한국어 English 中文简体 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Русский ログイン加入

ログイン

ようこそ

神様の教会世界福音宣教協会ウェブサイトをご訪問くださり、ありがとうございます. このウェブサイトは、聖徒だけが接続できます。
ログイン
WATV ID
パスワード

パスワードを忘れましたか? / 加入

テキスト説教

한국어 제목표시
テキスト説教は、印刷及び配布を禁じています。受けた恵みは、心に刻んでシオンの香りを放ってください。

ページ »

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 32 33next

掟と反逆

계명과 반역

反逆とは、一般的に王の統治方針や政策に従わず、謀反を企てることを意味します。 霊的世界においては、私たちの王であられる神様の掟を守らないことが「反逆」です。 神様の掟を守る人は、神様の側に立つので、絶対に神様に逆らったり、反逆すること はありません。そのため、聖書は終わりの時代、霊的大戦争が繰り広げられる時に、神様 の側につく人々は「女の子孫の残りの者たち」であり、「神様の掟を守り、イエス様の証し を守り通している者たち」だと教えています(黙12:17)。 今号では、掟と反逆の関係について正しく理解し、神様の律法と掟と法の重要性を、 心に深く刻み込む時間を持ってみたいと思います。 神様に心と魂と力を尽くしたヨシヤ ユダの王ヨシヤは、心と魂と力を尽くして神様の律法に従った人物として知られてい ます。では、どうすれば私たちが100%神様の側に立つことができるのか、彼の行ったこ とを見ながら調べてみましょう。 王下23:21-25 『王はすべての民に命じて言った。「この契約の書に記されているとおり、あなたたちの神、主の過越祭を祝え。」士師たちがイスラエルを治めていた時代からこの方、イスラエルの王、ユダの王の時代を通じて、このような過越祭が祝われることはなかった。ヨシヤ王の治世第十八年に、エルサレムでこの主の過越祭が祝われた。ヨシヤはまた口寄せ、霊媒、テラフィム、偶像、ユダの地とエルサレムに見られる憎むべ...

ついには幸福にしてくださる神様

마침내 복을 주시려는 하나님

信仰生活をしながら、私たちは神様が下さった様々な掟と教訓を実行しています。神様が導 かれる道は全て、私たちを幸福にしてくださるための祝福の道であると信じているからです。 聖書に記録された神様の御言葉には、「しなさい」という御言葉もあれば、「してはならない」と いう御言葉もあります。「しなさい」とおっしゃる時はすれば祝福され、「してはならない」とおっし ゃる時には、しないことが私たちにとって祝福となるため、そのように仰せになったのではあり ませんか?たとえ私たちが、今はすべて理解できなくても、従順な心で従えば、用意されたすべ ての祝福を受けることができます。このような神様の御心を、聖書を通じて再び確認してみるこ とにしましょう。 ついにはあなたを幸福にするためであった 神様が何か御言葉を下されば、その御言葉どおりにする人に、間違いなく祝福があります。3次元 的な私たちの肉体の目では、霊的な世界に目を向けられない時がよくあります。しかし、4次元、5次 元、それ以上の世界も動かされ、管轄される神様は、すべてのものを見通していらっしゃいます。 神様が初めから終わりまで見通されて、告げてくださった教えがまさに聖書です(イザ46:10)。 信仰があるなら、神様が命じられた御言葉は、どんなに些細なものに見えても、私たちのために 備えられた祝福の道であることを信じて、その道を進まなければいけません。 申8:...

