한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 24 25next

ただ神様のみが答えである

오직 하나님만이 해답이다

ある問題にぶつかる時、私たちはしばしばその問題を解決できると思われる人の助けを探し、求め、頼ろうとする傾向があります。地上のものは影であり、その実体は天にあります(ヘブ8:5)。それでも私たちは、影を追いかけて、ことを進めようとする時が多いようです。  影を追いかけてみても何の役にも立ちません。実体を追わなければなりません。福音の御業を導かれ、成し遂げられる方は神様です。天で神様が承認される時、地上でそのまま反映されて成されるのです。  人の知恵、人の能力や力では決して神様の仕事を進めたり、妨害することはできません。「私の助けは来る/天地を造られた主のもとから」と言った詩編の記者の言葉のように、ただ神様だけを見て、聖書の教え通りに生きて行かれるように願います(詩2:1-6、121:1-2、146:3-5参考)。 神様を心に留めよ  最近多くのマスコミが、神様の教会について報道しています。母なる神様を信じ、その教えに従って世の中の光と塩の役割をしている神様の教会の真の姿を正しく知り、韓国の主要メディアから出版される月刊誌が全て、良い教会と報道するので、多くの人が関心と賛辞を送っています。一方、光が表に現れるほど、闇は光を嫌うため、サタンが激怒してあらゆる偽りで神様の教会を陰湿に攻撃しようとする試みも続いています。  そんな中でも神様の恵みにより、聖徒がいつのまにか200万人を超えました。最近キリスト教徒数が世界的...

御言葉と糧

말씀과 양식

人は糧(食べ物)を食べないと、しっかりとした活動をすることができません。考えることもまともにできず、目標と計画を適切に遂行することができません。霊的にも同じです。霊の生活の中でも、糧を食べなければ、私たちが望む霊的な恵み深い事々を図ることができません。  神様の御言葉は私たちにとって命の糧であり、私たちの魂を生き返らせる力があることを聖書は悟らせています。イエス様は「朽ちる食べ物のためではなく、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい」という教えをくださいました(ヨハ6章27節)。朽ちる食べ物、すなわち世のものを追い求めるために霊的な食べ物である神様の御言葉を無視してはならない、と与えられた教訓です。神様の御言葉の糧が私たちにどれだけ貴重なのか悟る時間を持ってみましょう。 働き蜂と女王蜂の違い  蜂は、植物が実を結ぶことに役立ち、自然界の秩序を維持する一員として、これまでまめまめしく働いてきた昆虫です。蜂の中には仕事だけする働き蜂がいて、群れを統率する女王蜂がいます。働き蜂と女王蜂の違いは、他でもなく食べ物にあります。  蜂の巣で孵化した蜂の子は、孵化した直後に皆一緒にローヤルゼリーを食べるのですが、働き蜂は四日程食べた後は、他の餌を食べるのに対し、女王蜂は一生ローヤルゼリーを食べるそうです。女王蜂は働き蜂よりも体が大きく、寿命が7週間程度の働き蜂に比べ、はるかに長生きして7年ほど生きるといいます。このような違いが食べ...

恐れない宣教

두려움 없는 전도

最近、多くの天の家族がシオンに帰って来るので、神様が世界のあちこちにシオンの倉をお許しくださっています。預言通り、福音の御言葉は全世界に満ちています(ハバ2:14、マタ24:14)。  全世界が神様の御言葉で満たされる今、福音を伝える私の声は、そのうちどれほどを占めているか考えてみましょう。永遠に後悔を残さないようにするには、福音を伝えることにおいて、しようかしまいかと、躊躇したりためらったりしないようにするべきです。「恐れ」には、神様の祝福を失ってしまう要素があり、恐れない大胆な宣教には大きな祝福があります。聖書の御言葉を通して一緒にその内容を見つけてみましょう。 ギデオンの勇士たちの選抜基準  成功するための最も重要な要件は「実践」だといいます。考えてはいても、実践しない人は成功できません。電球を発明する前、エジソンは失敗を繰り返しましたが、試み続けました。  なぜそのように数えきれぬほど失敗を重ねながら、必ず電球を作ろうとするのか、という人々の言葉に、エジソンは「私はこれまで一度も失敗したことがない。ただ、このようにしたらだめだという方法を学んだだけだ」と答えたと言います。  私たちにも失敗はありません。神様はどんなことでも、できないことのない方です。神様に頼って恐れることなく進み出る時、その結末は成功であり、勝利です。 士7:1-3 「…主はギデオンに言われた。「あなたの率いる民は多すぎるので、ミ...

