한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 ... 20 21 22 23 24 25 26 27 28 next

御母様の愛

어머니의 사랑

私たちが神様の愛を正しく悟れなければ、いつも喜び感謝して、神様に栄光を帰す信仰生活をすることができません。 二千年前、十字架につけられ、死んでまで犠牲になられたイエス・キリストの献身的な愛を使徒たちが悟った時、宣教の復興が起き、福音が全世界に急速に広がって多くの人々に伝えることができました。このように終わりの時代にも私たちが天の母の愛を悟り、天の父の御心を正しく理解する時、失われた天の家族たちを早くシオンに導くことができます。 限りない御母様の愛と犠牲 むかし、ある母親がいました。不幸にもその母親の幼い息子は悪い病気にかかって生死の境をさ迷っていました。母親は毎日真心を込めて、息子を生かすために全力を尽くしていました。 ある日、通りがかりの旅人が入ってきて一杯の水を求めました。母親は旅人のために水と少しの食べ物を用意するため台所に行きました。しかし、用意を終えて外に出てみたら、旅人は跡形もなく消えてしまい、大切な息子までどこかに消えていなくなってしまいました。 天が崩れるような悲しみに、母親は子供の名前を声を張り上げて呼びながら方々を捜しまわりました。いつのまにか夜が更け、母親の心はやるせない気持ちで一杯になりました。子供を捜そうとする一念で休まず捜しまわった母親は、足を踏み外して深い湖に落ちてしまいました。その時、湖の神が現れ、母親に言いました。 『湖を渡ることができるようにするから、あなたの美しくて宝...

用意をしていなさい

예비하고 있으라

秋になると農夫は汗を流しながらも倉に取り入れる麦と果物によって喜びを隠すことができません。取り入れの季節である秋がすぎると農夫の憩いの冬が来るように、今は霊的取り入れの時期に至って麦を倉に取り入れる時であるため、私たちは御父様の降臨されるその日が遠からぬことが一層感じられます。神様の降臨を待ちわびている私たちは、神様を正しくお迎えする子にならなければなりません。 聖霊の望みに従って目覚めて準備する子ら  この地への欲望を多く持っている人は天に関する話を嫌いますが、聖霊の欲される望みに満ちている人は天のことに望みを掛けて関心を持ちます。これは互いに関心の領域が異なるからです。 世間の欲望に満ちている人たちは、天国に対する希望は全く持つことができず地のことばかり思い、自分の目先の現実の世界ばかり考えているので、天国に対する希望についての話をすると嫌がるしかないのです。しかし、天国に対する希望に満ちている人たちは神様の御言葉なら、どんなに聞いても飽きることなく、夜更けまで調べながら御言葉一言一言喜んで受け入れて楽しみます。天に望みをかけて神様の降臨を切に慕うので聖霊の御業を喜んで実行するのです。 神様の降臨の日がだんだん近づいていますので、皆が準備しなければならない時期です。遠いところに長い間出掛けられていたお父さんが帰って来られる時になると、お父さんを待ちわびている家庭ではお母さんも子供たちも皆が掃除をしたり、各...

人の姿で来られた理由

육체로 오신 이유

今日キリストの御姿を描写した聖画を見ると、人たちが想像しているキリストの神性に対する姿が大変神々しく描かれています。しかし「イエス・キリストが来られた当時の人たちはイエス・キリストをどんな方だと思ったのだろうか」、「イエス・キリストが立てられた教会をどう見たのだろうか」、「イエス・キリストが伝えられた天国福音をどう考えたのだろうか」といった問題を考えずには、私たちが心からキリストを悟ったと自負することはできません。 キリストは神様の身分でありながら(フィリ2:5-6)嬰児として生まれる前は驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、即ち全能で、いらっしゃる父なる神様でいらっしゃいました(イザ9:5)。しかし「わたしと父とは一つである」と言われたイエス・キリストの御言葉にユダヤ人たちはイエス・キリストを石で打ち殺そうとしました。律法によれば神性冒涜罪の場合、石で打ち殺しても差し支えないことになっていて、彼らはイエス・キリストの御言葉を神性冒涜罪と見做したからです。 天の神様、この地に来られて御自身を神様であると紹介されましたが、神様に仕えて来た人たちがその方を殺そうとしたのです。神様を信じているという彼らは、神様が人の姿で来られたので、自分たちが仕えていたその方を、結局十字架につけて処刑してしまいました。 自分たちが仕えていた神様を処刑したこの事件はこれこそ時代的矛盾に違いありません。そのような事件発生の背景には当時宗教指導者たちが...

