한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 ... 20 21 22 23 24 25 26 27 28 next

予想しない日、来られる神様

생각지 않은 날 오시는 하나님

人は平安で安全だという考えにふけるようになると、表向きはキリスト者でも、内面的にはキリスト人の姿を備えられない場合があり、艱難と迫害のさ中では熱心であった信仰が、そうでない時はむしろ神様を忘れてしまう場合もあります。 聖書は、私たち人間を創造された造り主なる神様が記録された御言葉であるので、人間の心を一番詳しく明確に表現した本です。私たちの人間の内面的世界を一番よく御存知の神様は、聖書66巻に人間がサタンの邪術に倒れず、救いにあずかるように、時には懲らしめ、時には目覚めさせて下さりながら、怠惰な生活をおくらないように導いて下さる御言葉を記録して置かれました。 「遅く来られる」という考えと「早く来られる」という考えの違い 聖書でこのような神様の御言葉にあずかる時、一番重要なことはこれを受け入れる私たちの考えです。考えは人間の行動を左右する原動力です。預言者エレミヤはこの考えに対する結果によって、災いを招いたり祝福を招いたりするという教えを伝えました。 エレ6:17-19 『わたしは、「あなたたちのために見張りを立て/耳を澄まして角笛の響きを待て」と言った。しかし、彼らは言った。「耳を澄まして待つことはしない」と。「それゆえ、国々よ、聞け。わたしが彼らにしようとすることを知れ。この地よ、聞け。見よ、わたしはこの民に災いをもたらす。それは彼らのたくらみが結んだ実である。彼らがわたしの言葉に耳を傾けず/わたしの教えを拒んだからだ。』...

神様の人よ

너, 하나님의 사람아

天の御国で罪を犯して魂の逃れの町であるこの地に追いやられた哀れな人類を救われるために、神様はきずや汚れのないキリストの血によって贖い、すなわち罪の赦しを下さり神様の子として新たに生まれさせ、天の御国に再び帰ることができる御恵みと祝福を下さったのです。 神様の子として生まれ変わった私たちが、神様に一番先に願うことがあるとしたら何でしょうか。また、神様が子であるわたしたちに、一番願われる御旨は何でしょうか。それは正に永遠の命です。神様は子が永遠の命を得て天国で喜んでいることを願っておられるのです。 信仰の戦いを立派に戦い抜いて、永遠の命を手に入れなさい 一テモ6:11-12 『しかし、神の人よ、あなたはこれらのことを避けなさい。正義、信心、信仰、愛、忍耐、柔和を追い求めなさい。信仰の戦いを立派に戦い抜き、永遠の命を手に入れなさい。命を得るために、あなたは神から召され、多くの証人の前で立派に表明したのです。』 神様は、子である私たちに、永遠の命を手に入れなさいと言われました。しかし、永遠の命を手に入れるまで、私たちには通らなければならない関門があります。それは正義と信心と信仰と愛と忍耐と柔和を追い求め、信仰の戦いを立派に戦い抜くことです。 私たちがこの世を生きて行く中で、人それぞれ辛い事情を持つようになります。自分だけの避け難い事情と自分だけ知っている苦痛が私たち各自にとって肉体の刺になるのです。 神様の御業を果たしている預...

あなたがたは行って弟子にしなさい

너희는 가서 제자를 삼으라

神様は私たちに「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい」という御言葉を下さいました。私たちはこの御言葉に頼って、聞き従い、弟子をつくることを何よりも重要視して多くの努力と真心を尽くして来ました。 しかし、誰でも弟子をつくる宣教師の資格があるのでありません。神様が遣わす宣教師の資格条件を聖書を通して調べ、今日私たちは福音を伝える宣教師として物足りないところはないか省みることにします。 マタ28:16-20 『・・・だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」』 「・・・弟子にしなさい・・・」という御言葉は英文聖書で調べてみると「・・・ make disciples・・・」すなわち「弟子を作りなさい」となっています。 師匠が持っているすべてのもの、すなわち神様に対する愛と信仰をもって行うすべての恵ましい心が、弟子にそのまま伝えられて継承されるので、弟子を作る師匠は宣教師としてまず備えなければならない部分を完全に備えていなければなりません。立派な精神と立派な信仰を持っている師匠が立派な弟子を育成することができるからです。そうでなくては弟子たちに善くない模範になって人間的なことと欲ばかり伝えるようになるのです。 したがって、私たちが伝え...

