한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 24 25next

神様の福音の働き手

하나님의 복음 일꾼

「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」(ルカ10:2)。 収穫の祭りである仮庵祭の預言の時代を生きていくシオンの子供たちは、霊的な収穫の仕事を引き受けた働き手たちです。たとえ、私たちの力は足りなくても、神様は私たちを福音の働き手にして下さり福音を伝えることをお願いされました。 誰もが忙しい秋の日、賢く勤勉な働き手は主人を快くさせますが、怠惰な働き手は、主人の歯にとって酢のようで、目にとって煙のようになります(箴10:5、26)。今、私たちは果たして主人である神様にとって、どのような働き手なのか考えてみて、福音の働き手としての心構えを新たにする時間を持ってみましょう。 神様の仕事をする人々 世の中には様々な働き手がいます。小さくて些細な事のお使いをする人を「小使」と呼びます。密かに遣わすお使いは「密使」と呼ばれます。特別なお使いをする人を「特使」、急なお使いをする人を「急使」と呼びます。公的なお使いをする人を「公使」といい、王様のお使いをする人を「勅使」と呼びます。それでは、神様のお使いをする人を何と呼ぶでしょうか? 天のお使いをする人々を「天使」と言います。小使、密使、特使、勅使、公使、急使など様々なお使いをする人がいますが、最も重要なお使いをする人が天使です。 働き手にはまた、3つのタイプがあるといいます。一番目は、自分のために働く働き...

契約と信仰

언약과 믿음

私たちの社会は約束で維持されています。例えば、紙幣は元々紙に過ぎませんが、人々の間で結ばれた約束によって、単純な紙ではなく物を売り買いすることができる紙幣に変わりました。 もし子供が紙幣を裂いてしまったら、人々は勿体ながりますが、それがただの紙だったら、それほど惜しまないでしょう。紙幣とは異なり、紙には約束が内在していないからです。 このように約束は重要なものです。 神様と人類の間にも、神様が立てておかれた約束、まさに契約があります。信仰生活において、契約と信仰に対する相関関係を理解していなければ、なぜ私たちが神様の戒めを守り、エロヒム神様への信仰を守るのか知ることができず、漠然とした信仰のために信仰の根が揺れざるを得なくなるでしょう。 信仰の目的は魂の救いです(一ペト1:9)。世には救いを受けたという多くの人々がいて、それぞれ別の救いの道を提示しますが、救いにおいて私たちが信頼できることは、唯一神様が与えられた約束の御言葉[契約]です。神様が人類に許されたこの契約が、どれだけ貴重なのか考えてみる時間を持ちます。 救いに直結している神様の約束 世の中に多くの哲学思想がありますが、救いの方法は神様の約束が記録された聖書にだけあります。いくらもっともらしい教えであっても、聖書に記録されていなかったら、救いとは関係のないむなしい教訓です。現在の世の多くの教会で守っている人の戒めを、私たちが退け非難する理由も、そ...

御心が天に行われるとおり、地にも

하늘에서 이룬 뜻, 땅에서도

善良な心と善い行いは、神様の子供たちが身につけるべき基本的な徳目です。神様の日が迫っているほど、神様は私たちが聖なる行いと敬虔により、真の悔い改めの御業を成し、誰も滅びないで神様の国に皆入ることを願っておられます(一ペト3:16-17、二ペト3:8-13、三ヨハ1:11)。 時代が邪悪で淫乱な世代なので、多くの人が悪に無感覚で悪いことを好みますが、神様の人々がこの世代を学んではいけません(ロマ12章2節)。神様の御言葉の中で適切に実践できていない部分がまだ残っているとしたら、善い姿にすべて直していきましょう。 誰もが聖書の教え通りに生きて、永遠の天国に十分に進んで行かれることを願います。 母の教えと「立派な母親賞」 良い本は、読めば読むほどその中に込められた良い内容が、人々に精神的な喜びと利益を与えます。最近多く言及されている用語が「ヒーリング」なのですが、神様は傷ついた魂、道に迷ってさまよう魂を聖書の教えを通して正して下さり治癒して下さいます。そのような教えを受けた子供たちが感動を受けて、そこからまた創出された悟りの文を読むことによっても、私たちはまたさらに多くの悟りを得ることができます。 「あなたがいて幸せです、御母様」というエッセイ集に「立派な母親賞」という文があります。筆者は、学校の朝会の時に意外にも、自分の母親が、子供を他の模範となる学生として正しく教育したと、立派な母親賞を授賞する姿を見ることになり...

