한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 24 25next

サラが言うことに聞き従いなさい

사라의 말을 들으라

今から約三千五百年前、神様はシナイ山に降臨され、神様の御声で御自ら十戒を宣布された後、その御言葉を石の板に刻まれました。神様が命じられたすべての御言葉は成文化され、今日私たちが調べている旧約聖書の根本になりました。また二千年前、この地に人の姿で来られたイエス様の行跡と、日常的に教えられた教訓の御言葉も、すべて記録として残され新約聖書の中心になりました。 ペトロとヨハネ、ヤコブがイエス様を随行した行跡、またイエス様が多くの人に山の上で教訓を言われた場面、病気の人を癒され多くの奇跡を行われた場面、過越祭にパンとぶどう酒をご自分の肉と血として約束され新しい契約を立てられたことなどは、今日、信仰の道を歩む私たちに多くの感動を与えています。このように聖父時代や聖子時代の歴史は、聖書に書き綴られ私たちに救いに至る知恵を与えています。 まだ成文化されてはいませんが、今日、聖霊時代に成し遂げられている福音の御業も、聖父時代や聖子時代に劣らず重要な位置を占めています。過ぎ去った歴史の中で、神様が御自ら命じられ言われたすべての御言葉が新旧約の記録として残り、今日私たちに多くの教訓を下さっているように、現在、神様が人の姿で私たちと共におられ教訓されている御言葉もまた、疎かにしてはいけない重要で絶対的な教えです。 サラが言うことに聞き従いなさい 聖書の教えの中には、天の民である私たちが忘れてはならない神様の絶対的な御心がこめられています。その中で...

父だけがおられる天国と、母も一緒におられる天国

아버지만 계신 천국과 어머니도 함께 계신 천국

最近、神様の教会を紹介するマスコミ報道や映像に接して、母なる神様について問い合わせてくる人が多いです。これまで神様の教会を知らなかったり、また誤って理解していた人たちが、真理の中に出て来ているという便りも世界のあちこちから伝えられています。 母なる神様を伝えたかったある家族が、知人に会って、あなたは天国に行きたいかと聞いてみたといいます。当然行きたいという答えに、そうしたら父だけおられる天国に行きたいか、それとも父もおられ母も一緒におられる天国に行きたいかと、再度尋ねました。聞かれた人は、同じことなら、父もおられ母もおられる天国が、よりいいじゃないかと答えたといいます。 皆さんはいかがですか?父だけがおられる天国と、父もおられ母も一緒におられる天国、二つの中でどちらの天国に住みたいですか?私は、父なる神様と母なる神様と一緒に、私たちの天の家族が一緒に集まって住む天国がはるかにいいです。 命の水をくださる “霊”と花嫁 黙 22: 17「“霊”と花嫁とが言う。「来てください。」これを聞く者も言うがよい、「来てください」と。渇いている者は来るがよい。命の水が欲しい者は、価なしに飲むがよい。」 ここで聖霊は、聖三位一体の中で、聖父である父なる神様と、聖子まさに息子としての神様と同一の神様です。聖父、聖子、聖霊すべて男性的な神様についての表現です。男性の姿の神様である聖霊と、その方の妻である花嫁が人類に「来てくだ...

御母様の心と福音

어머니의 마음과 복음

秋になると道端のイチョウの木が黄色く染まって、美しい趣をかもし出します。 ところで、よく見ればある木にはギンナンが一杯になっていて、またある木には全くギンナンがありません。イチョウは、メスの木とオスの木が分かれていて、実がメスの木にだけなるからです。 万物を作った創造主神様の摂理はまことに奥深いです(黙4:11)。 すべての生命体は、母親によって命を得て、母親を通じて実を結びます。 シオンでも神様が私たちに福音の実をお許したまいますが、その実は私たちが御母様の心で家族たちの面倒を見て、真心を込めて神様の御言葉の糧をまめに食べさせる時、実るようになります。 神様は、子供たちが御母様の心のような心を持つように願っていらっしゃいます。 それで、霊的実をたわわに結ぶことを願うなら、御母様の心を持たなければならないという事を万物の理を通じて、また聖書を通じて繰り返し悟らせてくださいました。 種を保管する最善の方法 昔、ある王様に息子が三人いました。 王が年を取ると、 臣下たちは三人の王子の中で、誰が次期王になるのが良いか議論しましたが、みんな才能があり、民や全ての臣下たちの信望を得ていて簡単に結論を出せませんでした。 臣下たちは王に、 国をよく治めようとすれば何より民たちのひもじさを解決しなければならないから、穀物の種を秋まで保存する試験を出して、この問題に一番うまく対処する王子を後継者にした方が良いのではないかと申し上げまし...

