한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 ... 17 18 19 20 21 22 23 24 25 next

小さな始まりと非常に大いなる終わり

미약한 시작과 창대한 나중

始まりは微弱でも行く行くは神様の御恵みで成就されるべき非常に大いなる終わりを待ち望みながら私たちは信仰生活をしています。ですから神様は世の人々には約束なさらずに、ひとえに約束の子孫なる私たちにのみ神様の御恵みにそう祝福の御言葉を賜りました。 ヨブ8:7 『過去のあなたは小さなものであったが/未来のあなたは非常に大きくなるであろう。』 世のすべての業には始まりがあり、その始めた事には必ず終わりを成す結果があります。福音の御業も同じです。私たちの福音がごく小さく、微弱に始まっても、前に進めば進むほどその終わりは非常に大きくなります。過ぎし日私たちはそのような過程を数え切れぬほど見て来たし、現在も見ていますし、またこれからも続けて見るようになるでしょう。 「非常に大いなる終わり」を導き出す見えぬ力の源 「始まりと終わり」の間には結果をもたらす「過程」が必ず存在するのです。だとすればその過程の中でどんな力が作用すれば微弱なる始まりが大いなる終わりという結果をもたらすことができるでしょうか。福音の御業で「微弱なる始まり」を大きくならしめた見えぬ力の源がどこから来るか調べてみることにしましょう。 マタ9:27-30 『イエスがそこからお出かけになると、二人の盲人が叫んで・・・「あなたがたの信じているとおりになるように」と言われると、二人は目が見えるようになった。』 見える目を下さると、信じた二人の盲人は絶対的な信...

過越祭と神様の刻印

유월절과 하나님의 인

今日地球のあちこちでは幾多の災い等(国家間の戦争と民族紛争、テロ、飢饉、地震そして異常気候現象による殺人的寒波と酷暑、洪水等)が起こっていて、このような災いが起こる度に人々は落ち着くことができず不安に震えています。聖書は今後臨むべき災いとその災いの時、人々が取る行動に対してずっと前からすでに預言しています。 アモ9:2-9 『たとえ、彼らが陰府に潜り込んでも/わたしは、そこからこの手で引き出す。たとえ天に上っても・・・カルメルの頂に身を隠しても・・・わたしの目を逃れて、海の底に隠れても・・・』 預言の御言葉を調べてみれば人間はどこかに必死に隠れようとします。人間としてはとても堪えられぬ大いなる災いがこの地に臨むからです。 このような事柄は記録当時である2800年前アモス預言者時代に起る事柄でなくエホバの大いなる恐るべき日、すなわち神様の最後の裁きの時に起るべき災いに対する警告の御言葉です。 人間の手段で避けられない最後の災い 先端科学時代に生きている現代人は、差し迫った災いと人類の終末を恐れて逃れる方法等を多角的に摸索しています。地球を数十回も破壊することのできる核兵器の脅威から脱出するために、地下や海底、あるいは地球外の星に逃れ得るかを推し量って逃れ場を探すためにあらゆる方法を尽くしています。深い海の底に逃れるための原子力潜水艦、地球の外に逃げるための宇宙船等、多くの方法等が議論されている実状から、米国はウ...

耕作地を開拓せよ

묵은 땅을 기경하라

農夫が春に種を蒔く時、一番先にする仕事は冬の間休んだ畑を鋤で耕して木の根や雜草等を取り除き、地均しをしてから良い種を蒔くことです。そして真心を込めて芽を出させ、良い肥しをやって、草取りをし、田んぼが乾かないようにし穂の世話をして、秋には立派な実りの収穫に励むのです。 このような事柄から推してみるに、信仰の世界で福音の実を結ぶのも同じことであると思います。聖書に次のような御言葉があります。 ホセ10:12 『恵みの業をもたらす種を蒔け/愛の実りを刈り入れよ。新しい土地を耕せ。主を求める時が来た。ついに主が訪れて/恵みの雨を注いでくださるように。』 農夫は、休んだ土地を耕さずには種を蒔くことはできません。実を結ぶためには、木の根と雜草を取り除いて、地をよく均してから種を蒔くように、私たちも間違った考えを取り除いて、福音の種を蒔かなければなりません。古びた心、鈍い心、信仰の離れ去った心、茨とあざみが一杯になった心の畑を持っていては、完全な信仰生活をすることができません。また、美しい福音の実も結ぶことができません。 御言葉の鋤で耕作地を開拓せよ 義を雨のように降り注がれる神様の御恵みによって、多くの福音の実を結ぶためには、まず神様の御言葉の鋤で古い心の畑を完全にかき起こして沃土を造らなければなりません。それから福音の種を蒔いてこそ三十倍、六十倍、百倍の恵み溢れる美しい実を結ぶことができます。ゆえに私たちは休ませてお...

神様に召された者たち

하나님의 부르심을 입은 자들

聖書の中に現れた過ぎし日の御業を通して、私たちは神様が御自ら御自分の子らを召され、また彼らを通じて大いなる御業を成就される御力の息を感じることができます。天地万物を創造された神様は各時代ごとにヨシュア、サムエル、ダビデ、ペトロ、ヨハネなどの信仰の先進達を召されて、神様の御言葉のともし火が消えないようにし、信仰の脈をつながせられました。 今日、私たちは神様が偉大なる御業を任せるためにお召し下さった時それにふさわしい者になるため、いかなる心構えで神様の御前に立つべきか、聖書に記録されてある御業を通して、教訓にあずかるようにしましょう。 すべての御力は神様にある 神様が福音に仕える者を召される時は、その人の能力や容貌等外形的条件を基準になさりません。神様が何か欠けるところがおありで、福音に仕える者を召されるのではないからです。神様は水一滴ない荒れ野で、岩を打って泉の水がほとばしるようにされ、葦の海を開いて、愛する民をエジプトの軍隊から救い賜われた全知全能なる方でいらっしゃいます。 堅固たるエリコ城壁を民が吹き鳴らした七つの雄羊の角笛の音と、イスラエルの民の鬨の声で崩れ落ちるようにされ、敵対していた群衆を神様の御前で雪のように、朝露のように、消え去らせた御力の神様であられるゆえ、福音に仕える者として召された私たちの力の大小は神様にとっては何等関係がありません。 神様に召されたことが確かなら、心配する必要は全然あ...

prev1 2 ... 17 18 19 20 21 22 23 24 25 next