한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 29 30next

自由の法 過越祭

자유의 법 유월절

全66巻にわたる聖書の記録は、預言者の私見や個人的な哲学を執筆したものではなく、神様が人類の救いのために下さった教えです。神様を信じて救いを渇望する私たちは、この事実を絶対的に信じた上で、御言葉を学ぶことに力を尽くさなければなりません。 聖書は、天のエルサレム、わたしたちの母を『自由な身の女』と呼んでいて、キリストが私たちを自由にしてくださることで、私たちはもう罪の奴隷ではなく、自由の身になったと教えています(ガラ4:26、ヨハ8:32~36)。 私たちは自由な身であられる父なる神様と自由な身であられる母なる神様を信じる、自由な身の方から生まれた子供たちです。聖書で言う自由とは何を意味するのかを確認し、自由の法である新しい契約の過越祭によって、私たちに永遠の自由をお許しくださった、神様の御恵みに感謝をささげる時間を持ってみましょう。 罪と死の鎖に縛られた人類 キリストがこの地に来られた目的は、人類を救うためでした(ルカ19:10)。聖書で言う救いとは、罪から解放させ、自由を与えることを意味します。神様の御恵みにより贖われ、自由を得る前までは、私たちの魂は罪と死の鎖に縛られている状態でした。 ロマ7:21-25 『それで、善をなそうと思う自分には、いつも悪が付きまとっているという法則に気づきます。「内なる人」としては神の律法を喜んでいますが、わたしの五体にはもう一つの法則があって心の法則と戦い、わたしを、五体の内にある...

わたしがあなたたちに与える

내가 너희에게 주리니

神様は私たちに「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。」と言われました(一テサ5:16-18)。 「どんなことにも感謝しなさい」という御言葉は、私たちが良いことでも悪いことでも、簡単なことでも難しいことでも、どのような状況の中でも感謝しなければならないという意味です。 どんなことにも感謝しなさいと言われるのは、必ず感謝すべき理由があるからです。私たちはいつも神様に深く愛されています。知恵と才能から始まり、神様を信じる信仰心に至るまで、個人の能力だと思いやすい部分も、実のところはすべて神様が許してくださったものです。私たちの未来のために、すべてのものを提供してくださる神様に、毎日感謝と栄光をささげるシオンの家族の皆さんになられることを願います。 あなたがいただかなかったものがあるでしょうか? 何か仕事を行うたびに頭に思い浮かぶ話があります。科学が発達し、ついに人間のクローンまで造れる水準に至ったある日のこと、科学者が神様に挑戦状を差し出しました。「私も神様のように人を造ることができます。」一度やってみよという神様の御言葉に、意気揚々と科学者が人間を複製しようとしたその瞬間、神様が仰せになりました。 「それは私の土ではないか。お前の土で作ってみるがよい!」 人間は無から有を創造することはできません。科学技術がいくら発達したと言っても、神様のものではなく、個人のものだけで何かやってみろ...

ナンバーワン

넘버원

新年早々、神様が海外のシオンの家族を送ってくださって、天の父と母の栄光を賛美させられ、また、各国で多くの賞を受賞したという知らせも聞かせてくださいました。このような内容を考えてみると、シオンの民に世界中の人々から誉れを受けさせ、名声を得させられるという預言も、今年は完全に実現するものと信じます。 写しと影だと言われたこの地で、重ねて賞を受賞するのを見ると、神様が下さると約束なさった、私たちが天でいただく報い、つまり賞にさらに期待が高まります。神様は『わたしが報いを携えて来る、つまり与える賞がある』と間違いなく仰せになりました。宇宙から見ると、地球は無数の星々の間に隠れた一つの塵のような存在なので、地球でいくら大きな賞を受賞したとしても、永遠の神様の国で受ける賞とは、比べものにならないでしょう。私たちの神様がお許しくださる、福音のために召された者に下さる賞に向かって、今年一年も一生懸命走っていく、シオンの家族たちになられるよう願います。 最高であられる神様 「ナンバーワン」というのは、最高という意味です。私たちにとって、ナンバーワンは誰でしょうか?それは、まさにわたしたちの神様です。 聖書は神様について『いと高き方』と表現しています。神様は『王の王、主の主』であられ、極めて尊く、どんな者とも比較にならない最高の神であられます。(一テモ6:15、イザ57:15)。全宇宙の万物を造られ、司られ、すべての人々に命と呼吸を御自...

