한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 24 25next

試みと希望

시험과 소망

人は誰でも自分の経験をもとに物事を判断し、理解しようとします。それゆえに、自分が経験したこと以外は知らないので、限られた知識で聖書の預言を信じられない場合が多いです。復活と変化に対する預言と、神様の民に許される未来の栄光も、世の人は自分が経験したことではないので、理解しようともせず信じようともしません。 自分が今まで経験したことだけが世のすべてではありません。経験できなかったことだといって、無条件に否定するより、神様の真の御言葉を受け入れ、信じるべきです。聖書の預言を目標にし、信仰と希望と、すべての試みを克服するシオンの家族になってください。 目に見えない永遠のことに対する希望 ある人々が、太陽が上って沈む場所について、白熱した議論を繰り広げたといいます。漁師は東の海から上って、西の海に沈むのが太陽だと定義しました。山里に住む猟師は、そうではなく、太陽とは東の谷から上って、西の谷に沈むものだと反論しました。 エスキモー族は、太陽が氷の山の東の平原から上り、西の平原に沈むと主張しました。野原で羊を飼う羊飼いは、東の青い草原から上り、西の青い草原に沈むのが太陽だと言いました。都市の商人は、彼らの主張をすべて否定しながら、太陽は東のビルの森から上り、西のビルの森に沈むと声高に言いました。このように、みんな自分の経験だけで主張するので、誰の言葉が正しいのか証明できないまま議論が終わらなかったといいます。彼らの主張通りなら、空...

天国の秘密と神様の秘密

천국 비밀과 하나님의 비밀

神様は、信じる私たちには宝であられますが、信じない者にはつまづきの石と妨げの岩、仕掛け網と罠になられます。初臨の時にも、トマスのように自分の目で見なかった事実は、無条件に疑う人がいて、イエス様がオリーブ山で昇天される寸前まで疑う心でその場に参加した人がいました。しかしペトロやヨハネ、ヤコブのように、キリストの栄光を見分けて最後まで従った弟子たちも、聖書の中で見ることができます。 「天国の秘密を悟ることがあなたがたには許されているが、あの人たちには許されていない」という御言葉と、また「神様の秘密であるキリストを悟るようにするためである」と言われた御言葉を胸に刻んでみると、最終的に天国の秘密を悟ることは、神様の秘密であるキリストを悟って受け入れることにあるという事実を確認することができます。神様を知ることを追い求め、天国のすべての秘密を発見し、神様の保護と約束の中に常にいる天国の家族になってください。 キリストの中に隠された天国の秘密 マタ13:10-13 弟子たちはイエスに近寄って、「なぜ、あの人たちにはたとえを用いてお話しになるのですか」と言った。イエスはお答えになった。 「あなたがたには天の国の秘密を悟ることが許されているが、あの人たちには許されていないからである。持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。だから、彼らにはたとえを用いて話すのだ。見ても見ず、聞いても聞...

霊的万有引力

영적 만유인력

神様が作っておかれた森羅万象は互いに引き寄せる力が働いていると言います。これを万有引力と言うのですが、人と人との間もそうですし、机の上に置かれた鉛筆と消しゴムの間にも、本やパソコンとの間にも、私たちはよく感じられませんが、微力ながら、互いに引き寄せる力が働いているそうです。科学者ニュートンは、その力が両者の間の距離の二乗に反比例し、質量の倍に比例するという「万有引力の法則」を発見しました。 ニュートンは神様が作っておいた原則を少し理解しただけで、神様はすでにそのような物理学的要素を含ませ、天地万物を創造されたのです。人が、神様が造られた法則を一つ発見しても偉大な科学者になるのなら、そのような科学の法則を宇宙空間に数十億、数百億年前に散りばめておかれた私たちの神様こそ、本当に偉大な方ではありませんか? 両者の間の距離が短いほど引き寄せる力が強くなるのなら、神様と私たちの間が近ければ近いほど、霊的な聖霊の力が私たちに強く働くことでしょう。創造主なる神様の摂理を通して、神様が私たちに過越祭を賜った御心をもう一度振り返って見て、神様と​​常に一緒にいるシオンの家族になられることを願います。 神様の近くにいなさい 人には見えず感じられなくても、引力という力は確かに存在するといいます。引力があるので、地球が太陽と月の間で規則的に回転し、私たちも地球の重力によって地面に立っていることができます。 両者の間の距離が近くなるほ...

