしたので、これを見守って来た隣人と得意先は彼の不幸を大変心配したそうです。 多くの人たちが灰になってしまった建物を見て同情をしていたある日、灰の山の上にある小さな立て札が目につきました。その立て札には「明日から私はまた始めます。私は決して絶望しません」という字が書いてありました。 商店の主人は立て札の側に小さな坐板を広げて、商店で売っていた品物の一部を並べて商売を始めました。人たちがそれを見て苦労のあげく築き上げた店が一瞬にして灰の堆積になったにもかかわらず、挫折しない彼を見てとても感動しました。その日から彼を少しでも助けようという世論が起こって商品を坐板に並べるやいなや、直ちに売れ出したのでした。彼はいくばくもなく財産を集め、店の燃け跡に以前よりも立派な建物を建てる...

prev1 2 ... 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 next