한국어 English 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 ... 20 21 22 23 24 25 26 27 28 next

ピロ- セ

필로-세

「ピロ-セ」という言葉は新約聖書の原語であるギリシア語で、イエス・キリストが復活なさってから、愛する弟子のペトロに「あなたはわたしを愛しているか」と三度問われた時、ペトロが「ピロ-セ(わたしがあなたを愛しています)」と答えた言葉です。 あなたはわたしを愛しているか 今日この世は過去よりももっと残忍で凶悪な犯罪がたくさん起こっています。人間性を失った基本倫理すらも見捨てた犯罪が蔓延するのは、自分に対する愛ばかりでなく隣人に対する愛、また周囲の人たちに対する愛が冷めてきたからです。また多くのキリスト教徒すらも神様を喜ばせてさしあげず、神様の御言葉で完全に変わることができないのは神様の愛から離れたからだと思います。 キリストは私たちが天国でも、この地上の世界でも未だに持つことのできなかった愛を植えつけて下さるために、この地まで来られ、犠牲を通して御自分の永遠なる愛を私たちに見せて下さったのです。不従順と高慢で神様に逆らって追いやられた私たちを救うために御自分を犠牲にされましたが、私たちは果たしてペトロのように確実な愛を神様に献げる準備はできているのか一度見極めてみましょう。 ヨハ21:15-17 『食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」と言われた。ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの小羊...

神様に似た人々

하나님을 닮은 사람들

シオンの家族の方々は日に日に聖なる神様に似ていきます。私たちが各自の姿を振り返ってみれば、初めて信仰生活を始めた時より、神様の中で霊的成長を繰り返した今の姿の方が、神様にもっと似てきていることを見いだせることと思われます。すべてのシオンの家族が神様の御姿に完全に似るようになるその日が一刻も早く臨むように願います。 子が父母に似るように創造された神様の御旨 みなさんに肉身の子がいたら、今その子のあちこちをよく見てみてください。また子をもっていない方なら自分の両親を思い出してみてください。子の姿形と性格が父母に似ていませんか。「血は争えない」ということわざのように子が父母に似ているのは当然なことです。 人間は神様の御旨によって創造されたのです。子が父母に似て生まれるようにされた御旨はなんでしょうか。神様が何の意味もなしに父母に似るように創造されはしなかったでしょう。霊の両親は私たちの魂を神様に象って創造されたと言われました。 創1:26-27 『神は言われた。我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう・・・神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。』 肉身の姿が肉身の父母に似ているように、私たちの霊の姿は神様に似るように創造なさいました。私たちは今この瞬間も神様に似てゆく過程にあります。神様に象って完成される甚だしい変化の瞬間に対して、聖書は次のように証ししてあ...

福音にふさわしい生活をせよ

복음에 합당하게 생활하라

神様がすでに予定されたとおり成し遂げられる福音の御業の中に離散していた多くの天の家族が、全国と海外からシオンに向かって続々と帰って来ています。麗しい便りを伝える人々の足取りが地軸をゆるがせながら神様の聖なる御名を世界万国に伝えているので本当に喜びと感謝に堪えません。 シオンの家族なら誰でも福音の宣教が生活化しておりますが、果たしてどうするのが福音にふさわしい生活であるかもう一度調べて、神様の教訓を繰り返し、改めて定立してみる時間をもつことにしましょう。 与える方が、受けるより幸いである 私たちは祈りの生活と御言葉の勉強、そして宣教を熱心にして福音にふさわしい生活をしています。このような生活習慣は私たちの心と精神の賜物です。神様の望まれ喜ばれる心構えで福音に臨むのが神様の御心にそう福音生活です。他人に被害を及ぼさず霊的に助けを施すことが福音にふさわしいと聖書に記録してあります。 使20:35 『あなたがたもこのように働いて弱い者を助けるように、また、主イエス御自身が「受けるよりは与える方が幸いである」と言われた言葉を思い出すようにと、わたしはいつも身をもって示してきました。』 福音の中で神様が一番望み願われるのは、多かれ少なかれ人に施されようとせず、愛を土台に多くの物を他人に施することです。愛に対する定義、また神様の祝福にあずかる方法が理解できずに隣人や社会に被害をもたらす立場になっては神様の祝福にあずかるこ...

