한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 24 25next

天の長子

하늘 장자

今日この世には数多くの教会があり、神様を信じる人が海の砂のように多くいます。彼らはそれぞれ自分なりの教理を持ち、自分たちは神様の子供だと言って救いを受けたと自負しています。 そのように多くの人々の中で神様の子供は、果たしてどれほどいるのでしょうか?自分は神様の子供だと言ったからといって、神様の子供になれるわけではありません。神様が子供として認めてくださらない限りは、決して神様の子供になることはできません。唯一神様の証しを受けた人が、神様の子供として、天国に入る資格を得ることができます。 聖霊の証しを受けた「約束の子」 二千年前、神様は血と肉を備えた子供たちと同じ肉の衣をまとわれ、「子」の立場としてこの地に来られました。その方がまさにイエス・キリストであります。 当時人々はイエス様が誰なのか見分けられず、ある人は排斥したり、ある人は預言者程度にしか思っていませんでしたが、弟子のペトロは「あなたはメシア、生ける神の子です」とイエス様の前で堂々と自分の信仰を告白しました。イエス様はそんなペトロを祝福なさり、彼に天国の鍵を授けることをお許しになりました(マタ16:13-19)。  神様は、人の姿でこの地に来られた神様を受け入れた者、つまりその名を信じる者に「神様の子供となる資格」をくださいました(ヨハ1:10-14)。そして、御自ら私たちが神様の子供だと証ししてくださいました。 ロマ8:16-17 『この霊こそは...

誰が福音の奇跡を起こすのか

누가 복음의 기적을 일으키는가

聖書の歴史を調べてみると、神様は重要で決定的な時期に奇跡を起こし御自分の民を救われました。葦の海(紅海)を裂かれた御業や、40年間60万人の壮年たちと彼らの家族まで一日も欠かすことなくマナを食べさせてくださった御業や、また岩を打って水を出された御業のように、イスラエルの民に困難がある時は神様が驚くべき方法で道を開いてくださる場面を確認することができます。 それでは、この時代には誰が福音の奇跡を起こすのか、これに対する答えもやはり神様です。私たちは天でサタンに惑わされこの地に追い出されてきたので、今もサタンが惑わしたならば、いつでも惑わされる軟弱な存在です。しかし、私たちをいつも掴んでくださり、導いてくださる天の父と母がいらっしゃるので、弱かった私たちも強い存在になれるのです。 福音を伝える時も、私たちの内に天の父と天の母をお迎えして行ってこそ、奇跡が起きます。私たちはこの時代、誰が福音の奇跡を起こす主体なのかを正しく認識して、どこに行っても常に神様と同行しなければなりません。仰せられたとおりに実践していくことが、神様と共に同行する姿だと言えます。 奇跡の主体であられる神様 神様は、アマレクとイスラエルの戦闘で、モーセの腕を上げ勝利できるようになさり、ヒゼキヤの病気を癒され、15年もの寿命を延ばすしるしとして影が後ろに退くようにもなさいました。過ぎし日の歴史を調べながら、福音の奇跡を起こす主体が誰なのかについて、考えて...

全てのことを監察される神様

모든 것을 감찰하시는 하나님

「神様は存在される」と口では言いながら、実際の生活の中では神様が存在しないかのように行動する人々が時々います。もちろん、私たちシオンの家族はそうではないでしょうが、この世の多くの人々は未だに神様の御心を理解できず神様の存在を知り得ぬため、あらゆる悪い習慣と悪い行動をするのではないかという気がします。 神様は全てのことをしっかり監察なさり見守っていらっしゃいます。それで、正しい人は正しい人として、悪い人は悪い人としてそれぞれの行いに応じて報いてくださる「公平な神様」だとおっしゃいました(マタ16:27、イザ30:18)。 地に住むすべての人に目を留められる神様 以前、ある子供が道を歩きながら、電線や鉄くずの塊のような物が散らばっているのを見つけました。子供は誰か持ち主がいるのではないかと周りを見回しましたが、その広い野原には誰も見あたりませんでした。子供は「よし、これを水あめ屋さんに持って行って、飴と換えてもらおう」と思って地面に散らばっている電線を取って束ねました。そうして一束を持って行こうとした時、急に空から雷のような声が聞こえました。 「こらお前、そこに置いておけ。盗むな!」 子供がびっくりして上を見上げると、電信柱の上で電線を修理していた人が両目をむいて子供を見下ろしていたのです。 人の考えとはこういうものです。誰も見ておらず、自分しか知らないように思って、悪いことをしがちですが、神様は全て見ていら...