救いの対話、宣教

구원의 대화, 전도

私たちは一日の中でも多くの対話を交わします。仕事のための対話もあり、家族と共有する談笑、聖徒同士手を握り合って祝福を願う挨拶もあります。考えてみれば対話は生活の中で大きな比重を占めるもののようです。対話なしに互いを理解したり、意思疎通するのは難しいからです。それだけ人生の中で、対話は必要不可欠な要素です。 対話の中には虚しく役に立たず、悪い結末を招く言葉も多くあります(マタ12章34-37節)。だから神様は、私たちに美しい対話法を教えて下さいました。まさに宣教です。宣教は神様の御言葉を主題にして、魂を生かそうとする心で交わす対話です。そのような対話こそ、善にして義であり、世を救う対話だと言えます。 神様は私たちに救いの対話に励むことをお許しになりました。神様が望まれる美しい対話を交わすことによって、世界を浄化させる天の子どもにならなければなりません。 対話が必要な私たちの生活  対話の断絶によるコミュニケーションの不在は、現代社会の中で多くの問題を呼び起こします。ある経営者は、経営の失敗につながる企業の問題の60%が従業員の意思疎通の不在から始まったと発表しました。家庭でも同じです。専門家たちは、離婚の原因の50パーセントが、夫婦間の対話断絶と言います。これだけでなく、犯罪心理学者は、犯罪者の90%に、他人との対話と交際が円滑でない点が発見されると分析します。 要約すると、対話がないところに葛藤があり、失敗があります。...

小羊の命の書

어린양의 생명책

聖書の教えを見ると、天国の入り口で、天国に入る資格がある神様の民とそうでない人が区別されていることが分かります。いくら「主よ、主よ」と叫び、キリストを信じて、その名前で預言者の役割をしても、不法を行う者は天国に入れずに、皆追い出されます(マタ7:21-23、25:31-46)。 この場面は、まるで入国審査場の姿と似ていると言えます。空港の入国審査場を見ると、その国に入ろうとする人々は、すべて入国審査を受けます。ところが、その国の国民と、外国人は、審査される列が異なります。その国の国籍とパスポートを持っている人は、別の審査台でパスポートにスタンプだけもらって簡単に通過しますが、外国人の場合は、審査官が訪問の目的や滞在期間などを聞いて不純な入国意図はないか、自国に害を及ぼす者ではないか一つ一つ選り分けます。 天国も、天国の市民権を持つ人が入ることができます。天国の市民権を持つ人々は、その名前が小羊の命の書に記録されています。 天の市民権保持者と命の書 ルカ10:17-20 「七十二人は喜んで帰って来て、こう言った。 「主よ、お名前を使うと、悪霊さえもわたしたちに屈服します。」イエスは言われた。…悪霊があなたがたに服従するからといって、喜んではならない。むしろ、あなたがたの名が天に書き記されていることを喜びなさい。」 イエス様は弟子たちに自分の名前が天に記録されたことを悟らせて下さいました。名前が天に記録されたとした...

