한국어 English 中文简体 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 ... 25 26 27 28 29 30 31 32 33 next

エロヒム神様

엘로힘 하나님

子として父母を悟ってその御心を奉るのが当然なことであるように、人として神様を悟って神様の命令に聞き従うことは当然の本分です。しかし、世にまことの光として臨まれた神様を見極めることが、当然なことであるにもかかわらず、決して容易でないのは、この世の神と呼ばれるサタンが人々の心の目をくらまし、キリストの栄光の輝きを妨げているからです(二コリ4:4)。 ホセ6:1─3 『…我々は主を知ろう。主を知ることを追い求めよう。主は曙の光のように必ず現れ/降り注ぐ雨のように/大地を潤す春雨のように/我々を訪れてくださる。』 神様はここで神様を悟ることが春の雨の聖霊にあずかる条件であると知らせて下さいました。私たちが聖霊の武具を身に着けて、最も小さいものも千人となり、最も弱いものも強大な国となる業を成就するには、神様に対する正しい見識がなければなりません。 ゆえに、聖書は私たちに神様を深く知ることを追い求めて、私たちの信仰を岩の上に確立するように勧めています。 男性の姿の神様と女性の姿の神様 私たちが力を尽くして知らなければならない神様について、この章では特に両性の姿の神様について学ぶ時間を持つことにします。 創1:26─27 『神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。...

"霊"と花嫁

성령과 신부

世の中には、神様を信じている多くの教会がありますが、それぞれ神様を信じる方法が違うようです。同じく神様を信じていると言いながらも、教派によって神様に仕える方法が違います。これは多くの教会が神様に対してよく知らないという証拠でもあるのです。 使徒言行録を見ると、パウロが宣教旅行の途中ギリシア地域で「知られざる神に」と刻まれてある祭壇を見て、人たちが神を知らずに仕えていることをもどかしがる場面があります。 神様に正しく仕えるには何よりも神様を正しく悟らなければなりません。知られざる神に祭りを献げ、知られざる神に敬拝を献げるのなら、これこそどれだけ滑稽な宗教でしょうか。 私たちが神様の存在を正しく悟って理解し礼拝を献げてこそ、正しい敬拝になり正しい信仰生活になるのです。それでは、知られざる神に礼拝すべきなのか、反対に神様を正しく悟って受け入れて敬拝すべきなのかということを考えながら、"霊"と花嫁に対して聖書の真理を一緖に調べることにします。 秘められた神様を知ることを追い求めよう 聖書は私たちが神様を知ることを追い求めようと教えています。 ホセ6:3 『我々は主を知ろう。主を知ることを追い求めよう…』 神様を知らずして神様を信じていると主張するなら、これこそ使徒パウロが宣教旅行の時に会った、知られざる神に敬拝する人たちと何の変わりもありません。知らずして敬拝する信仰を指して、盲目的な信仰、すなわち盲...

人であるキリスト・イエス

사람이신 그리스도 예수

今日キリストを伝える私たちは、初代教会の時代のような状況に度々ぶつかることがあります。キリストがこの地に人の姿で来られた内容について、初代教会の福音の預言者たちは、どのようにキリストを証しし福音を伝播したのか、また、その御業に反対した当時の宗教指導者たちは、いかなる内容をもって妨害したのか、調べて見ることにします。天国に行く人々と地獄へ行くしかない人々について調べてみて、私たちは神様が降臨なさる時、本当によくやったとお誉めにあずかる恵ましい信仰を持つようにならなければなりません。 人であるキリスト・イエス 一テモ2:4─5 『神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。』 パウロはテモテに送る手紙で、イエス様が人である部分を強調しました。神様は唯一であり、神様と人との間の仲介者も、「キリスト・イエスただおひとり」と言えばよいのを、前に「人」という修飾語を付けたのです。 当時の宗教人たちは、キリストすなわち聖子の神様がこの地に来られる時は、肉体でなく霊で働かなければならないと考えていました。そのような考えが、全知全能なる神様を私たち人間と同じ姿になる能力もない方に転落させる間違いを犯させ、この地に来られたイエス様を排斥して、イエス様を信じている初代教会のキリスト教徒にも、多くの迫害を加える結果をもた...