神様を受け入れなさい

하나님을 영접하라

聖書の真理の御言葉の中には、救いを受ける跡継ぎである私たちを、真理の道、義の道に導かれ、神様の人として完全な者にならせようとする神様の御心が込められています。 その中で二千年前、人の姿で来られた神様を恵み深く受け入れた聖書の人物たちの行跡は、今日を生きる私たちのための良い教訓だと言われました。彼らを通して神様を正しく受け入れる信仰の姿勢について学びながら、この時代に登場されたエロヒム神様を受け入れよという救いのメッセージを、全国と海外の各所に早く伝える神様の子供になりましょう。 神様を受け入れた人たちに下さった権勢 まず、イエス様がこの地に来られた当時、人の姿で来られた神様を受け入れた人たちが受ける祝福について、悟らせて下さった場面から調べてみましょう。 ヨハ1:10─13『言は世にあった。世は言によって成ったが、世は言を認めなかった。言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。しかし、言は自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。この人々は、血によってではなく、肉の欲によってではなく、人の欲によってでもなく、神によって生まれたのである。』 天地を造られた創造主の神様がこの地に来られたのに、大多数の人は見分けられず、受け入れられませんでしたが、少数の人だけが神様を知ることができる祝福と幸運を得ました。彼らはひたすら神様から出た者であり、たとえ神様が人の姿で来られても、その...

エルサレムを愛する者よ

예루살렘을 사랑하는 자여

一年、一年、信仰の時間が経てば経つほど天の父と母の御恵みによって美しい天使の姿に変えられる預言の瞬間が近づいています。 このような時に、約束の子供として召されたシオンの子供たちは、聖書の預言に従ってこの時代の福音を導かれるエルサレム母について正しい眼目を持ち、外に現れた姿の裏に隠された天の母の犠牲を悟らなければなりません。そうしてこそ救いを受ける神様の跡継ぎとしてふさわしい信仰の姿勢を持つことができます。 天の母が導かれる最後の福音の御業が、どのような状況の中で日ごとに進行されているのかを、聖書の預言を通して調べてみながら、天の母の偉大なる犠牲を悟る時間を持ってみましょう。 女と女の子孫の残りの者たち 黙12:17『竜は女に対して激しく怒り、その子孫の残りの者たち、すなわち、神の掟を守り、イエスの証しを守りとおしている者たちと戦おうとして出て行った。』 この御言葉を見ると、最後に竜と女が熾烈な一戦を辞さないと預言されています。そうしたら竜と敵対して決戦する女、すなわち残りの子孫の母になる方は、誰を意味しているのかを、創世記の歴史を通して調べてみます。 創3:15『お前と女、お前の子孫と女の子孫の間に/わたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き/お前は彼のかかとを砕く。』 ヨハネの黙示録12章に登場する女の子孫の残りの者たちと、創世記3章に登場する女の子孫が、蛇(竜)として表された悪魔と敵の関係になって敵対す...