天国の年輪

천국 나이테

アメリカには、樹齢がほとんど 5000年に逹する、 現存する木の中で一番古い木があります。 この木の持っている約 5000本の年輪の中には、毎年その木が経験した哀歓と苦痛、辛さがすべて記録されていて、5000年という長い時間が経っても専門家が年輪を見れば、当時の状況を把握することができると言います。 永遠な天国を望む私たちにも生きて来た人生の跡が記録される霊的な天国の年輪があります。 それなら、 2013年度私たちの年輪はどんな内容で記録されているか、自分を振り返ってみましょう。 福音のために私が今までしたことは何で、私が行った努力の数々は、果してどんな記録でもって天国に帰ることができるか考えてみて、過去の事柄がもし不足しているとしたら、天国に記録される霊的な年輪を今からでも恵み深く作って行くシオンの家族たちになられるようお願い致します。 木の年代記、 年輪 木は過去、生きて来た歳月についての記録を持っています。 まさに、年輪です。 歳月の流れがただ記録されるのではなく、この木がどんな環境でどんな事を経験しながら生きて来たのか、年輪の中に毎年詳細に記録されます。 春から秋まで、木は細胞の生長が早くて、材質も柔らかいのですが、日照りを迎えたり、冬になれば細胞が密になり、材質が硬く形成されると言います。 こんな環境条件の差が年輪を作り出します。 熱帯雨林地域のように水も豊かで気候の変化がほとんどない地域の木は...

神様を愛しているか?

하나님을 사랑하는가

神様は私たちを愛しておられます。 天地創造前に私たちを愛の中で選ばれたし、十字架に釘を打たれて最後の息が止まる時まで、私たちの安否を気づかわれ、今この瞬間も絶えず私たちを愛されています。 それでは、私たちは果して神様を愛していますか? 私たちが神様の内で、信仰の道を歩いていますが、本当に神様を愛しているのか、もう一度考えて見る時間を持てたらと思います。 エルサレムを愛する人々に平安があると言われ、目が見もせず、耳が聞きもせず、人の心に思い浮かびもしなかったことを、神様は御自分を愛する者たちに準備されたと言いました(詩122編 6節、一コリ2章 9節)。 今年は皆が神様を愛する心を持って、神様が準備なさった祝福と御恵みをすべて受け、享受する霊的ヨベルの年になったらと思います。 神様を愛する心で、喜び、神様に同行して天国に至る天の子供たちに皆さんなってください。 お母さんのお母さんに生まれることができたら 文を読んだ事があります。 ある中学校で先生が授業時間に「もう一度生まれ変わったら」という題で、作文の課題を出したのですが、学生たちが提出した作文の中に、断然目を引くものがあったと言います。 その文は、体が不自由なため、お母さんが車椅子に乗せてくれながら学校に登校する学生が書いたものでした。 文の書き起こしは「もう一度生まれ変わったら、私はお母さんのお母さんになりたい」と言う望みで始まっていました。 その後に敍述された理由...