大きくて強い者

크고 강한 자

神様の新しい契約の福音の光が言葉では言い尽くしえぬほど速やかに展開されているので、敵であるサタンたちがほえたける獅子のように福音の光彩を撹乱させるためにさまざまな妨害と権謀を企みてています。 しかし私たちは神様に対した絶対的な信仰、救いの望み、本物の真理の内にいて真理を守護するんだという力強い熱意で神様の武具を身に着けて平安の福音の靴を履いて、宣教することで悪霊との戦いに勝利することができます。敵であるサタンが世のすべてのものを動員して私たちに敵対するにせよ、私たちは充分勝利することができるという確信をもって福音に臨むので福音の光が一層明るく輝いてもっと多くの命を救っているのです。 神様に絶対的に頼る者は強い みなさまはこの世で誰が一番大きくて強い者だと思いますか。聖書によれば、神様を絶対的に頼る人とあります。 諸葛孔明がいくら頭がすぐれているにせよ三国統一の業績を果たすことはできませんでしたし、今まで偉人と称えられる多くの人々が一世を風靡しながら生きていましたが、結局一握りの灰になって土に帰ったことを見ると、この世には自分が偉大な人物だと自負できる人も、強いと自負できる人もいないようです。 エレミヤ書の御言葉を見ながら、私たちが大きく強い者になるためにはどうすべきか調べてみます。 エレ9:22-23 『主はこう言われる。知恵ある者は、その知恵を誇るな。力ある者は、その力を誇るな。富ある者は、その富を誇るな。むしろ...

エロヒム神様

엘로힘 하나님

子として父母を悟ってその御心を奉るのが当然なことであるように、人として神様を悟って神様の命令に聞き従うことは当然の本分です。しかし、世にまことの光として臨まれた神様を見極めることが、当然なことであるにもかかわらず、決して容易でないのは、この世の神と呼ばれるサタンが人々の心の目をくらまし、キリストの栄光の輝きを妨げているからです(二コリ4:4)。 ホセ6:1─3 『…我々は主を知ろう。主を知ることを追い求めよう。主は曙の光のように必ず現れ/降り注ぐ雨のように/大地を潤す春雨のように/我々を訪れてくださる。』 神様はここで神様を悟ることが春の雨の聖霊にあずかる条件であると知らせて下さいました。私たちが聖霊の武具を身に着けて、最も小さいものも千人となり、最も弱いものも強大な国となる業を成就するには、神様に対する正しい見識がなければなりません。 ゆえに、聖書は私たちに神様を深く知ることを追い求めて、私たちの信仰を岩の上に確立するように勧めています。 私たちが力を尽くして知らなければならない神様について、この章では特に両性の姿の神様について学ぶ時間を持つことにします。 男性の姿の神様と女性の姿の神様 私たちはいと高く、唯一なる神様という意味で私たちの創造主の「神様」と称えて、その神様はひとえにお一人であると考えています。しかし、創世記の天地万物と人を創造された神様は、「我々」と自称される複数の概念の神様でした。...