荒れ野と信仰の荒れ野

광야와 믿음의 광야 길

聖書はこの時代を生きていく神様の子供たちが、信仰の教訓と警告を得ることができるように、過去の歴史を詳細に記録しています。イスラエルの民が歩いて行った荒れ野の道もやはり、ただ過ぎ去った歴史にとどまらず、天国のカナンを見つめて信仰の道を歩いている霊的イスラエルの民が鏡にすべきである写しと影の歴史です。イスラエルの民が四十年の間歩いた荒れ野の道で、さまざまな試みに直面した歴史を振り返り、今日私たちが果たして神様の御心にふさわしい信仰の道を歩いているかどうか調べてみましょう。 鏡と警告として記録された荒れ野の歴史 3500年前、イスラエルの民族が、乳と蜜の流れるカナンの地に入るためにエジプトの地を出た時は、一ヶ月であれば充分に目的地に到着するものと考えました。エジプトからカナンまで、あまり長い道ではなかったので、不毛の荒れ野を四十年間も歩くことになるとは想像もしなかったのです。 その中で一日、二日と、荒れ野の生活が長くなり、用意した一カ月分の食べ物が底をついて、食べるものがなくなると、空腹と喉の渇きに疲れた彼らの口からは、不平や不満が溢れ始めました。結局、神様を恨んで反逆し、最初に持っていた信仰の目的を忘れてしまったイスラエルの民は、大半が荒れ野で倒れてしまいました。 一コリ10:1-12 「兄弟たち、次のことはぜひ知っておいてほしい。わたしたちの先祖は皆、雲の下におり、皆、海を通り抜け、皆、雲の中、海の中で、モーセに属す...

最後まで耐える信仰

끝까지 견디는 믿음

イスラエルの民の荒れ野生活40年の歴史を振り返ってみると、神様の御心にふさわしくない生活を営むことにより、20年や30年、あるいはカナンの地に入る直前まで厳しい荒れ野を歩いて来ても、結局その群れから離脱したり、脱落した場合が多くありました。この時代、私たちの信仰の荒れ野においては、一人も落ちこぼれず、全員が天のカナンまで無事に到着するように願います。 今は信仰生活をする上で、様々な条件が以前よりもはるかに良くなったことは間違いありません。しかし、そのような外的な環境に反比例して、忍耐する心はますます減る傾向があるようです。シオンの家族たちは忍耐する信仰を持ってくださるよう心からお願いしながら、最後まで耐える信仰について聖書はどのように教えているのか一緒に調べてみましょう。 救いに至る前提条件、忍耐 マタ10:22 「また、わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。」 悪魔は、私たちが最後まで耐えることができるかどうか試みるために、あらゆる種類の計略と策略を図っています。私たちがブドウの木についている実だとしたら、その木をずっと揺らし続けているのです。時には風で、時には獣で、一日も休まずに、私たちの信仰を落とすためにあらゆる努力をしています。 マラソンをする時、最も大変な時はおそらく最後のゴールラインを控え、体力の消耗が最も激しい時であるはずです。マラソンのゴール...

父なる神様、母なる神様

아버지 하나님, 어머니 하나님

神様は、福音を聞いて悟り救いに至ることができる機会を、全人類に許されました。その御恵みによって世界の福音の御業が驚くほどに成し遂げられている中、世界のあちこちで数多くの魂が悔い改めて神様の懐に帰って来ています。 福音を伝え聞いた人々が一番驚くのは、まさに天のエルサレム母についての真理だといいます。ヨーロッパや北米、南米、オセアニア、アジア、アフリカに至るまで、世界のどの国でも天の母の真理の前に、福音の門が大きく開かれているのは、それだけ世界の人々が天の母の救いを切に待っていたという生きた証しだといえます。 父なる神様と共に、私たちの救いを成されている母なる神様に対する聖書の教えを調べながら、全世界に天の母の栄光が現れることを願われる神様の御心をもう一度心に留めましょう。 永遠の命を下さる神様を知ることを追い求めよう 神様は私たちが神様を知ることが一番大きな知恵であり、分別だと言われ、何よりも神様を知ることを喜ばれると言われました。なぜなら、救いは神様を知ることにあるからです。 箴9:10 『主を畏れることは知恵の初め/聖なる方を知ることは分別の初め』 ホセ6:3─6 『我々は主を知ろう。主を知ることを追い求めよう。主は曙の光のように必ず現れ/降り注ぐ雨のように/大地を潤す春雨のように/我々を訪れてくださる。…わたしが喜ぶのは/愛であっていけにえではなく/神を知ることであって/焼き尽くす献げ物ではない。』 ...

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 24 25next