私たちが行く天国

우리가 갈 천국

旧年を送り新年を迎えながら、私たちに天国の希望をくださった神様にもう一度感謝をささげます。 将来行く所を知らない人々は、早く過ぎ行く年月を振り返りながら、惜しい気持ちと空しさの中で憂鬱になったりもします。しかし、新しい契約の内にいる聖徒たちには、永遠なる天国がより近づいているのですから、さらに神様に栄光を帰し感謝をささげ、神様の国に入る上で欠けた所のないように準備をするべきだろうと考えます。 将来行く天国に対して聖書を通して調べてみながら、喜んで天国を待ちつつ、この地で与えられた生活を、一日一日意味のある充実した日々として生きていくシオンの家族に皆さんなられるように願います。 時間を使いながら何を残すのか? 人がお金を使うと、それによって得るものがあるはずです。家を買ったり、欲しい食べ物や品物を得たりもします。それでは、神様が私たちにくださった人生という時間を使いながら、私たちは何を得ているのか考えてみる必要があります。 時間を何かに全て使っても得るものがなければ、そんな人生はソロモンが言ったとおり「なんという空しさ、なんという空しさ、すべては空しい。」(コヘ1:2)と言えます。お金を投資して得るものがある時、価値のある投資だと評価するように、私たちに与えられた時間の投資も同じです。過ぎた一年という時間を費やしたなら、それに応じた結果がなければなりません。その時間を通して天国で受ける多くの賞を貯め、永遠なものの...

神様を考えなさい

하나님을 생각하라

過越祭の権能で罪悪の世から抜け出した私たちは、永遠なる天のカナンを目前に控えて、信仰の荒れ野の道を歩んでいます。将来永遠の喜びと栄光にあずかるまでは、その過程で暫くの困難や苦難があることでしょう(ロマ8:16-18)。イスラエルの民たちが、奴隷生活をしていたエジプトから抜け出して、約束の地カナンに至る過程の中で経験した40年の荒れ野の道にも、あらゆる悪条件と障害物があったように、私たちが歩んでいるこの道もいつも平坦なわけではありません。 目の前に広がった肉的な条件だけを見れば、どんなに考えても絶望的で解決策を探すことすら難しい時もあるでしょう。けれど、私たちと共に歩まれる神様を考えれば、あらゆる困難を克服し勝利することができます。道であり、真理であり、命である神様は、真理の都シオンで私たちといつも共にいらっしゃり、全ての答えをくださっています。 上を眺めよう ある人がガラスの箱の中に閉じ込められました。外は見えますが、前に行けば透明なガラスが自分の前にそそり立っていました。後ずさりしても同じで、左右も同じでした。四方がガラスでできた箱に閉じ込められたと感じた瞬間、この人は絶望に陥りました。どうすれば生きられるのか、どんなに悩んで思い巡らしても答えを見つけられませんでした。 落胆し絶望の日々を過ごしていたある日、彼はふと自分が死なずにもう何日もここで生きていることに気づきました。密閉されたガラスの箱に閉じ込められたなら...