全能なる神様と信仰の世界

전능하신 하나님과 믿음의 세계

神様は私たちが信仰を持つことを願っておられます。神様を正しく知ることができなければ、信仰が生じることはありません。信仰の先祖たちも神様を正しく悟ってから、やっと真の信仰を持ち始めるようになりました。 私たちは自分が神様をよく信じていると考えています。しかし、神様が全知全能であられることを理解できなかったら、口先だけで空回りする信仰にすぎず、心の中には信仰が全くない状況になってしまうでしょう。私たちの心の中に神様がおられて働かれる信仰とはどんなものか、聖書で学んでみて真の信仰を抱くようにしましょう。 全能なる神様を悟る前と悟った後 ギデオンは、神様がイスラエルをミディアンの手から救いなさいと言われる時、「うちの一族は極めて貧弱で、わたくしも至らない者なのに、どうしてこのようなことができるでしょうか?」と辞退しました。先祖の時から代々神様を信じて来たギデオンでしたが、いざ神様に選ばれ使命を任せられると、初めは怖くて自信がありませんでした。神様は彼に幾つかの権能を見せてくださりながら、神様が全知全能であられることを悟らせてくださいました。神様の能力を体験した瞬間、ギデオンの考えと生涯は一変しました。命じられたとおり、従順に従いさえすれば、神様が必ず助けてくださるという信仰を持つようになったギデオンは、ミディアンと戦い、大勝利を手に入れました(士6-8章)。 モーセも同じでした。神様が彼に、イスラエルの民をエジプトから導き出...

宣教の祝福

전도의 축복

シオンの聖徒なら宣教の使命が極めて重く、その祝福がどれだけ大きいのか、よくご存じのことと思います。もし神様のお召しを受けて遣わされた聖徒たちがいないなら、世の中はどうなるでしょうか。 アメリカの作家ローワン·ジェイコブセンの著書に『ハチはなぜ大量死したのか(原題:Fruitless Fall-実りのない秋-)』という本があります。タイトル自体が意味深長で、多くのことを考えさせられます。霊的世界における宣教者の使命は、この地に結実をもたらすミツバチの役割と同じです。もし福音を伝える人がいなければ、この世は救いの結実を期待できないようになるでしょう。神様が世界を救える権威を私たちに与えてくださったということが、どれほど大きな祝福であるか、一緒に考えてみましょう。 ミツバチのない生態系、宣教者のいない霊的世界 私たちが山や野原の随所で目にする多くの実は、自然に結ばれるのではありません。その大部分は神様が送られたミツバチが深い山の中や、遠い野原まで飛んで行って、受粉してくれた結果です。このように小さな生命体たちも造り主のお申し付けに従い、一生懸命花々の間を飛び回って果物や穀物がよく実るようにしてくれています。 たとえ小さな生物とはいえ、それによって実をつける植物にとっても、食べ物を得る動物にとっても、ミツバチは非常に大切な存在です。もし地球上からミツバチが消えてしまったら、実も種も一つずつ消滅し、生態系に大きな影響を与える...