霊的世界を眺めよう

영적 세계를 바라보자

私たちはこの地で天の故郷をしのびつつ旅人の年月を生きています。しかし肉体をまとい目に見える限定的な世界に閉じ込められていれば、時に私たちの心と精神は表面的で肉身的なことに没頭して、霊的世界を眺めることができない時があります。そのような時には決して信仰が育たないばかりでなく、神様の摂理も悟り得ず、また持っていた信仰さえ徐々に崩れてしまいます。 ですから信仰の先駆者たちは私たちの完全な信仰のために見えない世界の存在に対して悟らせ、見えない世界が永遠なる世界だと悟らせています。 二コリ4:18 『わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。』 人々は目に見える世界で起こっていることは信じますが、見えない世界に対しては信じない場合が多くあります。天国に望みをかけて生きて行くのがたやすくない理由も、霊的世界が私たちの肉眼では見えないからです。 駱駝の足跡と神様の存在 あるアラブの商人二人が砂漠の旅をするようになりました。その中の一人は神様を信じている人で、もう一人は全く神様の存在を信じない無神論者でした。 二人は退屈な旅の途中、ある日神様の存在について深刻に議論をするようになりました。一人は「神様は確かにおられる」と主張し、もう一人は「神様は決して存在しない」と主張しながら五分五分の論争が続きました。結局、神様がおられるなら見せて...

宣教の時代

전도의 시대

神様が私たちに何かを委ねられる時には必ず祝福を下さるための神様の御旨が隠されています。神様から福音の宣教を委ねられた私たちは、これが他人の魂のためであるばかりでなく、何よりも私たち自身の救いのための神様の祝福だということを悟って信仰の道を歩まなければなりません。 三千人「滅亡の歴史」と三千人「宣教の御業」 昔モ-セ当時、イスラエルの民は神様のお導きにより、奴隷生活をしていたエジプトから解放され、カナンの地に向かって進みました。荒れ野生活をしている間、彼らはモ-セが十戒をいただきにシナイ山に上っている間、肉身的考えに耽って、ついに偶像崇拝をするようになりました。その結果、イスラエルの民は神様の怒りを買い、三千人ほど殺されました。 出32:1-28 『モ-セが山からなかなか下りて来ないのを見て、民が アロンのもとに集まって来て、「さあ、我々に先立って進む神々を造ってください。エジプトの国から我々を導き上った人、あのモ-セがどうなってしまったのか分からないからです」と言うと、アロンは彼らに言った。「あなたたちの妻、息子、娘らが着けている金の耳輪をはずし、わたしのところに持って来なさい。」・・・彼はそれを受け取ると、のみで型を作り、若い雄牛の鋳像を造った。すると彼らは、「イスラエルよ、これこそあなたをエジプトの国から導き上ったあなたの神々だ」と言った・・・そして、彼らが造った若い雄牛の像を取って火で焼き、それを粉々に砕いて水の...

小さな始まりと非常に大いなる終わり

미약한 시작과 창대한 나중

始まりは微弱でも行く行くは神様の御恵みで成就されるべき非常に大いなる終わりを待ち望みながら私たちは信仰生活をしています。ですから神様は世の人々には約束なさらずに、ひとえに約束の子孫なる私たちにのみ神様の御恵みにそう祝福の御言葉を賜りました。 ヨブ8:7 『過去のあなたは小さなものであったが/未来のあなたは非常に大きくなるであろう。』 世のすべての業には始まりがあり、その始めた事には必ず終わりを成す結果があります。福音の御業も同じです。私たちの福音がごく小さく、微弱に始まっても、前に進めば進むほどその終わりは非常に大きくなります。過ぎし日私たちはそのような過程を数え切れぬほど見て来たし、現在も見ていますし、またこれからも続けて見るようになるでしょう。 「非常に大いなる終わり」を導き出す見えぬ力の源 「始まりと終わり」の間には結果をもたらす「過程」が必ず存在するのです。だとすればその過程の中でどんな力が作用すれば微弱なる始まりが大いなる終わりという結果をもたらすことができるでしょうか。福音の御業で「微弱なる始まり」を大きくならしめた見えぬ力の源がどこから来るか調べてみることにしましょう。 マタ9:27-30 『イエスがそこからお出かけになると、二人の盲人が叫んで・・・「あなたがたの信じているとおりになるように」と言われると、二人は目が見えるようになった。』 見える目を下さると、信じた二人の盲人は絶対的な信...