私たちの未来

우리의 미래

人は誰でも将来が気になります。それでは、「これから十年後、私はどんな姿だろうか、またそれ以降、私はどう変わるだろうか」と考えてみたことがありますか? 韓国には「十年経てば山や川も変わる(風景が変わる)」という言葉があります。私たちの周りを見回しても、以前、焼け野原だった所に高層ビルが建ち、以前と全く変わった姿をしばしば目にすることがあります。山や川が変わることも驚くべきことですが、神様の中で変えられる、将来の私たちの姿は、さらにどんなに不思議で驚くべきものでしょうか? 未来を考える知恵 世界銀行総裁を歴任したある人が、回顧録にこんな言葉を残したそうです。一度、彼が世界100大企業の総帥たちを集めて会議を主宰したことがありました。世界トップクラスの企業を率いていく経営者の考え方が気になった彼は、会議を開く数日間、彼らにインタビューをしたり、彼らの会話の内容も聞きながら、彼らが交わす話に耳を傾けました。すると、彼らの会話には一つの共通点がありました。過去、自分たちの会社がどうだったという話ではなく、将来、会社をどのように経営していくつもりだとい内容ばかり、会議の時間中も、休憩時間中も一貫して話していたのです。このことから、彼は、成功した企業は常に未来を考え、将来に備えるという結論を得るようになりました。 私たちも、私たちの未来を見通すことができなければなりません。毎週七日目の安息日には教会に行った、賛美歌を歌った、神様...

命の法を守ろう

생명의 법을 지키자

ダビデの生涯を見ると、神様の掟と定めと法は、彼にとって楽しみの対象でした。神様の律法は魂を生かし、神様の教えは心を喜ばせると言ったダビデは、神様の掟を純金よりも慕いました(詩19:7-11、口語訳)。 神様の民であれば、このように神様のすべての教えを楽しんで従順に守らなければなりません。神様の御言葉は、すべての子供たちの霊的な利益を願い、永遠の命と救い、祝福を下さろうという極めて深い愛から言われたものです。シオンの家族皆が、神様の戒めを愛し守ることによって、ダビデのように神様の心に適う者になって下さい(使13:22)。 新しい世界に適応するための訓練 しばらく前、あるスカイダイバーが宇宙服を着て、対流圏を超えて成層圏からの自由落下を試み、成功したというニュースが海外トピックスで報道されたことがあります。今まで人間が挑戦したことのなかった高さから、それも地上と気温も大きく違い、空気も非常に希薄な位置から落下が試みられたことは驚異的なことと言わざるを得ません。 もし、その人が宇宙服を着ないで落下を敢行したらどうでしょうか?宇宙飛行士たちを一度思い浮かべてみましょう。宇宙に行くには、それに合った服を着るべきです。地球は空気があって、人体のあらゆる部位が適切な圧力の中で今の形を維持していますが、真空状態である宇宙には気圧の影響がないので、内部のものが急速に拡大し、問題を引き起こします。また、地球は人が暮らすのに適した環境と温...