神様に選ばれた者

하나님께 선택된 자

神様は滅亡の道を駆けていた魂たちを天国へ導く、やりがいのある福音事業の協力者として私たちをお召し下さりました。これによって私たちは神様が許された祝福にあずかるために、モ-セの杖を持って世を分け進み出る中にいます。それでは、真理の勇士たちを召される時の、神様の選択基準は果たして何でしょうか。 ギデオン勇士を選り抜く神様の御旨 まずギデオン勇士の選抜過程が記録された聖書の内容を通して真理の勇士を選り抜く神様の御旨を調べてみることにします。 士7:1-8 『…主はギデオンに言われた。「あなたの率いる民は多すぎるので、ミディアン人をその手に渡すわけにはいかない。渡せば、イスラエルはわたしに向かって心がおごり、自分の手で救いを勝ち取ったと言うであろう。それゆえ今、民にこう呼びかけて聞かせよ。恐れおののいている者は皆帰り、ギレアドの山を去れ、と。」こうして民の中から二万二千人が帰り、一万人が残った。主はギデオンに言われた。「民はまだ多すぎる。彼らを連れて水辺に下れ。そこで、あなたのために彼らをえり分けることにする。あなたと共に行くべきだとわたしが告げる者はあなたと共に行き、あなたと共に行くべきではないと告げる者は行かせてはならない。」彼は民を連れて水辺に下った。主はギデオンに言われた。「犬のように舌で水をなめる者、すなわち膝をついてかがんで水を飲む者はすべて別にしなさい。」水を手にすくってすすった者の数は三百人であった。他の民は皆...

神様は愛なり

하나님은 사랑이시다

神様は私たちを愛されるゆえ、この地に来られました。私たちを愛されるゆえにその絶え難い苦難も拒まれず、ゴルゴダの苦痛の中で最後の呼吸が苦しくなられた時にも、私たちのために堪え忍ばれ、私たちのことを気遣われ、私たちのために祈られました。 聖書66巻の中「神様は愛なり」という内容が数限りなく強調されています。神様に先に召され真理の中にいるようになった私たちはこのような神様の愛を悟って自ら実践し、神様の愛を現さなければなりません。 神様が私たちを福音の御業に参加させられた御旨も、先になった私たちが悟った分だけ、神様の愛を世に告げよとの御旨です。神様の愛を理解した人たちなら、その愛を分かちあうこともできなければいけないのではありませんか。 万一、私たちが授かったその愛を世に知らせなかったら世は神様の愛が何であるか、どういう方法で実践すべきか、全く理解することができません。私たちは神様がお許し下さったその愛の御旨を、世に現わし、神様が私たちに授けて下さった愛を世に知らせ、私たち自身も救いにあずかり、世の人々も救いにあずからしめる真の愛を施さなければなりません。 自分も恵まれ、他人も恵まれるようにする「勝-勝」的な人 人間を研究する学者によれば世には三種類の人々がいるといいます。第一のタイプは「敗-敗」的な人で、自分も滅び、他人も滅ぼすタイプの人のことです。分かり易く言って「君も死んで我も死ぬ」「食べられぬ飯に灰をかける...