神様に喜んでいただける者

하나님을 기쁘시게 하는 자

シオンに住む神様の子供たちには、死も苦痛も悲しみもない永遠なる天国を受け継ぐことが約束されています。私たちは永遠に治め世々とこしえに続く天国をお許しくださった神様に感謝と栄光をささげ、神様が導かれる通りに従って行ける信仰を持たなければなりません。 知恵ある子供は両親の喜びだが、愚かな子供は両親の嘆きだという箴言の教訓があります(箴10:1)。どうしたら神様に喜びをささげることができ、どんな信仰の覚悟を持てば神様に栄光を帰す人生を生きられるかを考えながら、後悔が残らない恵み深い福音の生涯を生きていく賢明な天の子供たちになられることを願います。 地上から送られてくる資材で建てた天国の家 ある金持ちが信仰生活をして天国に着いたそうです。そこで彼は天国の鍵を持っているペトロに案内してもらうことになりました。金持ちは地上で生きていた時も豪華な家で生活した上に、さらに神様を信じて天国まで来たので、天国で自分が住む所は豪華絢爛な家になるだろうと考え、胸をドキドキさせながらペトロの後をついて行きました。かなり進むと、この地で一度も見たことのない金色に輝く超豪華なお屋敷がずらっと並ぶ住宅団地が現れました。 「あ、あの家の中の一つが、私の家なんだろう。」 金持ちは期待に胸を膨らませて、ペトロの後に付いて行きましたが、おかしなことにペトロはそっちに案内せず、そのピカピカ光る屋敷を通り過ぎていくのでした。もう少し行くと、それより少し物...

神様に何を差し上げようか?

하나님께 무엇을 드릴까

神様は私たちに祝福と永遠の命を賜り、天国を治めることができる権威まで約束してくださいました。私たちが天で犯した罪と咎をすべて赦してくださっただけでなく、罪人である私たちを天の「王である祭司」に変えて、永遠の命に至れるようにするまで、日々「いけにえを焼き尽くす祭壇」の小羊になられ、死の境界線を行き来することも厭われませんでした。 私たちはこのような神様の愛にどのようにして報いることができるでしょうか?ひたすら子供である私たちの救いのためだけに犠牲と献身を惜しまれず、私たちと共にいてくださる天の父と天の母に、果たして何を差し上げることができるでしょうか? 神様に祈りをささげる時、ただ何々をくださいと要求する祈りに先だって、神様のために何を差し上げるか、神様がこの地で繰り広げて行かれる救いの御業のために、私たちができることは何があるか、一度くらいは考えてみなければなりません。 母と卵 いつだったか「母と卵」というタイトルの文を読んだことがあります。そこは、父親が田舎の町で教鞭をとる教師の家庭でした。ある日、母親が家族に何か役に立つ仕事ができたらと思い、父親に相談したそうです。もちろん、三人の息子を育てて家長を助ける母親の家事も少なくはありませんでしたが、子供たちがみな学校に行って、夫も出勤した後、少しの間でもただ家にいるのが気楽でなかったようです。 父親は母親にそれほどまで何かしたかったら、鶏を育ててみてはどうかと提...

悔い改めよ、天国は近づいた

회개하라, 천국이 가까이 왔느니라

「悔い改めよ、天国は近づいた!」 約2千年前、イエス様がこの地に来られて30歳でバプテスマを受けられ、福音を伝え始められる時に叫ばれた第一声がまさにこの御言葉でした(マタ4:17)。イエス様の御言葉には、人類が悔い改める心で天国に行く準備をすることを願われる御心が込められています。神様の国が迫っている時に、すべての人々が悔い改める心で正しく生きていき、天国に到達することを望まれたので、悔い改めよという御言葉で宣教の門を開かれたのです。 昨年よりは今年、昨日よりは今日、永遠なる神様の国は私たちにどんどん迫っています。その近づいている天国を考えながら、私たちはどうすれば神様が望まれる真の悔い改めに到達できるのか、聖書の教えを調べてみましょう。 悔い改めない者に臨む滅亡 私たちが守る角笛祭、大贖罪日、仮庵祭の秋の祭りには悔い改めの意味が込められています。仮庵祭は宣教が中心ですが、真に神様が望まれる宣教をしようとするなら、悔い改めが土台になければなりません。悔い改めが基盤になっていない宣教は何の意味もありません。 預言的に見ると、私たちは仮庵祭時代を生きています。まずは自分自身の罪を正しく認め、その罪を心から深く悔い改める必要があります。このように悔い改めた心で、自分以外の魂たちも悔い改めさせることが、この時代を生きる私たちがなすべき悔い改め運動です。 詩7:11-13 『心のまっすぐな人を救う方/神はわたしの盾。正...

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 24 25next