永遠な世界に対する準備

영원한 세계에 대한 준비

聖書は人の生涯を草のようで、野の花のようだと表現しています(時 103編 15節)。 それほど短くて虚しいのが人生です。 しかし、人間はこの地での生涯が全てではなく、元々来た所があって、また将来行く所があります。 誰でもここでの生涯が終われば、後の世界に旅発たなければなりません。 それなら、将来行かなければならない天国に対して、今私たちはどの程度の準備をしながら生きているのか、一度考えてみることにしましょう。 臣下の忠言 昔、ある王とその王が寵愛する臣下がいました。 その臣下は人となりが誠実で善良な反面、純粋で間抜けに見える面もありました。 忠実で正直な性分が気に入った王は、彼を信任して国政運営において多くの役目を任せました。 一度は王がその臣下に全国を巡回して民たちの民政を視察して来なさいと命じました。 命令を受けた臣下が全国巡回を終えて、しばらくぶりに帰って来て見たら、意外にも王が病の床に伏していました。 臣下はびっくりして王にどうしたことか問いました。 「私がもう旅立つ時が来たようだ。」 「旅立つとは? その身でどこに行かれると言うのですか? 発たれればいつ帰って来られますか?」 「もう発てば、再び帰って来れない所に行くようになるだろう。」 「再び来れない所にどうして行こうとなさいますか? 行かないでください。」 重病にかかった王は自分の死について話したのだが、ばか正直な臣下はその言葉の意味が...

災いと過越祭

재앙과 유월절

朝起きれば、数多くの災いと災難の知らせがニュースを通じて私たちに伝えられます。 様々な災いの中でも最大の災いは何でしょうか? 過越祭はどんな災いを兔れさせてくださるために神様が作っておかれた処方薬でしょうか? 世の中で起きる災いは、いくら長く持続するとしても、人生の寿命を越すことはありません。 しかし、聖書を見れば世々とこしえに遭う災い、その苦痛があまりにも甚しくて、死にたくても死が人々を避けていく災いがあります。 神様が私たちに新しい契約の過越祭の真理をお許しになった裏には、その凄まじい災いから私たちを救ってくださろうという切なる御心があります。 世々とこしえに続く災い 世の中には意図しない事故や天変地異で苦しむ人々がいます。 疾病で苦しむ人々もいて、生活問題で困難を経験する人々もいます。 生きて行きながら、このように、各自多様な形態で出くわす大小の災いがあるでしょう。 しかし実際は、世々とこしえに苦難を受ける、 最大の災いの中から救おうとされるのが、神様が過越祭の真理を立ててくださった、究極的な目的だと見ることができます。 先に、聖書で言う最大の災いについて調べてみます。 黙19:20-21 しかし、獣は捕らえられ、また、獣の前でしるしを行った偽預言者も、一緒に捕らえられた。このしるしによって、獣の刻印を受けた者や、獣の像を拝んでいた者どもは、惑わされていたのであった。獣と偽預言者の両者は、生きたまま硫黄の燃えて...

ヨナの船とパウロの船

요나의 배와 바울의 배

人生の終わりには裁き、審判があります(ヘブ9:27)。 審判を違う言葉で表現すれば裁判になります。裁判はその人が罪人なのか罪人でないのか、罪があったら罪の度合いがどの程度なのか、最終判決をする過程であるように、霊的世界での審判も同じです。 地獄の苦痛がどんなに大きいのか知らない人々は、この地で与えられた時間を簡単にむだ使いしてしまい、最後の瞬間になって後悔する状況を迎えてしまいます。神様が肉体の衣をまとわれ、この地まで来られた理由も、こんな人生の終わりについてご存知だからです。私たちの身代わりになって罪を贖ういけにえの供え物になられ、十字架の苦難を受けられながら新しい契約を立ててくださることで、地獄という刑罰の場に向かって進むしかなかった私たちに、天国に帰る道が開かれるようになりました。 私たちは天国に向かって駆けて行きながら、また一人の魂でも地獄から立ち帰らせ天国に導く事に心と思いを尽くさなければなりません。神様は、私たちが天で犯した罪と咎を完全に償って、天国に帰って来るように願っていらっしゃいます。 そんな意味で私たちに任せられたのが宣教の使命です。 宣教とは単純に聖書の御言葉を文字的に伝えるのではなく、人々に今進んで行っている道の果てがどんな所なのかを知らせてあげて、その足を天国に向かわせることです。 宣教の意味を振り返って、私たちがどんな心を持って神様を畏れ敬わなければならないのか考えて見る時間を持つようにします。 ...

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 24 25next