聖なる都エルサレム

거룩한 성 예루살렘

聖書の預言に従って、エルサレムの栄光が全世界に迅速に伝わっているこの時代、世界のあちこちから、シオンの子供たちがエルサレムに集まって来ているという知らせが続々と届いています。このような兆と徴を見る時、神様が預言なさったとおりに、エルサレムの栄光がサマリアの全土と地の果てに至るまで、世界すべての民族に伝わる日が遠くないようです。 全世界に栄光が伝えられているエルサレムの実体と、エルサレムの栄光に集まる者が受ける祝福について、聖書の御言葉を調べてみることにしましょう。 聖なる都エルサレム キリストがこの地に二度目に来られたのは、私たちに救いを下さるためです(ヘブ9:28)。二度目に来られて施される神様の救いが、どのように成就されるのか、ヨハネの黙示録の預言を通じて調べてみましょう。 黙22:18─19『この書物の預言の言葉を聞くすべての者に、わたしは証しする。これに付け加える者があれば、神はこの書物に書いてある災いをその者に加えられる。また、この預言の書の言葉から何か取り去る者があれば、神は、この書物に書いてある命の木と聖なる都から、その者が受ける分を取り除かれる。』 神様は、聖書の最後の部分で、この本の預言の御言葉どおり行わなければ、命の実と聖なる都から受ける分を取り除かれると厳命を下されました。命の実に進み出ることができないことは、永遠の命を得ることができないことであり、聖なる都にあずかる特権を取り除かれる...

徳を高める者になりなさい

덕을 세우는 자 되라

御母様の教訓の御言葉のように、海のような広い心で他の人を理解して受け入れることを指して「徳」といいます。聖書のところどころに徳についた教えが多く記録されているのは、全世界に天の母の栄光を現すため、召された者が必ず持つべき徳目の中の一つが、まさに徳であるからです。 シオンの子供なら、真理のうちで心と魂と力を尽くして神様の掟を守り、神様を畏れることが当然ですが、神様はこのすべての事を行う時、必ずその内に徳を高めることを願われています。このような御心に従って、これまで前だけを見て息を切らして走ってきた私たちの信仰の道を振り返ってみて「徳を高めなさい」と言われた神様の御言葉を心に刻む時間にしたいと思います。 知恵や威厳より徳が一番 昔、朝鮮時代に名臣として知られていた宋東春という人がいました。彼が10歳になったとき、一家の長が彼の聡明さと知恵を量るために質問をしました。質問の内容は「敢えて騙さず、とても騙せず、うまく騙せない」という言葉があるのだが、この3つがどのように違うのかということでした。幼い宋東春は次のように答えました。「威厳のある人を敢えて騙さないのは、騙すのが怖いからであり、善良な人をとても騙せないのは、心からその人に感服したからであり、また知恵ある人をうまく騙せないのは、彼の明るい知恵に押されるからです。」 その答えに、一家の長はその3人の中で誰が一番いいか再び尋ねました。二番目の質問に宋東春は、とても騙...

神様の種

하나님의 씨

聖書を見ると、神様が終わりの救いを受ける民を種とされ、御自分を償いの献げ物としてささげることによって、その種(子孫)と見なされたという御言葉があります。 神様が造られた自然の万物の中で、種は妙な特性を持った存在です。種はその中で命がある程度育つと、母体である本来の植物の形態にそのまま似るようになります。そして、種は実を結ぶ特性を持っています。どんな植物でも種から発芽し、固有の形態になると必ず多くの実を結ぶようになります。 神様が私たちを種(子孫)と見なされたという御言葉には、私たちが真理のうちで新たに生まれて育つなら、私たちの姿が必ず神様に似なければならず、また必ず実を結ばなければならないという意味が含まれています。 神様が歩まれた犠牲と愛の姿を正しく学ぶことができなかったら、私たちが神様の種としての役割を正しく果たすことはできないでしょう。神様の種らしく、人々が私たちの姿だけ見ても神様をすべて理解することができるようにしなければなりません。そして、多くの実を結んで神様に喜びをささげるようにしましょう。 キリストの犠牲で生成された種 今日、霊的イスラエルの民、即ちキリスト人だという神様の民が、全世界に海の砂のように多くいます。しかし、選ばれた約束の子孫は、神様の種として考えられる聖徒のことなのです(ロマ9:27–29参考)。神様は御自分の種を残されるため、聖なる肉体を御自ら償いのいけにえとしてささげられまし...

prev1 2 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 24 25next