"霊"と花嫁

성령과 신부

世の中には、神様を信じている多くの教会がありますが、それぞれ神様を信じる方法が違うようです。同じく神様を信じていると言いながらも、教派によって神様に仕える方法が違います。これは多くの教会が神様に対してよく知らないという証拠でもあるのです。 使徒言行録を見ると、パウロが宣教旅行の途中ギリシア地域で「知られざる神に」と刻まれてある祭壇を見て、人たちが神を知らずに仕えていることをもどかしがる場面があります。 神様に正しく仕えるには何よりも神様を正しく悟らなければなりません。知られざる神に祭りを献げ、知られざる神に敬拝を献げるのなら、これこそどれだけ滑稽な宗教でしょうか。 私たちが神様の存在を正しく悟って理解し礼拝を献げてこそ、正しい敬拝になり正しい信仰生活になるのです。それでは、知られざる神に礼拝すべきなのか、反対に神様を正しく悟って受け入れて敬拝すべきなのかということを考えながら、"霊"と花嫁に対して聖書の真理を一緖に調べることにします。 秘められた神様を知ることを追い求めよう 聖書は私たちが神様を知ることを追い求めようと教えています。 ホセ6:3 『我々は主を知ろう。主を知ることを追い求めよう…』 神様を知らずして神様を信じていると主張するなら、これこそ使徒パウロが宣教旅行の時に会った、知られざる神に敬拝する人たちと何の変わりもありません。知らずして敬拝する信仰を指して、盲目的な信仰、すなわち盲...

人であるキリスト・イエス

사람이신 그리스도 예수

今日キリストを伝える私たちは、初代教会の時代のような状況に度々ぶつかることがあります。キリストがこの地に人の姿で来られた内容について、初代教会の福音の預言者たちは、どのようにキリストを証しし福音を伝播したのか、また、その御業に反対した当時の宗教指導者たちは、いかなる内容をもって妨害したのか、調べて見ることにします。天国に行く人々と地獄へ行くしかない人々について調べてみて、私たちは神様が降臨なさる時、本当によくやったとお誉めにあずかる恵ましい信仰を持つようにならなければなりません。 人であるキリスト・イエス 一テモ2:4─5 『神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。』 パウロはテモテに送る手紙で、イエス様が人である部分を強調しました。神様は唯一であり、神様と人との間の仲介者も、「キリスト・イエスただおひとり」と言えばよいのを、前に「人」という修飾語を付けたのです。 当時の宗教人たちは、キリストすなわち聖子の神様がこの地に来られる時は、肉体でなく霊で働かなければならないと考えていました。そのような考えが、全知全能なる神様を私たち人間と同じ姿になる能力もない方に転落させる間違いを犯させ、この地に来られたイエス様を排斥して、イエス様を信じている初代教会のキリスト教徒にも、多くの迫害を加える結果をもた...

神様の経営

하나님의 경영

天に行く日が、日に日に近づいています。一つの望みをもって神様の御心で、天国の福音のために一生懸命宣教するシオンの兄弟姉妹を見ると、神様の愛の中で新しい被造物に造られていく過程であることを感じます。末世に直面しているこの終わりの時代に預言者の使命にあずかっている私たちは、世の初めから代々隠されてきた秘密であるキリストを悟り、光無き暗黒の世に熱心にキリストと天国の福音を伝えなければなりません。 魂の救いのための神様の経営 私たちは皆天国の存在を信じています。では、天国はなぜ存在するのでしょうか。少し考えて見れば神様の救いを受ける相続者を住まわせるために創造されたことが分かります。 それでは、救われる人々を天国に導かれるまで、神様が行われる福音の経営が必ず存在しなければなりません。経営、「すなわち計画を立て計画にそって仕事を運営すること」なしに、恵ましい結果を生み出すことができないからです。 この世にも、多くの経営者たちがいます。会社を経営する事業家もいれば、学界を経営する学者、また国家を経営して行く大統領もいます。地上の業を計画する経営者たちはその経営が成功するよりも、失敗する例が多いですが、事の始終を皆御存知の全知全能なる神様の経営は、決して失敗することがなく、確かな成功が保障されています。私たちが心を尽くして、魂を尽くして、力を尽くして天国を襲うべき理由がここにあります。 この世の中の不確実で不透明な経営に...

prev1 2 ... 20 21 22 23 24 25 26 27 28 next