神様の経営

하나님의 경영

天に行く日が、日に日に近づいています。一つの望みをもって神様の御心で、天国の福音のために一生懸命宣教するシオンの兄弟姉妹を見ると、神様の愛の中で新しい被造物に造られていく過程であることを感じます。末世に直面しているこの終わりの時代に預言者の使命にあずかっている私たちは、世の初めから代々隠されてきた秘密であるキリストを悟り、光無き暗黒の世に熱心にキリストと天国の福音を伝えなければなりません。 魂の救いのための神様の経営 私たちは皆天国の存在を信じています。では、天国はなぜ存在するのでしょうか。少し考えて見れば神様の救いを受ける相続者を住まわせるために創造されたことが分かります。 それでは、救われる人々を天国に導かれるまで、神様が行われる福音の経営が必ず存在しなければなりません。経営、「すなわち計画を立て計画にそって仕事を運営すること」なしに、恵ましい結果を生み出すことができないからです。 この世にも、多くの経営者たちがいます。会社を経営する事業家もいれば、学界を経営する学者、また国家を経営して行く大統領もいます。地上の業を計画する経営者たちはその経営が成功するよりも、失敗する例が多いですが、事の始終を皆御存知の全知全能なる神様の経営は、決して失敗することがなく、確かな成功が保障されています。私たちが心を尽くして、魂を尽くして、力を尽くして天国を襲うべき理由がここにあります。 この世の中の不確実で不透明な経営に...

御母様の愛

어머니의 사랑

私たちが神様の愛を正しく悟れなければ、いつも喜び感謝して、神様に栄光を帰す信仰生活をすることができません。 二千年前、十字架につけられ、死んでまで犠牲になられたイエス・キリストの献身的な愛を使徒たちが悟った時、宣教の復興が起き、福音が全世界に急速に広がって多くの人々に伝えることができました。このように終わりの時代にも私たちが天の母の愛を悟り、天の父の御心を正しく理解する時、失われた天の家族たちを早くシオンに導くことができます。 限りない御母様の愛と犠牲 むかし、ある母親がいました。不幸にもその母親の幼い息子は悪い病気にかかって生死の境をさ迷っていました。母親は毎日真心を込めて、息子を生かすために全力を尽くしていました。 ある日、通りがかりの旅人が入ってきて一杯の水を求めました。母親は旅人のために水と少しの食べ物を用意するため台所に行きました。しかし、用意を終えて外に出てみたら、旅人は跡形もなく消えてしまい、大切な息子までどこかに消えていなくなってしまいました。 天が崩れるような悲しみに、母親は子供の名前を声を張り上げて呼びながら方々を捜しまわりました。いつのまにか夜が更け、母親の心はやるせない気持ちで一杯になりました。子供を捜そうとする一念で休まず捜しまわった母親は、足を踏み外して深い湖に落ちてしまいました。その時、湖の神が現れ、母親に言いました。 『湖を渡ることができるようにするから、あなたの美しくて宝...