私を尋ね求めよ

나를 찾으라

神様は人類に「私を尋ね求めよ」とおっしゃいました。神様を尋ね求める、つまり神様を探す ためには、神様について知らなければなりません。神様がどこにおられるのか、どんな真理を 持ってこの地に来られるのか、聖書に記されているすべての手がかりを見つけて初めて、神様 を探し出し正しく受け入れることができます。 神様が御自らこの地にお越しになったにもかかわらず、未だ世の多くの教会では、神様を知 ることも、探すこともできずにいます。聖書に、神様はシオンにおられると記されていれば、シオ ンがどこなのか調べるべきであり、シオンで新しい契約の真理を宣布なさる方が神様だとあれ ば、新しい契約を立ててくださる方を探さなければなりません(イザ33:20-22、ミカ4:1-2)。小 羊が花嫁と共に登場なさると言われれば、小羊であられる父なる神様のみならず、花嫁であら れる母なる神様のことも伝えている、その真理の教会がどこなのか探さなければなりません(黙 19:7-9、黙21:9-10)。聖書の御言葉を一つ一つ調べながら、神様を尋ね求めてみましょう。 神様を尋ね求めよ イザ55:6-9 『主を尋ね求めよ、見いだしうるときに。呼び求めよ、近くにいますうちに。神に逆らう者はその道を離れ/悪を行う者はそのたくらみを捨てよ。主に立ち帰るならば、主は憐れんでくださる。わたしたちの神に立ち帰るならば/豊かに赦してくださる。わたしの思いは、あなたた...

愛する神様

사랑하는 하나님

神様は私たちを愛していらっしゃいます。2千年前天の父は、子供たちを救うために栄 えある天国を後にされ、肉の衣をまとってこの地に来られました。数多くの嘲りや侮辱に も耐え忍ばれ、凄まじい鞭打ち、そして十字架の刑を受けられることによって、私たちの 罪の代価を代わりに支払ってくださいました。それほどまでに、私たちを深く愛してくださ いました。 今も天の母が、この地で私たちと共にこの道を歩んでくださり、愛を施してくださって います。天の栄光の御座を惜しげもなく捨てられるほど、私たちのために御自身の命を 差し出してくださるほど、私たちを大切に思い愛してくださっています。この世のどんな ものよりも私たちを愛され、私たちの未熟で幼い姿をご覧になりながらも、いつも理解 し励ましてくださいます。 私たちも、そんな神様を愛しています。しかし神様を愛していると言いながらも、ある 瞬間、「愛する神様」の存在を忘れてしまったことはなかったか考えてみる必要がありま す。私たちの心の中に「愛する神様」がいらっしゃればこそ、本当に麗しい姿で神様と共 に歩むことができ、永遠なる天国までたどり着くことができます。 愛する人と共に歩む道 あるクイズショーで「イギリスのロンドンからフランスのパリまで、一番早く行ける方法 は?」という問題が出されました。解答者たちは飛行機や高速船など、思いつくままにあ れこれと答えました。しかし正解...

王になろうとする者、 王冠の重みに耐えよ

왕이 되려는 자, 왕관의 무게를 견디라

神様が子供たちのために準備された天国は、目が見もせず、耳が聞きもせず、人の心に思い浮かびもしなかったところです。しかし、天国への道は平坦な道ばかりではありません。何の問題もなく楽に天国に行ければいいのですが、この道には、私たちの前に立ちはだかる険しい障壁もあれば、乗り越え難い障害物もあります。 キリストの命を受け、福音を宣べ伝えた初代教会の使徒たちと聖徒たちも、苦難と迫害の中で、平坦ではない信仰の道を歩みました。なぜ、神様は愛する子供たちに、簡単に行ける楽な道ではなく、険しい道を歩ませられたのでしょうか?その理由を一緒に考えてみながら、今日の私たちも、永遠なる天国で、永遠に享受する栄光を眺めながら、命の冠を固く守り、最後まで信仰の道を走り抜くシオンの聖徒たちになれるようにしましょう。 自分の十字架を背負ってわたしに従いなさい 「王になろうとする者、王冠の重みに耐えなさい」という言葉があります。王になろうとする人なら、少なくとも王冠の重みくらいは耐えることができてこそ、王になる資格があるというものでしょう。そのように、永遠の天国に行こうとする人なら、十字架の重みに耐え抜くことができなければなりません。イエス様は誰でも御自分について来たいと思うなら、自分の十字架を背負って従いなさいと言われました。 ルカ9:23 『それから、イエスは皆に言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わた...