神様と私たちの関係

하나님과 우리의 관계

神様が私たちのことを「わたしの民」、「わたしの子」と呼ばれたということは、実に大きな意味を持っています。海の中に住む魚たちの世界で、知識や知恵にあふれ、度量も大きく、他の魚たちをうまく治められる魚がいると仮定してみましょう。いくら才能に長け、うまく統治し、その世界で地位が高く、とても尊敬される魚だとしても、人間の私たちから見れば何の関係もないはずです。同じように、神様の霊の世界から人間の世界を眺めるとき、私たちが神様と何の関係もないならば、どんなにこの地で、徳があり、慈しみ深く、知識が豊富で、他人が持とうにも持てないほどの卓越した才能を発揮する者だとしても、いと高き神様にとっては何の意味もないのです。 神様は『虫けらのような人類』を憐れんでくださり、契約と律法と法を通して、私たちを神様の民とされ、神様の子どもにしてくださいました。その結果、私たちには救いと永遠の命が与えられたのです。ですから、この世の何ものも、神様の愛から私たちを引き離すことができないように、神様との関係をしっかりと保持していかなければなりません(ヨブ25:4-6、ロマ8:35参照)。 「あなたはわたしと何のかかわりもない」 外国で戦争が起こったとき、そこにもし自分の家族や知り合いが住んでいるとなると関心を抱きますが、たいていの場合、多くの人命が犠牲になっても、人々があまり関心を払わない理由は、「自分とは関係ない」と思うためです。それと同様に、神様との関係...

天国の門を開く過越祭

천국 문을 여는 유월절

天国の門を開く過越祭 今日、世界には神様を信じるという数多くの教会がありますが、救いの約束が込められている神様の祭り、新しい契約の過越祭を守る所は、唯一神様の教会のみです。 「わたしの民は知識がないために滅ぼされる」と言われたとおりに(ホセ4:6口語訳)、多くの人々が聖書を正しく知らずに、過越祭を守る必要のないものと決めつけながら、神様を信じさえしていれば自然に天国に入られると思い込んでいます。聖書の御言葉を通して、私たちが守っている過越祭の意味をもう一度心に刻み、真と偽りを分別してみましょう。 天国の門を閉ざす者たち 2千年前、イエス様がこの地に来られた時に、当時の宗教指導者たちは神様の教えに従うどころか、多くの群れを間違った道に導いていました。 マタ23:13  律法学者たちとファリサイ派の人々、あなたたち偽善者は不幸だ。人々の前で天の国を閉ざすからだ。自分が入らないばかりか、入ろうとする人をも入らせない。 書記官とファリサイ派の人々は、当時主流となっていた宗教指導者です。ところが、イエス様は人々を天国に導くべき彼らが、むしろ人々の前で天国の門を閉ざし、自分も入らないのはもちろん、入ろうとする人をも入らせないと責められました。 人々が天国に入られないように妨害した者たちの結末は、火を見るよりも明らかです。イエス様は彼らに重々厳しく警告されました。 マタ23:32-33  蛇よ、蝮の子らよ...

どこに行っても共におられる神様

어디를 가든지 함께하시는 하나님

どこに行っても共におられる神様 2016年に入りながら、シオンの家族たちが70億の全人類に福音を宣べ伝えようと、エロヒム神様の御前で決意しました。天国の福音が全世界の万民に必ず伝播されると言われた御言葉を信じてエルサレムの栄光の光を発している所々から、多くの魂が神様の懐に帰ってきたという福音の勝報を伝えてきています。 神様は、御自分の貴い御旨を奉じて行っている所はどこでも共におられながら、勝利を得ることのできる栄光の道を準備しておられます。どこに行っても共におられると約束され、恐れることなく思いっきり福音を宣べ伝えなさいと言われたので、サマリア全土と地の果てまで福音を速やかに伝播して、皆が実を豊かに結ばれるよう願います。 エリヤがどこに行っても同行された神様 最近、全世界のシオンから聞こえてくる便りを見ると、天の父と天の母の御心を忠実に奉じて熱心に福音を伝えている所に、今まで私たちが経験したことのないほどのたくさんの良い実を、神様が豊かに結ばせてくださっておられることが分かります。神様の貴い御言葉である聖書を通して、神様の律法と掟を遵行する者たちに、このような御業が起こるという事実を確認してみることにしましょう。 王上17:8-16 また主の言葉がエリヤに臨んだ。「立ってシドンのサレプタに行き、そこに住め。わたしは一人のやもめに命じて、そこであなたを養わせる。彼は立ってサレプタに行った。町の入り口まで来ると、一...

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 29 30next