用意をしていなさい

예비하고 있으라

秋になると農夫は汗を流しながらも倉に取り入れる麦と果物によって喜びを隠すことができません。取り入れの季節である秋がすぎると農夫の憩いの冬が来るように、今は霊的取り入れの時期に至って麦を倉に取り入れる時であるため、私たちは御父様の降臨されるその日が遠からぬことが一層感じられます。神様の降臨を待ちわびている私たちは、神様を正しくお迎えする子にならなければなりません。 聖霊の望みに従って目覚めて準備する子ら  この地への欲望を多く持っている人は天に関する話を嫌いますが、聖霊の欲される望みに満ちている人は天のことに望みを掛けて関心を持ちます。これは互いに関心の領域が異なるからです。 世間の欲望に満ちている人たちは、天国に対する希望は全く持つことができず地のことばかり思い、自分の目先の現実の世界ばかり考えているので、天国に対する希望についての話をすると嫌がるしかないのです。しかし、天国に対する希望に満ちている人たちは神様の御言葉なら、どんなに聞いても飽きることなく、夜更けまで調べながら御言葉一言一言喜んで受け入れて楽しみます。天に望みをかけて神様の降臨を切に慕うので聖霊の御業を喜んで実行するのです。 神様の降臨の日がだんだん近づいていますので、皆が準備しなければならない時期です。遠いところに長い間出掛けられていたお父さんが帰って来られる時になると、お父さんを待ちわびている家庭ではお母さんも子供たちも皆が掃除をしたり、各...

人の姿で来られた理由

육체로 오신 이유

今日キリストの御姿を描写した聖画を見ると、人たちが想像しているキリストの神性に対する姿が大変神々しく描かれています。しかし「イエス・キリストが来られた当時の人たちはイエス・キリストをどんな方だと思ったのだろうか」、「イエス・キリストが立てられた教会をどう見たのだろうか」、「イエス・キリストが伝えられた天国福音をどう考えたのだろうか」といった問題を考えずには、私たちが心からキリストを悟ったと自負することはできません。 キリストは神様の身分でありながら(フィリ2:5-6)嬰児として生まれる前は驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、即ち全能で、いらっしゃる父なる神様でいらっしゃいました(イザ9:5)。しかし「わたしと父とは一つである」と言われたイエス・キリストの御言葉にユダヤ人たちはイエス・キリストを石で打ち殺そうとしました。律法によれば神性冒涜罪の場合、石で打ち殺しても差し支えないことになっていて、彼らはイエス・キリストの御言葉を神性冒涜罪と見做したからです。 天の神様、この地に来られて御自身を神様であると紹介されましたが、神様に仕えて来た人たちがその方を殺そうとしたのです。神様を信じているという彼らは、神様が人の姿で来られたので、自分たちが仕えていたその方を、結局十字架につけて処刑してしまいました。 自分たちが仕えていた神様を処刑したこの事件はこれこそ時代的矛盾に違いありません。そのような事件発生の背景には当時宗教指導者たちが...

神様に選ばれた者

하나님께 선택된 자

神様は滅亡の道を駆けていた魂たちを天国へ導く、やりがいのある福音事業の協力者として私たちをお召し下さりました。これによって私たちは神様が許された祝福にあずかるために、モ-セの杖を持って世を分け進み出る中にいます。それでは、真理の勇士たちを召される時の、神様の選択基準は果たして何でしょうか。 ギデオン勇士を選り抜く神様の御旨 まずギデオン勇士の選抜過程が記録された聖書の内容を通して真理の勇士を選り抜く神様の御旨を調べてみることにします。 士7:1-8 『…主はギデオンに言われた。「あなたの率いる民は多すぎるので、ミディアン人をその手に渡すわけにはいかない。渡せば、イスラエルはわたしに向かって心がおごり、自分の手で救いを勝ち取ったと言うであろう。それゆえ今、民にこう呼びかけて聞かせよ。恐れおののいている者は皆帰り、ギレアドの山を去れ、と。」こうして民の中から二万二千人が帰り、一万人が残った。主はギデオンに言われた。「民はまだ多すぎる。彼らを連れて水辺に下れ。そこで、あなたのために彼らをえり分けることにする。あなたと共に行くべきだとわたしが告げる者はあなたと共に行き、あなたと共に行くべきではないと告げる者は行かせてはならない。」彼は民を連れて水辺に下った。主はギデオンに言われた。「犬のように舌で水をなめる者、すなわち膝をついてかがんで水を飲む者はすべて別にしなさい。」水を手にすくってすすった者の数は三百人であった。他の民は皆...

prev1 2 ... 25 26 27 28 29 30 31 32 33 next