召された御恵み

부르심의 은혜

昔、中国の漢の時代に全軍を統率した大将軍の韓信という人がいました。軍士統率においては、立派な将軍でしたが漢の高祖皇帝にお呼びを受ける以前は彼もただの町の無賴漢にすぎませんでした。 そのような彼が漢の高祖にお呼びを受けてから華やかな大将軍に変身し、故郷に錦を飾ったのです。漢の高祖のお呼びがなかったなら韓信は長い間歴史に残る英雄ではなく、市中の無賴の徒として無名の生を終えたでしょう。 聖書の中の多くの人物も神様がお召し下さることで、時には王にもなり、預言者にもなり、使徒にもなり、真理の勇士になって聖書に名が記録され天国に行く約束を授かりました。 そのように今日、私たちも神様に召されたのです。もし私たちも神様から召されなかったなら、いかに空しい人生を生きていることでしょう。本能的な衣食住に関することだけに縛られ、朽ちて無くなる肉身のことだけに励む蛆虫のような生涯を送り、地獄の苦痛にさいなまれたことでしょう。 神様に召された人たち 人生は一場の夢と言います。青春かと思えば、いつの間にか頭に白い霜をいただき、若さは瞬く間に黄泉の花が咲いて明日の契りも無いのがこの地を生きて行く人間の姿です。 ヤコ4:14 『…あなたがたは、わずかの間現れて、やがて消えて行く霧にすぎません。』 イザ40:6-7 『…肉なる者は皆、草に等しい。永らえても、すべては野の花のようなもの。草は枯れ、花はしぼむ。主の風が吹きつけたの...

秘密の中の秘密

비밀 중의 비밀

私たちが聖書66巻を調べてみる時、一番難しい問題はキリストを悟って、その上に私たちの信仰を定立して行くことだといえるでしょう。ですから聖書ではキリストを悟ることが、聖書の最大の秘密であると言いました。 2000余年前イエス・キリストがこの地に来られた時、当時イスラエルの民はロ-マの暴政と圧制に苦しんでいました。彼らには聖書に預言されてあるメシアが来られて、自分たちを苦痛から解放して下さるという唯一なる希望が、彼らの生活を堪え抜く原動力でした。長い年月の間彼らはメシアを希い待ちわびながら、ロ-マの圧制に堪え忍んで来ました。しかしメシア即ちキリストなるイエス・キリストが来られた時、イスラエルの民は自分たちがあれほど、熱望したメシアを排斥し、十字架に釘付けにしたのです。 イスラエルの民にとって神様は自分の命よりも尊い方でありました。命は捨てても信仰は捨てられぬ彼らが自分たちの命よりも崇め奉った神様を十字架につけたのです。なぜそのような一大事を犯したのか。その原因が正確にわからずには今日この終わりの時代に神様が再び臨まれたとしても人々はまた同じような罪を犯すにちがいありません。 人として来られた全知全能なる神様 この問題について調べてみると、まずイエス・キリストについて研究しなければなりません。イエス・キリストは根本がどんな方であるか聖書を通して調べてみることにします。 コロ1:13-18 『・・・天にあるもの...

神様に最後まで忠実に尽くしなさい

하나님께 끝까지 충성하라

私たちは神様を信じて永遠の命のある天国に入ることを切に願っています。その永遠の命を得るためには自分なりに努力して苦労する行為がなければなりません。なんの努力もなしに命の冠がただ得られるのではありません。神様に最後まで忠実に尽くそうと覚悟し、守り行う信仰のみ命の冠が得られるのです。 世には敬虔の姿はありますが敬虔の内容のない人々がたくさんいます。彼らは上辺は信仰深く見えますが、実際は信仰がなく、容易に崩れてしまう人々です。彼らは洪水が起きて暴風雨吹きまくる信仰の試練に遭えば、まるで砂の上に建てた家のように崩れてしまいます。 しかし、「神様に最後まで忠実に尽くせり」という覚悟を常に誓い、信仰を堅く立てる人はいかなる試練の風が吹きまくっても倒れず、ひたすら主に賴り、自分の信仰を搖がせません。そのような人々は試練と苦難が差し迫るほどより堅く、丈夫な搖ぎなき信仰で、すっくと立ち、最後の日に命の冠にあずかる栄光の名に輝くでしょう。 天の軍隊に下された命令 聖書は黙示を通じて、この終わりの時代に生きている私たちに切に願われた神様の御旨を伝えています。 黙2:10 『あなたは、受けようとしている苦難を決して恐れてはいけない・・・死に至るまで忠実であれ。そうすれば、あなたに命の冠を授けよう。』 これは敵であるサタンを天から追い出した天使長ミカエルの御言葉で、私たちに天の故郷に再び至らしめるためにこの地で最後までサタンと...

prev1 2 ... 20 21 22 23 24 25 26 27 28 next