過越祭と神様の刻印

유월절과 하나님의 인

今日地球のあちこちでは幾多の災い等(国家間の戦争と民族紛争、テロ、飢饉、地震そして異常気候現象による殺人的寒波と酷暑、洪水等)が起こっていて、このような災いが起こる度に人々は落ち着くことができず不安に震えています。聖書は今後臨むべき災いとその災いの時、人々が取る行動に対してずっと前からすでに預言しています。 アモ9:2-9 『たとえ、彼らが陰府に潜り込んでも/わたしは、そこからこの手で引き出す。たとえ天に上っても・・・カルメルの頂に身を隠しても・・・わたしの目を逃れて、海の底に隠れても・・・』 預言の御言葉を調べてみれば人間はどこかに必死に隠れようとします。人間としてはとても堪えられぬ大いなる災いがこの地に臨むからです。 このような事柄は記録当時である2800年前アモス預言者時代に起る事柄でなくエホバの大いなる恐るべき日、すなわち神様の最後の裁きの時に起るべき災いに対する警告の御言葉です。 人間の手段で避けられない最後の災い 先端科学時代に生きている現代人は、差し迫った災いと人類の終末を恐れて逃れる方法等を多角的に摸索しています。地球を数十回も破壊することのできる核兵器の脅威から脱出するために、地下や海底、あるいは地球外の星に逃れ得るかを推し量って逃れ場を探すためにあらゆる方法を尽くしています。深い海の底に逃れるための原子力潜水艦、地球の外に逃げるための宇宙船等、多くの方法等が議論されている実状から、米国はウ...

耕作地を開拓せよ

묵은 땅을 기경하라

農夫が春に種を蒔く時、一番先にする仕事は冬の間休んだ畑を鋤で耕して木の根や雜草等を取り除き、地均しをしてから良い種を蒔くことです。そして真心を込めて芽を出させ、良い肥しをやって、草取りをし、田んぼが乾かないようにし穂の世話をして、秋には立派な実りの収穫に励むのです。 このような事柄から推してみるに、信仰の世界で福音の実を結ぶのも同じことであると思います。聖書に次のような御言葉があります。 ホセ10:12 『恵みの業をもたらす種を蒔け/愛の実りを刈り入れよ。新しい土地を耕せ。主を求める時が来た。ついに主が訪れて/恵みの雨を注いでくださるように。』 農夫は、休んだ土地を耕さずには種を蒔くことはできません。実を結ぶためには、木の根と雜草を取り除いて、地をよく均してから種を蒔くように、私たちも間違った考えを取り除いて、福音の種を蒔かなければなりません。古びた心、鈍い心、信仰の離れ去った心、茨とあざみが一杯になった心の畑を持っていては、完全な信仰生活をすることができません。また、美しい福音の実も結ぶことができません。 御言葉の鋤で耕作地を開拓せよ 義を雨のように降り注がれる神様の御恵みによって、多くの福音の実を結ぶためには、まず神様の御言葉の鋤で古い心の畑を完全にかき起こして沃土を造らなければなりません。それから福音の種を蒔いてこそ三十倍、六十倍、百倍の恵み溢れる美しい実を結ぶことができます。ゆえに私たちは休ませてお...

prev1 2 ... 20 21 22 23 24 25 26 27 28 next