見えない世界と真の信仰

보이지 않는 세계와 참믿음

救いにおいて信仰は必要不可欠な要素です。信仰のない人は救われないと聖書は確かに規定しています。信仰があってこそ神様の御言葉に従順に従い、神様が私たちの救いのために制定された戒めと掟を守り行うことができるからです。 神様は、見える世界と見えない世界を創造されました。信仰の世界も、私たちの目には見えないので、普段は、自分の信仰が大きいのか小さいのか、知る術がありません。信仰がいつ、どのようにして表面に現れるようになるのか、私たちがどのような信仰を持たなければならないのか、聖書の教えを確認してみることにしましょう。 信仰を持っているかどうか自分を反省し吟味しなさい 学生時代、誰でも一度は、理科の時間に酸性とアルカリ性の物質を区別する実験をしたことがあるでしょう。肉眼では、その物質が酸性なのかアルカリ性なのか分かりません。しかし、リトマス試験紙をその水溶液の中に入れてみれば、どんな色に変化するかによって、その水溶液が酸性かアルカリ性かを見分けることができます。 信仰も目で見ることができません。それでは神様は、どのようにして私たち一人ひとりの信仰を見定められるのでしょうか。私たちにもリトマス試験紙で調べるような瞬間が訪れます。そのような特定の状況の中で、個々人の信仰の分量と大きさが現れるのです。いつも神様が一緒にいらっしゃるという信仰を持つ人は、どんな状況と環境の中でも搖らぐことがありません。その反面、そう思えず、他の人の...

過越祭は命を救う真理である

유월절은 살리는 진리다

人間にとっては、この世界はとても広く感じられますが、地球は広大な宇宙から眺めると、どこにあるかも分からないほど、本当に微々たる存在です。聖書は、神様にとってこの地球は、天秤の上の塵ひとつ、革袋からこぼれる一滴のしずくのようだと述べています(イザ40:15)。 そんな地球に生きる人類のために、神様は契約を立てられました。大宇宙を営まれる神様が下さったすべての掟と定めと戒めには、人類が天国で、世々とこしえに、永遠の命と祝福を得て、幸せに過ごせるようにしてやろうという神様の御心が込められています。 この時代、新しい契約の過越祭を回復され、私たちに守らせるようになさったのも、神様の特別な摂理と祝福があったからです。私たちをこの上なく愛される神様の御心を悟り、新しい契約の命の真理を大切に守って宣べ伝えるシオンの家族になられることを願います。 掟に込められた祝福 世の中には裕福な人もいれば、貧しい人もいて、健康な人もいれば、そうでない人もいます。あらゆる人々が地球に生きていますが、ここに留まる期間は一時的であり、限りがあります。誰でも一度生まれたら、いつかは去って行かなければなりません。 ヘブ9:27 『人間には一度死ぬことと、その後に裁きを受けることが定まっているように』 神様は、人類が地上の生活を終えた後、永遠の世界に進んで行けるよう、法と掟を定められました。そして、そのすべての教えを聖書に収められ、神様の法に従...

過越祭と救いの真理

유월절과 구원의 진리

今日の世の中は神様の御言葉を捨ててしまい、霊的な飢えと渇き、満ちあふれる災いに苦しんでいます。(アモ8:11、エレ44:23)にもかかわらず、御言葉に背を向ける人々の中には、新しい契約・過越祭のことを『救いの真理ではない』、『守る必要がない』と主張する人がいます。 イエス様は、当時の律法学者やファリサイ派の人々の偽善行為を𠮟咤されながら、彼らには天国の秘密を悟ることが、許されていないとおっしゃいました。同様に、今この時代も、神様を信じると言いながら神様の御言葉を正しく理解できない人々がいます。聖書の中に、知識がなければ滅びるという御言葉があるように、神様の御言葉を知ることができず、従順に従えなければ、滅びの道を歩むしかありません。(ホセ4:6、イザ9:15、マタ23章参考)。 災いの時代だからこそ、より一層光を放つ救いの真理が、過越祭です。神様は過越祭が永遠の掟であり、私たちがこの過越祭を大々的に伝えねばならないと言われました。先ずは、神様の御言葉は絶対的な救いの約束であるということを認識して、私たちに下さった真理がどれほど貴重で、祝福あふれるものなのかを、聖書を通して正しく理解してみることにしましょう。 永遠の命の観点から見る聖書 神様の創造された宇宙は無限の世界です。たとえば、人が一秒に星を一つ数えると仮定してみましょう。すると、私たちが属した銀河系にある星々を数えるだけでも、6千年以上かかると言います。宇宙に...

prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 32 33next