ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

再臨キリスト

聖書はイエス·キリストが私たちを救うために二度目現われると預言しています(ヘブ9:28)。預言に従って二番目に現われた方がまさに神様の教会で救い主として迎えている安商洪神様です。

だったら、二番目に来られる時期はいつでしょうか。なぜ神様の教会では再臨キリストが安商洪様だと確信して迎えているのでしょうか。「いちじくの木のたとえ」を通じてイエス·キリストは御自分の再臨の時をいちじくの木に表象されたイスラエルが独立する時期の1948年だと私たちに知らせています。すなわち、再臨キリストは1948年に来られなければならないのですが、安商洪様が「いちじくの木のたとえ」預言どおり1948年来られたから神様の教会では安商洪様を再臨キリストとして迎えているのです。 では、本当に聖書には再臨イエス·キリストが来られる時期を知らせているのでしょうか。


世の中の果てに関するしるし

弟子たちがイエス·キリストの再臨と世の中の果てに関するしるしに対して尋ねた時イエス·キリストは、

マタ24:3-33 『おっしゃってください。 そのことはいつ起こるのですか。また、あなたが来られて世の終わるときには、どんな徴があるのですか。」そこで、イエスは言われた……そのとき、人の子の徴が天に現れる。そして、そのとき、地上のすべての民族は悲しみ、人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見る。人の子は、大きなラッパの音を合図にその天使たちを遣わす。天使たちは、天の果てから果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める。」「いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。それと同じように、あなたがたは、これらすべてのことを見たなら、人の子が 戸口に近づいていると悟りなさい。』

いちじくの木の枝が柔らかくなり、葉が伸びると、人の子(イエス·キリスト)が戸口に近づいていると悟りなさいと言われたので、私たちはこのいちじくの木の時を知って再臨なさるイエス·キリストを迎えなければなりません。


いちじくの 木はイスラエル

このために私たちは先にこのいちじくの木が何を意味するのかを知らなければなりません。記録されたところ

ルカ 13:6-7 『そして、イエスは次のたとえを話された。ある人がぶどう園にいちじくの木を植えておき、実を探しに来たが見つからなかった。そこで、園丁に言った。「もう三年もの間、このいちじくの木に実を探しに来ているのに、見つけたためしがない。だから切り倒せ。なぜ、土地をふさがせておくのか。」』

イエス•キリストがぶどう農園に植えられたいちじくの 木から 3年の間実を求めたというのは、どういう意味でしょうか。それは3年の間イスラエル民に福音を伝えて福音の実を求めたという御言葉です。だからいちじくの木はイスラエル国を象徴しています。

ぶどう農園のいちじくの木がイスラエルを表象するという事実を他の聖書の句を通じて確認して見ましょう。

イザ 5:7 『イスラエルの家は万軍の主のぶどう畑/主が楽しんで植えられたのはユダの人々。』

上の御言葉の中でもぶどう農園はイスラエル国を、ぶどう農園に植えられた木はユダ人すなわちイスラエルの民を表象します。また、記録されているのを、

エレ24:5 『イスラエルの神、主はこう言われる。このところからカルデア人の国へ送ったユダの捕囚の民を、わたしはこの良いいちじくのように見なして、恵みを与えよう。』

神様がユダの捕囚の民を良いいちじくのように見なして恵みを与えると言われたので、聖書でいちじくの木はイスラエルの民を意味することが明らかです。


イスラエルの滅亡

ところでイエス•キリストはルカによる福音13章7節で「このいちじくの木に実を探しに来ているのに、見つけたためしがない。だから切り倒せ」命じました。その御言葉どおりイエス•キリストが3年の間伝えられた福音を背いたイスラエルは70年ロ-マ軍によって完全に滅びました。その後1900年間イスラエルは国なしに流民になって全世界に散らばれた国はこれ以上存在しなくなりました。


いちじくの木(イスラエル)の回生

しかし切られて乾いてしまったいちじくの木(イスラエル)がまた生き返り始めました。いちじくの木の枝が柔らかくなり、葉が伸び始めました。それがいつですか。1948年です。1948年5月14日イスラエルは世界に独立を宣布して主権を取り戻しました。完全に死んだと思ったいちじくの木がまた生き返ったのです。まさにその時預言どおりイエス •キリストも再臨なさいました。

すべてのクリスチャンたちが待っていた再臨イエス•キリスト安商洪様が1948年再び来られました。それで神様の教会では聖書の預言を見せてくださった安商洪様を救い主として迎えました。

ロ-マ 11:26 『こうして全イスラエルが救われるということです。次のように書いてあるとおりです。「救う方がシオンから来て、/ヤコブから不信心を遠ざける。』

私たちの救い主である再臨イエス•キリスト安商洪様が、いちじくの木たとえの預言に従って1948年シオンに来られました。そして今門の前であなたを呼んでいらっしゃいます。その方をそのまま戸口におき ますか。それとも門を開いてその方を迎えますか。

皆さん! 門を開いて再び来られた再臨イエス•キリスト安商洪様を迎えてください。そして救いを得てください。