祈りは力を呼ぶ神様の道具である

기도는 능력을 부르는 하나님의 도구다

人はエネルギーが低下すると活気がなくなります。同様に霊的にも元気がなくなると、信仰生活をする上での活力が出て来ないので、神様は私たちに午前と午後二回の日ごとの祈りの時間はもちろん、祭りに沿って霊的なエネルギーを補うことができる特別な祈りの時間を賜りました。 神様の聖徒たちは、聖なる信心深い生活を送って、神様の日の来ることを待ち望み、それが来るのを早めようとして生きています(二ペト3:11〜12)。一日一日敬虔で意味のある信仰生活を営むことができるように、神様が私たちに祈りの重要性を教えて下さいました。祈りについての聖書の教訓を一緒に見ながら、さらに祈りに励むシオンの家族になってください。 絶えず祈りなさい 信仰生活において祈りは欠かせない重要な部分です。祈りは形式ではありません。 教会に行くから儀礼的にする行動でもありません。神様の前に真心を打ち明け、私たちの心を完全にささげるのが祈りです。 二言三言言って、祈り終わったと考えるのではなく、心の中にあるすべての願いを神様に告げて天からの力をまとわなければなりません。神様は祈りを通して私たちに、内的な力を与え続けてくださいます。だから聖書は「絶えず祈りなさい」と教えています。 一テサ5:15-18 だれも、悪をもって悪に報いることのないように気をつけなさい。お互いの間でも、すべての人に対しても、いつも善を行うよう努めなさい。いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい...

選択の生活

선택의 삶

私たちの信仰生活において、神様の御言葉通り選択して生きる生活がどれだけ祝福された人生なのか一緒に調べながら、神様の御言葉に従う中で天国に行く生活ができるように、いつも天の父と母に喜ばれる御心を選択することができるシオンの家族になってください。  信仰の先祖たちの生活を眺めてみると、2千年前、ペトロやヨハネ、ヤコブのようなイエス様の弟子たちや、さらにさかのぼってモーセ、アブラハム、ノア、アダムとエバに至るまで、すべてが選択の人生だったと言うことができます。また荒れ野時代、イスラエルの民たちも瞬間、瞬間、選択しながら、彼らに与えられた人生の時間を過ごしました。  今日私たちの人生も同じです。人の一生は選択の連続です。一分一秒ごとに選択の岐路に立つ選択の人生を生きていきながら、今、私たちはどれだけ正しい人生を選択して生きているのか、聖書の教えを通して一度考えてみましょう。 キリストを選択した弟子たちの生活  私たちに与えられた人生という時間は長くありません。新年が明けて、世界各地で祝砲を打ち上げて賑やかだったのが、つい昨日のことのようなのに、振り返ってみると、もう年末が近づいています。一年が一日のように早く過ぎてしまうのが、私たちの人生です。  神様は人類を救うために6000年の長い救いの計画を立てられ、聖父時代、聖子時代、聖霊時代に区分されて、救いの道を導いておられます。聖書に記録された御言葉通りに行う人生を選択し...

言葉と救い

말과 구원

人が生きていく上で言葉は非常に重要です。言葉一言によって、これまで積み上げておいた信仰が一瞬にして崩れることがあり、一言によって互いに積み上げておいた信頼が一瞬にして壊れる場合も世でよく見られます。  言葉を用いずにはいられませんが、話をするにしても言葉を選びながら、相手を配慮しなければなりません。こういう話をしたら、相手が聞いてどんな判断をするようになるか、その人の信仰がどのようになってどのような結果をもたらすかを考えるべきなのに、そのような考えなしに、なにげなく吐き出される言葉、複数の人を経て膨らみながら伝えられていく言葉が、誤解や不和をもたらします。  肉的な世界でも言葉が重要であれば、信仰の中での救いと関係する言葉は、なおさら重要でないはずがありません。神様は言葉に関する数々の教訓を聖書に記録しておかれました。聖書を調べながら、言葉が私たちの信仰においても、どれだけ重要かを一緒に考えてみましょう。 善くて恵み深い言葉  神様は言葉を話しても徳のある言葉、感謝する言葉を話し、不平を言う言葉がないようにせよと教えてくださいました。 エフェ4:26-32 怒ることがあっても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。悪魔にすきを与えてはなりません。…悪い言葉を一切口にしてはなりません。ただ、聞く人に恵みが与えられるように、その人を造り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて語りなさい。…...

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 24 25next